フェイクポルノ 声優。 アダルトのディープフェイク(フェイクポルノ)が凄かった

「フェイク」の悪用は、ポルノ動画にとどまらない 事実確定が困難な社会に WEDGE Infinity(ウェッジ)

フェイクポルノ 声優

日本人フェイクポルノ動画共有サイト「fakey」に石原さとみのフェイクポルノvrが公開されています。 2018年12月初頭に投稿されたようです。 再生数は5000ほど。 日本人フェイクポルノ共有サイト. fakey. 参考記事 【fakey】日本の芸能人のフェイクポルノが見れる. 商品名アイドルホース ストレイトガール ディープブリランテ マスコットストレイトガールはヴィクトリアマイル、ディープブリランテは日本ダービーになります。 商品状態中古購入品になります。 どちらも、ぬいぐるみとゼッケンに、紐の出てる箇所、折れくせ、がありますので. 人気のアイドルや女優の動画も…アメリカでは対策の進む「ディープフェイク」、日本ではどうすべき? - AbemaTIMES 女優やアイドル、av女優にとってはいい迷惑。 損害賠償モノだ。 しかし「ディープフェイク」技術がエロなことだけに使われているのではない。 犯罪やテロ、戦争に使われる可能性があるとしたらどうだろう。 政治的混乱も招く ・ディープフェイク動画の脅威 高精度の機械翻訳サービスとして国内外で注目されているドイツ拠点のDeepLが、日本国内で有料サービスの「DeepL Pro」を開始した。 DeepLは2020年3月. AI技術の発展で「お手軽」になっている一方、大きな問題も生まれている。 深層 ディープフェイク専門サイト(日本のアイドル、芸能人、有名人が多い) いつまで続けられるわかりませんが、専門サイトもあるようです。 こんなキーワードで検索してみてください。 ディープフェイクと言う言葉をご存じだろうか。 相棒の最終回を見ていて知った言葉なのだが、AIを使って人の顔だけを別人にすり替える動画技術の事だ。 一昔前でいえば「アイコラ」みたいなもので、あれは画像だがディープフェイクは動画版だ。 ちょっと思い返してみると、高校生の時に. 日本人 アイドル, 声優, モデル, 女優, アナウンサー, その他 のエロ動画を人工. ディープフェイクは「深層学習(deep learning)」と「偽物(fake ディープフェイクポルノエロ動画の「橋本奈々未」の記事一覧です。 フェラクレスは、ディープフェイク DeepFake やアイコラを扱う寄生型サイトです。 日本人 アイドル, 声優, モデル, 女優, アナウンサー, その他 のエロ動画エロ画像を人工知能 主に自然言語処理,今後は顔学習 が集めます。 1 ディープフェイクの実例. 1 ディープフェイクとは? 1. 2 Fecabookの創業者ザッカーバーグ氏が、データ支配について語る; 1. 3 しゃべるモナリザ?たった1枚の画像からディープフェイク動画を作成; 1. 4 今や、誰もが一流ダンサーになれる! 2 ディープフェイク. コンピューターが生成した偽の動画、いわゆるディープフェイクと本物の動画をコンピューターに見分けさせるのは困難だ。 Facebookが開催した. ディープフェイクサイトを閲覧するときの注意点は? 危険性を包含したディープフェイクサイト。 閲覧の際の注意点があるので、紹介いたします。 危ない広告が多く設置されている. ディープフェイクサイトは、違法スレスレあるいは違法に該当します。 