ストーリー オシャレ。 【ストーリー加工】色味がオシャレになる動画加工アプリ「VSCO」

【インスタグラム】ストーリー投稿をオシャレにできる「Mojo

ストーリー オシャレ

男女ともに20代~40代という幅広い年齢層から人気の高いSNSである、Instagram。 特に女性に関しては、半数以上の方がダウンロードしているという情報もあるほど支持されています。 ところでこのInstagramには、普通の投稿機能の他に24時間限定で画像・動画をアップできる 『 ストーリー』 という機能があるのをご存知ですか? 実はインスタユーザーの多くが、日常の様子や外出先の様子をストーリー機能を使って画像や動画アップしているんです! そんなストーリー機能ですが、 「もっとおしゃれに投稿できるようになりたい…!」 「他の人と差をつけて 『インスタ映え』させたい…!」 という方もいらっしゃるはず。 そんなあなたのために、今回のカメラオトメは 『Instagramのストーリーをもっとおしゃれにする3つの画像加工術』というタイトルでお話ししていきます。 アプリを使って加工していくので、特別なスキルもセンスも必要なし! 今日から投稿できるオススメの加工方法をお伝えしていきます。 注意使用しているスマホや機種によって大きさが異なるかもしれません。 お使いのスマホで試しながらサイズを確認していくオススメします。 背景を選択したら、次に 『Graphic』の中から、自分のインスタの世界観にあったものを選んでいきます。 PROは有料なので、今回は左中央の 『FREE』の画像をチョイスしてみました。 Graphicを使うときは抽象的なデザインや淡色で少しぼやけているものを使っていくとおしゃれにすることができます。 これを先ほど選んだ背景と混ざり合うように配置していきます。 背景を透明にした写真と背景のベースを『Inshot』で組み合わせる ベースの画像が出来上がったら、次は 『Inshot』というアプリで先ほど背景を消した画像を挿入していきます。 画面をタップすると文章入力画面になるので、文章を小出しにして出していきます。 タイトルのように目立つ文字にするときは、 『ストローク』の下の方にある 『幅』の数値を上げていくと太くすることができます。 文字をデフォルトよりも太くしたいときも同様に、ストロークから同じカラーを選んで幅を大きくしていくと調整することができます。 吹き出しといった図形を挿入したいときは、左下にあるメニューバーから三本線をタップし、 『アイテムを追加』から合うものを選んでいきます。 ポイントは1〜2行ごとにポイントを作ってバランスを見ながら配置していくこと。 全てを同じブロックにしてしまうと、動かしにくくなってしまうので注意が必要です。 そしてできあがったのがこちらの画像です! 最初の写真よりも見やすく、おしゃれな画像にすることができました。 お気に入りの画像はアーカイブ設定にしておくと、後から見返すことができますよ! 忙しいときや背景がインスタ映えする写真にぴったりなインスタストーリー加工術 次にご紹介するのは、時間がなくてストーリーに投稿する時間がない!という人や、おしゃれなカフェなどにいって背景もきれいに残したい!という写真にオススメの加工テクニックです。 先ほど加工術はまとまった時間がないとできにくいですが、この加工術をマスターすれば自分の世界観を出しながら写真をアピールすることができます。 今回この加工術で使う写真は以下の2枚です。 タピオカの写真とアイスの写真がそれぞれ… このようにおしゃれに加工することができるんです! ここからはこの2つの画像の加工術についてご紹介していきます。 『Inshot』を使って画像のベースを作っていく 今回は画像の透過加工がないので、初めから 『Inshot』を使って下地を作っていきます。 まずは背景となる画像をまず選択して、そのあとに写真を配置していく流れになっています。 今回も元の写真を目立たせたいので、淡い色の無地のカラーを選んでみました。 画像のサイズはさきほど同様、 『キャンバス』から 9:16を選択します。 タピオカの写真はこのように背景のカラーを選んでから、写真を下の方に配置してみました。 アイスの画像は背景のカラーをホワイトにしてから写真を2枚選択したかったので、1枚を普通に選択してから2枚目を 『スタンプ』を使って配置しました。 