我々だキス。 #コンパスエンジョイ部【ゲスト:○○の主役は我々だ!】

#コンパスエンジョイ部【ゲスト:○○の主役は我々だ!】

我々だキス

産卵時期にエサを食べるために水面近くに集まるようになり、よく釣れるので釣り人に人気があります。 産卵時期にあたる初夏~夏頃の暖かい水温につられて浅瀬に寄ってきたところを釣って楽しみますが、反対に水温が低くなる秋~冬には深い場所に潜ってしまう特徴があります。 キスにはシロギスと、背びれの黒い斑点が特徴的なアオギスの2種類があります。 一般的に見ることができるのはシロギスのほうで、より美味しいのもシロギスだとされていますよ。 キスの旬の季節は初夏から夏です。 これは産卵のためにエサをよく食べる時期と重なります。 エサをよく食べる産卵期には美味しさも増し、喜びが1つ限りではないのも嬉しい魚ですね。 キスのさばき方 続いて、 キスのさばき方についてご紹介します。 通常は大きさによってさばき方が異なります。 20cm以下のキスであれば背開きにし、骨を丁寧に落とすさばき方で調理に用います。 20cm以上の大ぶりのもののさばき方は、三枚おろしに仕立てるのが食べやすいです。 キスのさばき方の説明動画も見つけたので、合わせてご覧くださいね キスの食べ方としてオーソドックスなのは 刺し身ですが、その他の食べ方には 汁物、 揚げ物 、 焼き物 などさまざまなものがあります。 新鮮なキスは刺身で 刺し身にする場合は、新鮮なキスの身を用います。 キスの刺し身はほのかな甘味と旬のプリプリ感が楽しめ、好みによって昆布締めに仕上げるのも美味しい食べ方です。 刺身以外のキスの食べ方 また、キスの身は白身なので、さっぱりとした上品な風味を活かしてすまし汁や吸い物に仕上げると喜ばれます。 焼き物はシンプルに塩で焼くだけではなく、ムニエルやピカタなどの洋風のレシピとの相性が抜群なので、いろいろなレシピに挑戦してみましょう。 揚げ物のレシピの定番は天ぷらですが、から揚げや白身魚のフライとしての調理もかなり美味なので、ぜひいろいろな揚げ方で楽しんでみてくださいね。 揚げたあとにあんかけにしたり、タルタルソースを添えたりするのも、また違った風味を楽しめるのでおすすめですよ。 Sponsored Links キスの豆知識 最後にキスのさばき方、食べ方以外のキスの情報をご紹介します。 旬の時期 6月~9月。 生息地 日本では、九州より北の、ほぼ全域に生息。 世界的には、インド洋と大西洋西部に生息。 大きさ シロギスの場合、30センチ程度が一般的。 他のキスの仲間では、45センチほど(最大70センチ程度)まで成長する種類もいる。 特産地 宮城県、愛知県、三重県、愛媛県 キスに含まれる主な栄養 脂肪分が少ないのが特徴。 ビタミンD、ビタミンD12が多い。 さいごに 今回は魚のキスについて、さばき方や食べ方を中心にお伝えしました。 やはり食べ方は刺し身が王道なのかもしれませんが、白身の魚ですからムニエルやフライも美味しそう。