海外の女優エマ・ワトソンさんや、メイジー・ウィリアムズさんのフェイクポルノが有名であるほか、日本人の女優やアイドルも標的とされており、ディープフェイクに特化したポルノサイトも存在しているほどです。 ディープフェイク 日本アイドル フェラクレスは、ディープフェイク DeepFake やアイコラを扱うアンテナサイトです。 日本人 アイドル, 声優, モデル, 女優, アナウンサー, その他 のエロ動画や画像を人工知能 主に自然言語処理,今後は顔学習 が集めます。 Pornhubなどのポルノ動画サイトでは、日本人女優やアイドルのディープフェイクの動画があり、BuzzFeed Newsが確認しただけでも10個以上は存在し、多いものでは300万回以上再生されているものもあった。 ディープフェイクは有料会員でしか視聴できない? 【無料動画】有料会員じゃなくても視聴できるディープフェイク動画があった! 【画像】ディープフェイクに映る広瀬すず; 実際のディープフェイク動画; ディープフェイク動画のダウンロード視聴は違法? AI技術「ディープラーニング」を使ったフェイク情報、ディープフェイクが物議を醸している。 Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOが、あらゆる情報を収集・管理し、数十億もの人々をコントロールできるかのような話をしている映像がInstagramにアップされ、人々に大きな衝撃を与えた。 日本人フェイクポルノ動画共有サイト「fakey」 橋本環奈、石原さとみ、吉岡里帆、新垣結衣、広瀬すずなど日本のアイドルや女優モデルなどのディープフェイクがアップされています。 2019年2月時点で390本の動画を確認。 ディープフェイクvr 日本人アイドルも被害に。 96%がポルノ動画の「ディープフェイク」政治的な悪用も. エマ・ワトソンなどのハリウッド女優だけではなく、日本人. 日本人女優やアイドルも被害に. その後、オープンソースのサービスを経由し、「ディープフェイク」のツール自体もは. ディープフェイク deepfake 動画を作るのは、素人には手を出しずらい、と思っていましたが、誰でも簡単に使えるiPhoneアプリを見つけちゃいました! その名は「Xpression」というアプリ。 日本のベンチャー企業「EmbodyMe」 2020年5月29日 【競馬・日本ダービー】サリオスぶっちぎって勝つと思ってるけど俺だけ? 2020年5月31日 【競馬・日本ダービー】コントレイル全然本気出さずに勝ったよな・・・ 2020年6月1日 【競馬・日本ダービー】超高速府中で2:24. 1 上がり34. Campaign Japan 日本 1:13 ・日本人アイドルも被害に。 96%がポルノ動画の「ディープフェイク. 1:13 ・高橋しょう子のディープフェイク動画 [34:28x720p] ・96%はフェイクポルノ、膨張する「ディープフェイクス」の本当の. ディープフェイク 日本アイドル 「機械学習において、この10年間でもっともおもしろいアイデア」と呼ばれる「敵対的生成ネットワーク」(Generative Adversarial Networks、GAN)の最新. 田中みなみディープフェイク アイコラの写真ならアスリート写真館 C athlete-photos. com 2012 ディープフェイク 日本アイドル ディープフェイク 日本アイドル. ディープフェイク 日本アイドル.