写真が同じサイズに配置されているかを確認したら、ここで一旦保存して文字入れをしていきます。 『Phonto』で文字入れと外枠を入れていく ベースの画像を作ったら、次は 『Phonto』で文章を入れていきます。 今回はタピオカの写真には 『せのびゴシックBold』、アイスの写真には 『せのびゴシックBold』と 『明朝体』というフォントを使いました。 タピオカの画像のタイトルの白い背景は 『文字』から 『幅』を選択し、背景の透明度を下げてから数値を大幅に伸ばして長方形を作っています。 またタイトルの下の白い四角は文字を入れていないため、後から 『アイテムを追加』から正方形を選択して幅や縦の長さを調整したあとに、透明度をタイトル部分と同じにすることで同じ文行きになるように演出してみました。 そのあとに文章をちりばめるように配置していきます。 このとき強調したい文章は文字を大きく太くすることで、普通の文章と差別化していくとメリハリをつけることができますよ。 なるべくジグザグに目線が動くように文章を置いていくと、ストーリーを見る人にも親切です。 ZやSをイメージするように文字を置いていくと、バランスよく配置できます。 そしてできあがったのがこちらの写真です。 左下のグレーのハッシュタグは、ストーリーに投稿する前にストーリー機能からハッシュタグをつけて配置しています。 文字を入れたあとにハッシュタグをタップするとカラーを変えることができます。 『アイテムを追加』で外枠のみの正方形の形を選んだら、サイズを0にしてから9:16のバランスで配置していきます。 外枠の配置ができたら次に外枠のカラーや太さを 『色』や 『ストローク』から変更して、色味を整えていきます。 『LINE Camera』で背景にスタンプをつける Phontoで文字入れが終わったら、最後にお好みでかわいいスタンプをアクセントにつけていきます。 スタンプを入れるのに使うのは、 『LINE Camera』というアプリです。 有料や無料から選べるたくさんのスタンプの中から、今回はハートのスタンプで可愛さをプラスしてみました。 今回は有料スタンプを使用していますが無料でもスタンプがたくさんあるので、ぜひお気に入りのスタンプを見つけて見てくださいね! ストーリーのポンポンと進む特徴を活かしたフォトギャラリー加工術 最後にご紹介するのは、ストーリーを見るときのタップする動きを利用したフォトギャラリーの作り方をレクチャーしていきます。 加工方法自体は、画像を配置するだけなのでとっても簡単でシンプルです! 今回はわかりやすいように、左から右に進んだときの流れを以下の1枚の画像にまとめてみました。 最初の画像から2枚目の画像にタップしていくと1枚の写真が、もう一回タップすると次は新しい写真が上に出てきます。 写真が1枚ずつ登場したと思ったら消えてみたり、また新しい写真に変わったり…と紙芝居のように画像を1枚ずつストーリーに投稿していきます。 タップするごとにどんどん写真が変わるので、まるでフォトギャラリーを楽しんでいるかのような新鮮なストーリーを演出することができます。 このストーリーは画像編集アプリの 『InShot』で画像を配置していくだけで、作っていくことができます。 フォトギャラリーを作るコツは、同じ画面の写真同士の構図や色味を被らせないようにして画像の配置を考えていくこと。 慣れてきたら、わざと画像をかぶせたりするなどフェイントを加えていくのもオススメです。 この方法を使うとインスタの投稿の連投を防ぐこともできるので、見せたい写真がいっぱいあるというときに使うとGOOD。 ぜひ一度やってみてくださいね。 インスタのストーリー機能を攻略してどんどん自分のインスタのファンを作っていこう インスタを始めたてのころから投稿を一生懸命頑張って、ストーリー機能をないがしろにしてきたそこのあなた。 投稿することももちろんとても大切ですが、実際のインスタグラマーを見てみると、ストーリー昨日ににこそその人の人柄や世界観が表れているということも多いんです。 ストーリー機能は投稿にはない投票機能や質問機能など、フォロワーと交流ができる一つのコミュニケーションの場所。 今回お伝えした加工術を少しずつ自分のInstagramに取り入れて、どんどん自分のファンを作っていきましょう。 この記事が少しでもあなたのお手伝いになれば幸いです。 Have a happy camelife.