次の

捕まったらキスされるなんて聞いてない【wrwrd】

我々だキス

我々男性が思う以上に、「キス」は女性にとって重要な行為 当サイトでは、たびたび、 好きな女性を落とすためには、「スキンシップ」を仕掛けることが重要である、と、お話してきました。 なぜなら、ほとんどの大人の女性というのは、彼氏や特別な関係の男性としか、スキンシップをしないわけです。 ですから、こちらが手をつなだいり、キスをしたり、スキンシップを仕掛けていけば、女性に 「この人は特別な存在なんだ。 だからこんなことをしているんだ」などと、感じさせることができ、恋愛感情を高めさせることができるわけです。 なので、好きな女性を落とすためには、付き合う前であっても、デート中にどんどんスキンシップを仕掛けていくべきなのです。 あなたは、好きな女性とのデートにおいて、しっかりとスキンシップを仕掛けているでしょうか? さて、そんなスキンシップの中でも、特に、二人の関係を決定づける行為となるのが 「キス」です。 なぜなら、「キス」というものは、 我々男性が思う以上に、女性は重要な行為ととらえているからです。 女性によっては、 「体の関係を持つ」こと以上に、 「キス」の方が重要な行為ととらえている子もいるぐらいです。 つまり、我々男性としては、 デート中、女性にキスを仕掛けて、それを受け入れさせてさせてしまえば、 ほぼ間違いなく落とすことができるとも言えるわけです。 とはいえ、 デート中に、女性にキスを仕掛けようとするも拒否されてしまうという事例も数多くあります。 あなたもその様な経験をしたことはあるでしょうか? 私自身かつて、女性にキスを仕掛けようとして失敗したことがあります 笑 では一体なぜ、多くの男性が、デート中に女性にキスを仕掛けようとするも拒否されてしまうのでしょうか? そこで今回は、 女性にキスをしようとして拒否される3つの原因と、題してお話していきます。 ぜひあなたも今回のお話をふまえて、デートにおいて確実にキスを成功させて、好きな女性の身も心も手に入れてください。 女性にキスをしようとして拒否される3つの原因 早速ですが、 女性にキスをしようとして拒否される3つの原因とは、以下の通りです。 特に、相手の女性が、まだこちらに異性としての好意を持っていない段階なのであれば、必ずおさえておくべきポイントと言えます。 それでは、1つ1つのポイントにつき、お話していきましょう。 「キス」という行為であれば、お互いの体が密着し、さらにお互いの口が接触し、口内の体液 唾液 が混ざり合うわけです。 なので、体や衣類が不潔だったり、鼻毛が飛び出ていたり、口臭がキツイ男性は、 キスをしようとしたところで、当然女性からは拒否されてしまうわけです。 また、ヒゲに関しても、日本人女性の中では不潔だと感じる子もいます。 特に日本人は、古来より湿気の多い土地に住んできたため、不潔にしているとバイ菌の繁殖を招き、それが命取りにもなったわけです。 それ故に日本人は、本能的に対人コミュニケーションにおいても、清潔を好み、不潔を嫌う人が多いわけです。 ですから、相手の女性とはじめてキスをしようという状況なのであれば、 体と衣類を清潔な状態にして、ニオイもしっかりとケアして、ムダ毛も処理して、 デートにのぞみましょう。 ヒゲは生やすのであれば、ヒゲトリマーなどでキレイに整えるようにして、 特にこだわりが無いのであれば、剃ってしまった方が無難です。 さらに、女性をあなたの車や部屋に連れ込んでキスをする場合であれば、 それらの「空間」も事前に清潔にしておく必要があります。 