次の

96%はフェイクポルノ、膨張する「ディープフェイクス」の本当の危険性(平和博)

フェイクポルノ 声優

ページコンテンツ• 現在は動画を合成する技術も進化していて、AIを使って偽物の動画、いわゆるフェイク動画がつくられる事例が増えています。 昨年は、米国の前大統領オバマ氏が、トランプ大統領ののしる動画が公開され、話題になりました。 先日は、米民主党のナンシー・ペロシ下院議長が酔っぱらってインタビューに答える動画が公開され、話題になっています。 これらは、誰かが意図的につくったフェイク動画です。 従来は、画像の音声だけを別のものに入れ替えて、元の動画とは全く別の内容にしてしまうアテレコや、音声を早回しにしたり、遅くして低い声にするような、簡単な方法で作られていました。 これらは「シャローフェイク」と呼ばれます。 現在は、AIを使って高度に合成する「ディープフェイク」と呼ぶ技術が注目されています。 マツコ・デラックスが力士になって、インタビューに答える動画 これは、よく出来ていますね。 体や声は、元の力士のものだと思います。 顔の部分だけマツコ・デラックスに入れ替えられています。 顔のすげ替えがすごく自然にできているのは、マツコ・デラックスの顔の輪郭が力士に似ているからでしょう。 表情は、違和感ないです。 全体を見れば、違和感があるのですが、顔に注目すると、本人が喋っているような感覚になってきます。 元の力士の声も、マツコ・デラックスに似ているのでしょう。 ディープフェイクとは、ここでは2つの動画を対応づける部分にAIが使われています。 まず、元の力士の目、鼻、口など、顔の要素を正確に認識し、その位置と動きを捉えます。 そして、別に用意しているマツコ・デラックスの動画か写真から、同様に、目、鼻、口など、顔の要素を正確に認識して、対応する部分に画像を貼り付けます。 画像を貼り付けるときに、引き伸ばしたり縮めたりしますが、これは従来技術で簡単にできます。 難しいのは、顔の要素を細かく分解して認識させ、別の画像と対応づけることです。 実は、AIは人間が「これが目」と認識するように、意味を理解していません。 あくまでもパターン認識で対応づけるので、間違えることが多い。 自然に対応づけるのは、かなり難しい技術なのです。 今のところは、少しぎこちない動きや表情になるので、よく見れば分かってしまいます。 でも、数秒程度の短い動画クリップだと、フェイク動画かどうかよくわかりません。 さらに、フェイク動画だとわかっていても、面白半分でTwitterなどで拡散されてしまうこともあるでしょう。 一旦広まったデマを取り消すのは大変です。 GAN(Generative Adversarial Networks)とは、敵対的生成ネットワークと呼ばれるこの技術。 入力データを大量に与えることで、データだけから特徴を抽出することができ、教師データと呼ぶ正解を人間が教えなくてもいい、という点が特長です。 GANは本物に似せてフェイク画像をつくる仕組みと、それを偽物かどうか見破る仕組みを、戦わせます。 偽札を作る人と警察が協力して、警察にもバレないような偽札を完成させるようなものです。 警察のレベルも学習によって上がるので、偽札づくりのレベルも、どんどん上がっていきます。 AIの中に、悪人と善人が同居して、お互いにレベルを上げながら、最終的に悪人が勝つ、という仕組みなのです。 GANは本来は善人を生み出すためにつくられたのですが、悪人をつくるためにも利用できてしまった、というわけです。 フェイク動画にGANを適用して進化させると、どんどん巧妙な合成ができるようになります。 巧妙になるディープフェイク動画を検出するツール開発の動きもあります。 でも、検索してみると、怪しいサイトに誘導されたり、有料だったりするので、素人は手を出さない方が良さそうです。 パソコンで動画合成する場合は、かなり高性能なCPUやGPU(グラフィックカード)が必要になります。 