コガネムシ の 幼虫。 ブルーベリー コガネムシの幼虫対策

コガネムシ(幼虫・成虫)の5つの駆除・対策!寄り付く原因を解消するには

コガネムシ の 幼虫

スポンサーリンク オリーブのコガネムシ幼虫対策は100円ショップで オリーブの鉢植えでは、毎シーズンコガネムシの幼虫で頭を悩ませます。 そこで今年は頭をひねって幼虫対策を試みました。 それは100円ショップのグッズを使います。 100円ショップのガーデニングコーナーは店にもよりますが充実しています。 必要なグッズは2つと家にあるハサミとペンチです。 コガネムシ対策 100円グッズで必要なもの 1. 防草シートまたは不燃不シート(色は黒系が良い) 2. U字シートピンまたは針金 【他に必要なもの】 ・はさみ ・ペンチまたはニッパー 以上のものがあれば充分です。 ハサミは絶対に必要ですが、ペンチやニッパーは鉢植えが一つであれば特になくても大丈夫です。 【実際に試した方法】 ・鉢の大きさを測ります。 また針金もU字にペンチでカットしてシートに挿す際に、針金が柔らかいので同じく挿しにくいです。 最後は鉢の際とシートに隙間が出ないように気を付けて、土が見えなくするようにカバーします。 白色の不燃布は光を通し、後から草が生えやすくなるので光を通さない黒系のものが良いです。 これで土が露出しませんので、コガネムシが土の中で卵を産み落とすことができなくなるので、幼虫の心配は解消されます。 しかし、秋に植え替えして春先に何となく気になったオリーブの鉢を植え替えしたところ、一部に鉢にコガネムシの幼虫が数鉢見つかりました。 【コガネムシの幼虫対策はいつするか?】 我が家みたいに頻繁にコガネムシの被害が出るところは、植え替えしてすぐにシートで覆ってしまえばコガネムシの被害は食い止められます。 もっとも土の中に卵がなければのお話になりますが。 また、元々防草シートなので雑草の生えてくる心配もいりませんので防草、防虫対策として活用できます。 上記の楽天で販売されている専用のカバーを使うと、カットする手間は省けます。 購入する際に注意することは、大きさに合わせて購入しなければなりません。 もっとも大きければ、サイズに合わせてカットすれば良いことですが、そのカットをの手間を省くために購入するので、購入の際には鉢の大きさを必ず 測って購入しましょう。 出来合いの物のほうが見栄えも良いと思います。 オリーブのコガネムシの幼虫対策 コガネムシの幼虫予防カバーの口コミ 楽天で販売されている「コガネムシの幼虫予防カバー」の口コミを見ると概ね評価が高くなっています。 ただ中には、風が吹くとめくれてしまう。 素材的にも長く使うには・・・・?という評価もあります。 それぞれ口コミを集めてみました。 【口コミ】 ・プレゼントされたオリーブのプランターにコガネムシの幼虫が・・・・慌てて購入! ・風対策は必須。 ・風で飛ぶのでバークチップをのせて使っている。 ・ブラックベリーに幼虫が・・・・このシートを使ったが見栄えが悪くなるので、バークチップも購入。 ・ネットでコレだと思い即購入!今年は奴らの顔を見なくて済みそう。 ・水やりも追肥も問題なくそのままでOKなので、とても便利。 知らなかった。 ・水の吸収がとても早く、水やりのストレスは無さそう。 ・雑草の処理が大変楽になリました。 以上ピックアップしてのせてみました。 水やりも問題なく追肥もシートの上にのせて置くだけで心配がないですね。 問題は止めるピンが付いていないので、飛ばない工夫が必要ですね。 見栄えを気にしていた方は、バークチップを置いています。 販売店に確認して、たとえ卵が産卵しても鉢の中に入っていかないから大丈夫です確認され ています。 サイズさえ間違わずに風対策をしていれば、カットする手間がかからないので簡単にできそうですね。 まとめ オリーブの鉢植えのコガネムシ対策は、100円ショップのグッズで簡単にできます。 シートをカットする手間はかかりますが、正確さを要求するものではないので難しくなくできます。 しかも低コストで簡単というわけです。 カットするのが面倒くさいと感じる方は、通販の楽天でサイズを測って購入すればとても簡単に、コガネムシの幼虫対策になります。 オリーブの木だけでなく、果樹や一本株の野菜にも使えますからコガネムシの幼虫に悩む方はお早めに試して下さい。 人気記事• 母の日のプレゼントにアジサイの鉢は人気がありますが、花後の植え替えや移植のタイミングで悩む方は多いです。 202,880ビュー• 梅酢の作り方は意外と簡単にできます。 梅とお酢に砂糖があれば誰にでもできますが、さらにまろやかで香り高くしたりフ... 197,110ビュー• 人気のオリーブの鉢植え、植え替えする際の土はオリーブの土専用がありますが、代用して使用できる 土もあります。 190,377ビュー• オリーブをバルコニーで15年以上育て、毎年実を付けています。 品種の組み合わせで、実が付きやすくなったり... 172,661ビュー• 卒業式に贈る花束のプレゼント。 花束を送った経験がない人は、 1本の値段がわからないですよね。 157,708ビュー• アジサイは季節感が感じられる育てやすいお花です。 初心者でも挿し木で簡単に増やす事ができ、ガーデ... 149,408ビュー• 手や足の指先のしもやけ、非常にかゆいですよね。 毎年この時期になると恒例のしもやけ。 139,266ビュー• 魚の目の治療を会社近くの皮膚科で受診したところ、 そこのクリニックでは靴の選び方と歩き方を指南され、 魚の... 121,162ビュー• ハイビスカスの花はトロピカルをイメージさせ そばにあると南国のリゾート気分になります。 一番の... 116,151ビュー• ユリの花粉が付いたからといって、クリーニングに出したり染み抜きを頼まなくても、ほとんどの花粉はお落とせます。 103,498ビュー.