次の

‎「Canva ストーリーズ加工!写真や画像、動画をフレーム加工」をApp Storeで

ストーリー オシャレ

近年登場してからずっと利用者が増加し続けているSNS「インスタグラム」は写真の投稿を中心としたプラットフォームですが、2016年8月に登場したのが「ストーリーズ」です。 最近では通常の投稿よりもストーリーズ投稿ばかりするというユーザーも多く、逆にフィード投稿を見なくなったという人も中にはいるようです。 ストーリーズ投稿の特徴として、「投稿後24時間で自動的に消える」というもので気楽に自分の情報を発信できるということで人気な機能となっています。 ストーリーズでは写真でも動画でもよく、文字を入れたりフィルター加工をかけたりすることはインスタグラムのアプリ上で可能ですが、もっとオシャレなストーリーズ投稿をしたいと考えるユーザーも多いでしょう。 そこで、この記事ではストーリーズをオシャレにしてくれる動画編集アプリの「 Mojo-ストーリーエディター」の使い方を解説していきます。 Mojo-ストーリーエディターとは? 「 Mojo-ストーリーエディター」は現在無料でも使用できる動画編集アプリです。 無課金ですと機能が一部使用できないのですが、無料でも使用できるテンプレートが豊富となっていて現在人気のアプリです。 「 Mojo」の特徴は豊富なテンプレートから自分がストーリー投稿に用いたいものを選択して、投稿に使う画像や動画を選択すれば大体動画が完成するというシンプルな使い心地の良さです。 有料会員の料金と機能 有料会員料金は2020年1月現在、「1ヶ月11,50円」「12ヶ月45,000円」の2通りのプランがあります。 こちらのプランに加入すると使用できる機能は以下です。 自分のロゴを追加 独自のフォントを追加する ウォーターマークを消す 全てのテンプレートが使用可能 全ての文字スタイルが使用可能 正方形形式の動画編集が可能 横長形式の動画編集が可能 課金をしたプロ版ですとよりハイクオリティそしてよりこだわりの強い動画を作成することができるので、無料版を使ってみて気に入った、もっと使ってみたい機能があるという場合に課金することをお勧めします。 また、プロ版も3日間無料お試しすることも可能ですので試してみるのもいいでしょう。 その際、使用しなくなる場合は3日以内に解約することを忘れずにしましょう。 ダウンロードリンクは以下になります。 編集の始め方 アプリのダウンロードが完了したら「Mojo」を早速起動してみましょう。 起動すると上記画像のような画面が表示されるので、好きなテンプレートを選択すれば編集画面に入ることができます。 無料版では一部のテンプレートが使用できませんが、それでも十分豊富なので好きなものを選びましょう。 無料版で使うことができないのはテンプレートの右上にPROと書いてあるものは使用できません。 上画像参考 テンプレートを選択すると編集が開始できます。 それでは実際に編集をしている様子から使い方を解説していきます。 テンプレートを選択後 上記の画面に入るとまず画像が選択できるので投稿に使いたい画像をカメラフォルダが選択してテンプレートに画像を挿入します。 お好きな画像を挿入すると上記の画像のようにテンプレートに画像が挿入され、テンプレートのアニメーション効果と共に表示されます。 画像を選択が終わったら、もっとこだわりの編集をしてみましょう。 まず左下のブラシのマークをタップするとメニューが表示されるのでそこから自分なりの編集が可能です。 このようにメニューが表示されますので一つ一つ確認していきましょう。 テンプレート テンプレートでは最初に選択したテンプレート以外に変更したい場合にこちらから変更することができるので一々戻らないで済むので簡単です。 一度選択したテンプレートが思ったのと違う場合はこちらで実際に画像が挿入された状態でプレビューできるのでよりよいテンプレートが見つかるでしょう。 色では背景色を選択することができます。 色を変更することで雰囲気を変えることができるので、画像や作りたいストーリーのテーマに沿って選びましょう。 背景 背景では色と同様背景のイメージを変更することができます。 こちらでは動く背景などが用意されているので、背景にも動きをつけたい場合はこちらから選択してください。 また、背景にも自分のカメラフォルダの画像を使うこともできます。 音楽 音楽では自分で用意した音楽が利用できる他、予めアプリ内に幾つかの音楽が用意されています。 どれもオシャレな音楽ばかりなのできっとあなたが投稿に使いたい音楽が見つかるので見つかったら設定しましょう。 フォーマット フォーマットでは動画のアスペクト比を変更することができます。 無料版では「9:16」のみしか使えませんが、ストーリー投稿にぴったりのサイズなのでストーリー投稿用の動画このままで大丈夫です。 長さ 長さでは動画の長さを変更することができます。 こちらは最大60秒までの長さに調節することが可能となっています。 ストーリーズの1投稿は15秒までとなっており、それ以上の動画は15秒ずつ分割されるのでその点は留意しておきましょう。 レイアウト レイアウトではテンプレート以上に自分好みの画像の配置に変更することが可能です。 表示されるレイアウト一覧からお好きなものを選べば完了です。 テンプレートのままで問題ない方はここはいじらなくて大丈夫です。 その他の編集 テキストなどの編集はまた違う画面から設定を行います。 上記画面の右下にある「プラスマーク」をタップするとメニューが表示されます。 メニューは「Media」「テキスト」「スタンプ」「ページ」があるのでそれぞれみていきましょう。 Media メディアでは最初に選んだ画像以外のものを選択する場合にこちらからでも変更が可能になっています。 テキスト テキストでは用意された字体やアニメーション効果を選択してお好きな文字を入力することができます。 用意されたものから選ぶとさらに詳細に設定することもできるので、簡単にオシャレな文字を動画に入れ込むことができます。 もちろん、フォント、サイズ、色なども調整可能です。 スタンプ スタンプ機能ではアプリ内で用意されているスタンプを動画に入れ込むことができます。 ただ、無料会員だと使えるスタンプが少ないのでこの機能を目当てに無料で使うのはやめた方が良いでしょう。 ページ ページでは新たに動画にもう一つテンプレートを挿入することができます。 複数のテンプレートを組み合わせてで長くオシャレな動画にすることが可能です。 保存方法 編集が完了したら動画を保存しましょう。 保存方法は画面右上にある「保存」をタップしてしばらく待てば以下の完了画面が表示されます。 この画面が表示されたら、左下の「動画を保存」もしくは「あなたのストーリー」を選択して保存またはストーリーズに投稿を行いましょう。 最後に 簡単に上質なストーリーズ投稿用の動画を作成できる「Mojo」の紹介はいかがでしたか?このアプリを使えばオシャレなストーリー投稿ができるので友達からも一目おかれること間違いなしです! 是非このアプリを使って楽しくインスタグラムライフを楽しんでください!.