基本的なことではありますが、恋愛コミュニケーションにおいて、清潔感を心がけることはとても重要なことなのです。 以下の記事でもお話しましたが、 こちらがスキンシップを仕掛けて、それを女性に受け入れさせるには、 最初は軽いスキンシップからはじめて、 じょじょに深いスキンシップへ移行させていくのが、重要なポイントになってきます。 ですから、キスをして、それを女性に自然に受け入れさせるためには、 それまでに、「キス」よりも軽いスキンシップを、 1つ1つこなしておく必要があるわけです。 「好きな女性を落とすための16段階のスキンシップ」は、以下の流れになります。 特に、女性にキスを受け入れさせるためには、 その前に必ず相手のパーソナルスペース 45cm以内 に侵入しておくことが重要です。 これは裏を返せば、女性のパーソナルスペースに侵入しても拒否されないのであれば、確実にキスを受け入れさせることはできるわけです。 ですが、まだ女性と手もつないでいないのに、キスをしようとすれば、多くの場合は拒否されてしまうわけです。 階段を5段も10段も一気に飛ばして登っていったら、転げ落ちてしまうのと同じです。 ということで、相手の女性とはじめてキスをする場合は、 それ以前に、キスよりも軽いスキンシップをしっかりとこなしておきましょう。 ですが、初めてキスをするという場合は、 人目の多い場所や、明るい昼間の時間帯だと、 相手の女性によっては拒否されてしまうこともあります。 なので、初めてキスをする場合であれば、 人目が少ない薄暗い場所や密室で、夜の時間帯にした方が、 ムードが出やすく、 より女性に拒否されにくくなるわけです。 具体的な場所としては、 人気の無い路地、公園のベンチ、エレベーターの中、カラオケボックス、 居酒屋の個室、車の後部座席、自宅のベッドやソファ、映画館、などが挙げられます。 ということで、 相手の女性と初めてキスをするという場合は、 人目が少ない薄暗い場所や密室で、夜の時間帯に仕掛けた方が、 より成功しやすいと言えます。 以上、 女性にキスをしようとして拒否される3つの原因について、お話しました。 あなたもデートで確実にキスを成功させて、女性の身も心も手に入れよう 今回のお話いかがでしたでしょうか? おさらいますと、 女性にキスをしようとして拒否される3つの原因は、以下のポイントになります。 ヒゲは生やすのであればキレイに整えておく。 車内や自宅に連れ込む場合は、清掃しておく。 あなたの大好きな女性を"たった3回のデート"で確実に彼女にする方法 あなたには今、どうしても彼女にしたいような、大好きな女性がいるでしょうか? では、その大好きな女性を彼女にするためには、一体どのようなアプローチをしていけば良いのか理解しているでしょうか? 好きな女性にアプローチしていくにあたっては、いつまでもダラダラと中身の無いメールのやりとりをしていたり、毎回毎回「食事だけしてバイバイ」みたいなデートを繰り返していたり、イチかバチかの告白をしているようでは、絶対に彼女にすることはできません。 好きな女性を彼女にするためには、 "正しいアプローチ"をする必要があります。 これは裏を返せば、どんな男性であっても"正しいアプローチ"さえ実践すれば、 確実に大好きな女性を惚れさせて、彼女にすることができるということです。 たとえ、 恋愛経験が全く無い男性であっても、 アラサー男性であっても、アラフォー男性であっても、 正しいアプローチのの方法を学んで、正しく実践すれば、 必ず大好きな女性を彼女にすることができます。 私の様な何の取り柄もない最底辺のダメ男ですらできたことなので、あなたにできないわけがありません。 安心してください。