そうやって苦労して作った割には、出来上がった動画の品質はいまひとつだったりします。 話題になるほどの完成度に仕上げるのは、簡単ではありません。 従来は、かなりお金をかけても難しかったものが、現在ではある程度の投資で作れるようになった。 というレベルです。 自分で作るのではなく、ときどき話題になる動画を見て、へ~、AIの進化はここまで来たか、と確認する程度がいいでしょう。 では、代表的なアプリ、Webサービスをご紹介していきましょう。 FakeApp(動画のAI合成アプリ、無料) 高性能PCが必要です。 具体的には、高性能のグラフィックカード(NVIDIAのGPUチップ)が必要で、これだけで数万円から10数万円。 PC本体も併せると、パソコンのハードだけで20~50万円くらいかかりそうです。 さらに動画の合成には何時間もかかります。 ハードの性能が低いと、処理が完了するまで何日もかかります。 動画合成用の専用パソコンを用意して、気長に待つ必要があります FakeApp 2. 0 Tutorial (ソフトのインストールから、使い方まで解説) 3. FaceSwap GitHub、オープンソースのプログラム、開発ができる人向け) ソフトは無料ですが、自分でソフト開発できる環境が必要です。 かなり玄人で、細かい調整を自分でやりたい人向けです。 現在は公開禁止になっています。 今でも、いくつかのサイトではダウンロードできるような表示がありますが、本当に使えるのか怪しいです。 当然、本人のヌード写真が現れるわけはなく、顔だけ本人のものを残して、体の部分を他人のヌード写真から合成している筈です。 合成が自然にできれば、あたかも本人のヌードのように見えるというだけです。 手間をかければ、人力でも合成できますが、1クリックで簡単にできるようにしたところが凄い。 AIを使って、本人の顔画像から、合成しやすいヌード画像を探し出して、自然に合成するところまで、自動化したのでしょう。 ある意味単純作業ですから、AIが得意とする領域です。 技術が進歩すると、こういうソフトも簡単に作れるようになります。 でも、アップした個人の顔画像が永久にアプリ会社で再利用されてしまう、とんでもないプライバシーポリシーが設定されていたと、大ブーイングとなりました。 ビックリですが! 6. iPhoneで超簡単、ディープフェイク動画アプリ「Xpression」 iPhone(iOS)アプリで簡単にディープフェイク動画がつくれるアプリが登場しました。 現在も普通にダウンロードできて、使えます。 日本企業が開発しているのも安心なところ。 できるのは、口や顔の表情だけを入れ替えること。 顔自体を入れ替えることはできません。 でも、上手く使えば、パーティーとかで盛り上がるにはちょうどいい感じ。 真面目な使い方では、寝起きで頭ぼさぼさで電話会議に出るときに、このアプリを使えば、スーツで決めたカッコイイ姿で登場できる、とか。 色々な使い方を考えるだけでも、楽しいですね! 実は、このアプリ、「EmbodyMe」という日本のベンチャー企業が開発していて、高い技術力をアピールするデモソフトとしての役割が強いようです。 技術的には、顔自体を入れ替えることもできそうですが、そこまでやると悪用される可能性が高くなる。 技術力をアピールしながら、遊びの範囲で使ってもらうために、あえて機能を制限している感じです。 ここまで見てきたように、ディープフェイクの技術はどんどん進化しています。 しかし、まだ素人がフェイク動画をつくるのは簡単ではありません。 今後仮に、簡単につくれるようになっても、トラブルを避けるには、安易に手を出さないことが重要です。 一歩間違えれば、犯罪にもなりかねません。 目を疑うような動画を見たときに、簡単に騙されないこと フェイク動画かも? と思えるだけの、知識と心の余裕を持ちたいですね。 ではでは。