次の

【ストーリー加工】色味がオシャレになる動画加工アプリ「VSCO」

ストーリー オシャレ

おしゃれなインスタストーリーを投稿して注目を集めよう! 今までと一味違う、ストーリー、ビデオ、ハイライトカバーを作成して、自分だけのスタイルを見せつけよう。 700以上の無料テンプレートから簡単におしゃれななストーリズが作成できます。 インスタグラムストーリーをおしゃれにする為に必要な機能が無料で利用できます。 — Instagramストーリー、Facebookストーリー、WhatsAppステータス、Snapchatストーリーデザイン — 写真やコラージュ用のフォトテンプレート — スタイリッシュなフレームや動画テンプレート — ひと味違うハイライトカバー — フォロワーと楽しめるインタラクティブな質問やクイズ — 写真がなくても大丈夫!ファンシーなフォントを使ってテキストを目立たせよう — Instagram、WhatsApp、Facebook、Snapchatへそのまま共有。 スマホに直接ダウンロードすることも可能。 機能: — 旅行、食べ物、お祝い、ビジネス、地域など、700の無料のストーリーテンプレート — 動画編集:文字入れ、切り抜き、ステッチ、フルスクリーンでの動画のプレビュー — すぐに使えるInstagramハイライトカバーデザイン — どんなムードでも使えるフォントやフィルター — ストーリー編集:テキストや写真を簡単に追加、デザインスキルは一切不要 — 種類が豊富な無料アイコンやイラスト — 高解像度でダウンロード — 新作のテンプレートを2週間に1度のペースで追加! — 完全無料で広告なし デザインに最適なストーリーも作成できます。 せっかく新しいデザインが増え系統の同じテンプレートで気に入っているのがたくさんあるのに、1枚目はそれを選んでも、2枚目以降のテンプレートに関連のデザインが出てきません😱 紐付けが難しいのであれば、せめて写真やテンプレートを含めてデザイン1枚でコピーできるようにしてくれたら、1つずつコピペして繋げます。 その点が改善されたら最高なので、星が1つ少ないです。 デベロッパの回答 、 関連するデザインに関する問題を提起していただきありがとうございます。 調査して修正に取り組むことができるように、チームに確実に転送します。 ご理解とご協力をお願い申し上げます。 妻・母親・仕事・お嫁さん・娘・孫・姪・友人・知人・ご近所等の 全部違う顔を相手に魅せています。 その時に一番ふさわしい自分になっています。 そのままのあなた・ありのままのあなたは、何処にあるのでしょうか? 私にあなたは問われる迄考えた事がありますか? デベロッパの回答 、 こんにちは、ヒーリングサロンミカエル。 評価ありがとうございます。 あなたは私たちをさらに良くするように鼓舞します。 Canvaでは、最高のグラフィックデザイン体験を提供することを目指しています。 より素晴らしいデザインを作成するには、アプリを最新バージョンに更新することを忘れないでください。 よろしく。 - Ahn 言語 日本語、 アゼルバイジャン語、 アフリカーンス語、 アルバニア語、 アルメニア語、 イタリア語、 インドネシア語、 ウクライナ語、 ウズベク語、 エストニア語、 オランダ語、 カザフ語、 ギリシャ語、 クロアチア語、 グルジア語、 スウェーデン語、 スペイン語、 スロバキア語、 スロベニア語、 セルビア語、 タイ語、 チェコ語、 デンマーク語、 トルコ語、 ドイツ語、 ノルウェー語 ブークモール 、 ハンガリー語、 パンジャブ語、 ヒンディー語、 フィンランド語、 フランス語、 ブルガリア語、 ベトナム語、 ベンガル語、 ポルトガル語、 ポーランド、 マレー語、 モンゴル語、 ラトビア語、 リトアニア語、 ルーマニア語、 ロシア語、 中国語、 簡体字中国語、 繁体字中国語、 英語、 韓国語.

次の