次の

女性にキスをしようとして拒否される3つの原因

我々だキス

10月9日の日記です。 江田島湾某所。 15cm前後が主体、朝方には20cm前後が混じるという構成ではありますが、入れ食ってます。 掛け損ねが少なければ10時を待たずして3桁というところでありましょう。 今日は釣果ではなく、掛ける練習に行ってきました。 9月24日の釣行記でちょっと触れましたロッドの構え方・・・実際にその掛かりの良さは歴然としております。 「コツコツ、ブルブルブルッ」という最も一般的なキスのアタリ。 その最初の「コツッ」のところでかけてしまおうというイメージでやるのですが、全遊動、固定にかかわらず、キスが仕掛けに食いついて引っ張ろうとするときの仕掛けの移動を許す要素をことごとく排除します。 今日のようにキスがメチャクチャ群れているときは、常識的な線はありましょうが、どんな仕掛け・構え方であっても勝手にハリ掛かりいたしますから、勘違いをする人がかなりでてきます。 「そんなロッドの構え方なんて関係ないよ」ってね。 また、ターゲットのサイズも大きく関係してきます。 ハッキリ言って、15cm主体の群れならば誰でも簡単にしかもたくさん掛けることが可能です(掛け損ねはかなり発生しますけど掛け損ねたハリにまた次のが食いつきます)。 しかも「一定速度で引いてごらん」とアドバイスすれば、初めての人でも5連6連は可能でありましょう。 20cm前後のハイパワーなキスでも落ちの荒れ食いに遭遇すれば、テクニカルな場面はまったくございません。 「一定速度」・・・これさえ守れば良型の5連6連はだれにでも可能なのです。 問題は、20cmを越すターゲットが不意に襲ってくるようなケース。 常に「エサを吸い込んだら掛かる」という態勢をとっておかなければ十中八九外されます。 あるいはその対極になる「まったく違和感を与えず完全に飲み込ませるテク」を持っていないとやはり外されてしまいますね~。 活性が極めて高くて一発でエサを飲み込んでくれるようなケースはこの限りではありません。 想定しているのはあくまで「ごく一般的なケース」です。 ちょっと話が飛びますけど、釣れたキスをハリ掛かりした状態でしっかり観察することは、キス釣り上達のためにはかなり大切なことです。 例えば、釣れたキスの口元にハリが掛かっているのに出血しているケース。 これはいったん完全に飲み込んでいたハリが、キスの激しい抵抗によって引きずり出されて口元に掛かったことによる現象で、表に見えない部分にはかなりの痛手を負っております。 よって、強いアタリがあったのに獲れなかった個体の中には、おそらく海底で出血しながら死んでいくものもいるはずです。 だから我々はキスを掛けるということにはもっともっと腕を磨かなければなりません。 「掛けたら獲る」・・・当たり前のことですが結構その難易度は高いです。 アタリの数だけキスが乗っていなかったら、そのことに対してもっともっと釣り人としての責任を感じるべきだ。 ましてや、何回キスがアタッタかわからないような釣りはなるべく避けたほうがよろしいように思います。 で、「エサを吸い込んだら掛かる」態勢の作り方ですが、私の場合・・・あくまで私の場合ですが、ロッドの先の柔らかさ、コレが邪魔なのです。 だからといって「物干し竿」で釣りをしても全然楽しくありません。 魚信が我々を興奮させてくれるのもすべてこの「ロッドの柔らかさ」なのです。 でもキスを確実に取りこぼしなく獲っていくためには、私にはこの柔らかさが要らない。 でも柔らかい竿でやりたい(笑)・・・このジレンマを解決することがテーマなのです。 硬い竿でキスを釣る場合もありますが、キスがあたった瞬間にはどんなに気をつけていても、どんなに身体をコチコチにして構えていても(笑)、ロッドが引きこまれてしまいますから、同じなのです。 ロッドが引きこまれるとやはり瞬時のタイムラグが生じてキスに逃げられるチャンスが与えられます。 引きこまれなければ確実にフッキングいたしますが、ロッドがキスに対して垂直になっていれば、必ずロッドはいくらかは引きこまれます。 図示できれば一番いいのですが、左手と右手の人差し指で実験してみてください。 左手の人差し指をキス、右手の人差し指をロッドと見立てると、ロッドを寝かせても立てても中段に構えても、キスの向きに対してロッドは垂直ですよね。 2本の指を糸で結んでやってみるとよくわかりますが、垂直の状態で急に糸を引いてみると、ロッドにあたる指にどんなに力を入れて構えていても、左指(キス)の引きに対して右指(ロッド)も引きこまれ、結局、この引きこまれている間にキスは違和感を感じていると思われます。 キスの逃げる方向にロッドも倒れるわけですから、完全なフッキングには至らないケースがでてきて、キスはハリを外しやすくなるということ・・・だと思うわけです。 そこで固定式という発想が生まれたわけですが、これもやや奥が深いです。 固定式を使う場合は、キスのサイズに対して即掛けが効く重量の鉛であることが必須です。 キスが軽くオモリを引っ張っていってしまうようなものではその効果はありません。 ロッドの引きこみと同じような違和感をあたえてしまうのがオチです。 先ほどの人差し指の実験で、2本の人差し指をむき合わせてみてください。 ロッドとキスが一直線になりますよね。 同じように2本の指を糸で結んでみるとよくわかりますが、この状態で、キスがエサに食いついて逃げようとすると、即掛けに至るということはたぶんわかっていただけると思います。 実際、メッチャ掛かります。 取りこぼしもほとんどございません。 普通の引き釣りと同じように一定速度で引けば、連掛けも普通にできます。 ただし、一つ欠点があります。 キスのサイズが小さいとアタリが「コツ」で終わってしまうこと。 つまり、「ブルブル」を体感できなくなってしまいます。 「キスを確実に掛ける」・・・こういうことに興味がありましたら、このやりかたのみならず(この記事の内容がベストとは思っておりません)色々と試行錯誤をやってみると、その過程において学ぶことはたくさんありますよ。 試行錯誤とは、結果ではなくその過程にこそ大きな意味があります。 さてさて、釣果の方ですが、キスの魚影の濃さもあり、まさに10時を待たずして3桁。 慣れてくれば「コツ」の後にロッドにやや角度をつけて「聴きにいく」ことをすれば、「ブルブル」は伝わってきます。 いつもはシーバスロッドでやってますが、投げ竿でも出来ます。 疲れるかな~と思っていたのですが、コツはありますが意外と長時間いけます。 操作性を考えれば、やはり短竿の方が面白いですけど。 ・・・と色々実験などしていると、気がつけばお昼をまわり、12~13cmが多く混じるようになってきましたので、ストップフィッシングといたしました。 とにかくキスをたくさん釣りたい人、江田島湾、今がチャンスです。

次の