次の

アダルトのディープフェイク(フェイクポルノ)が凄かった

フェイクポルノ 声優

AIを使ったフェイク動画を、オランダ・アムステルダムのベンチャー「ディープトレース」がまとめている。 米下院議長、ナンシー・ペロシ氏の「酩酊動画」などが注目を集め、2020年の米大統領選を前に連邦議会も対策に乗り出している「ディープフェイクス」。 だが報告書によれば、その大半は女性を標的としたポルノで、作成ツールがオープンソースで共有されているほか、作成請負のサービスも広がっており、コモディティ化(日用品化)が進む。 だがそればかりでなく、巨額詐欺事件が発生するなど、セキュリティ上の脅威としても影を落としている。 2018年12月時点の7,964件に比べて、84%増と急速な伸びを示している。 その内訳をみると、96%はハリウッド女優などの顔をはめ込んだポルノ動画。 ポルノ以外の動画はわずか4%だった。 また、「ディープフェイクス」のポルノ動画専門のトップ4サイトにおける、動画視聴回数は1億3,400万回に上っていた。 報告書では、「ディープフェイクス」動画専門のトップ5サイトと、ユーチューブの「ディープフェイクス」関連の14チャンネルの内訳についても分析している。 動画の被写体は、ポルノ専門サイトでは女性が100%、ユーチューブチャンネルでは逆に男性が61%を占めた。 また、被写体の職業は、ポルノ専門サイトでは99%がエンターテインメント業界、1%がニュース・メディア業界。 ユーチューブチャンネルではエンターテインメント業界は81%、政治家が12%、ニュース・メディア業界が5%だった。 「ディープフェイクス」は、その問題が浮上した当初から、ポルノ動画にハリウッド女優らの顔画像をはめ込むフェイクポルノとして拡散。 リベンジポルノとしても波及するなど、女性に対する人権侵害として注目を集め、その後、政治的な影響も懸念されるようになっていった。 これに対し、排除の動きも強まっているが、その一方でネット上の専用ツール開発コミュニティは20に上り、このうち、メンバー数を公表している13のコミュニティだけでも、その数は9万5,791人に上るという。 ツール開発の基盤となっているのが、オープンソースのコード共有プラットフォーム「ギットハブ」。 「ディープフェイクス」ツールの作成プロジェクトの一つは、人気度を示す指標「スター」数で2万を超え、人気プロジェクトとして存在感を示している、という。 「ディープフェイクス」のツールは、高性能GPUが必要であるなど、一般ユーザーにはハードルがある。 だが、ネット上では250枚ほどの写真をアップロードすると、2日程度で「ディープフェイクス」を作成するオンラインサービスもあり、1本あたり2. 99ドル(約300円)ほどの低価格だという。 また、個人で「ディープフェイクス」作成を請け負うサービスもあり、特注の顔画像交換(30ドル)から50語あたり10ドルの「声のディープフェイクス」作成まで、その内容も幅広い。 中国の顔画像交換アプリ「ザオ」だ。 などによると、このiPhone用の無料アプリは、ユーザーが顔写真をアップロードすると、即座に映画やテレビ番組の動画の有名なシーンで、、という。 8月末に公開されるとすぐにアプリのランキングトップに躍り出たが、作成動画の著作権がすべて運営元に帰属することになっていたため、プライバシー上の問題が浮上。 利用規約を変更し、運営元による作成動画の利用を「サービス向上」などの目的に制限した、という。 このような手軽な「ディープフェイクス」が登場する一方で、従来ある基本的な編集ツールによって動画を改ざんする「シャローフェイクス」の問題も指摘されている。 だが、この動画が2019年5月23日にソーシャルメディア上で公開されると瞬く間に拡散。 ツイッターでは、トランプ大統領の公式アカウントがリツイートしたこともあり、翌月末までで630万回視聴されている。 また2018年11月8日、ホワイトハウスでのトランプ大統領の記者会見の席上、質問を続けようとするCNNの担当記者、ジム・アコスタ氏のマイクを、インターンが取り上げようとした場面があった。 この場面の動画をコマ落としすることで、アコスタ氏がインターンの腕を強く振り払っているように見せた改ざん動画が拡散。 これを当時のホワイトハウス広報官、サラ・サンダース氏もツイッターの。 一時は、「女性に手を上げた」としてホワイトハウスがアコスタ氏のホワイトハウス入館証を。 このような、ローテクな動画改ざんでも、政治的な場面においては、十分なインパクトを持つことが示された事例だ。 2019年3月、英国のエネルギー会社の最高経営責任者(CEO)が、ドイツの親会社のCEOを騙ったAIによる音声のなりすまし、いわば「声のディープフェイクス」の電話による指示で、ハンガリーの企業の口座に22万ユーロ(約2,600万円)を送金してしまった事件だ。 また、によると、シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」の研究員を名乗る「ケイティー・ジョーンズ」というリンクトインのアカウントが、米政府中枢の関係者ら50人以上とネットワークをつくっていたが、そのプロフィール画像はAIによって生成されたもので、実在しない人物だった、という。 これは外国政府によるスパイ活動の一環、と見られている。 動画を活用し、人権侵害の告発などに取り組むNPO「」のプログラムディレクター、サム・グレゴリー氏は、報告書の中でそう述べている。 このような事態は、すでに起きている。 その一例が、トランプ氏がNBCの番組「アクセス・ハリウッド」の収録現場で「スターならやらせてくれる。 何でもできる」などと卑猥な発言をしていたテープが、だ。 トランプ氏は当初、このテープが本物であることを認めていた。 だがニューヨーク・タイムズによれば、大統領当選後、上院議員や側近たちに、、という。 そしてその結果、リアルな動画を証拠として疑惑を指摘された人物が、「その動画はフェイクニュースだ」と否定することができてしまう「嘘つきの分け前」と呼ぶ状況が起きている、と述べていた。 トランプ大統領は就任前から、自身に批判的なメディアに対して「フェイクニュース」との攻撃を繰り返している。 これが、「ディープフェイクス」との攻撃に置き換わる可能性を指摘しているわけだ。 2019年1月に中央アフリカのガボンで起きたクーデター未遂事件の発端も、「ディープフェイクス」疑惑だったと指摘されている。 によると、ガボン政府は同月、病気療養で公に姿を見せていなかったした。 だがこの動画は、まばたきの回数が少ないなどとされ、ボンゴ大統領の反対派から「ディープフェイクス」だとみなされて、軍部のクーデター未遂のきっかけとなった、という。

次の