次の

コガネムシ対策(その1)・被害と鉢植えでの対策

コガネムシ の 幼虫

コガネムシによる食害とは 食害の起きやすい時期 コガネムシの発生時期は5月から11月頃です。 コガネムシの幼虫は7月~10月頃に野菜などに被害を与えます。 コガネムシの成虫は晩春から夏ごろにかけて見かけるようになります。 未熟な有機物(腐葉土など)を使用するとそこが産卵場所になってコガネムシが発生しやすくなります。 とくに幼虫による被害が大きいので、被害が見られたらコガネムシの駆除は早急に行いましょう。 コガネムシの種類 コガネムシは様々な種類がいるので紹介します。 ・ドウガネブイブイ ドウガネブイブイはサツマイモ、トウモロコシ、ダイズ、ラッカセイ、ピーマン、アブラナ科野菜、イチゴ、シバなどに被害を与えます。 25mmほどの体長で、全身が暗胴色、羽に長い毛が生えているのが特徴です。 ・アオドウガネ アオドウガネはサツマイモ、サトウキビ、トウモロコシ、サトイモ、ニンジン、イチゴ、ピーマンなどに被害を与えます。 鈍い光沢がある緑色の体色が特徴的です。 体型はずんぐりとしていて丸いです。 ・ヒメコガネ ヒメコガネはサツマイモ、イネ、ムギ、トウモロコシ、ジャガイモ、ダイズ、ラッカセイ、ピーマン、ウリ類、アブラナ科野菜、ゴボウ、サトイモ、イチゴなどに被害を与えます。 小型のコガネムシで、暗い赤銅色、藍色、緑胴色など色の変異が多く見られるのが特徴です。 被害 コガネムシは幼虫も成虫もそれぞれ別の被害を与えます。 ・幼虫の被害 コガネムシの幼虫は土中にある根を食べます。 根を傷つけるため、栄養を吸収することができなくなり、植物そのものがダメージを受けてしまいます。 大発生すると苗だけでなく樹木でも枯れることがあります。 ・成虫の被害 コガネムシの成虫は新葉や花を中心に食べます。 葉が傷むことで景観が悪くなるだけでなく、光合成が十分に行われなくなります。 コガネムシの成虫に食害された葉は不規則な穴が無数にあいているため、他の害虫の食害痕と違いがはっきりしています。 コガネムシの基本的な駆除方法について 基本的なコガネムシの駆除方法は見つけたら捕まえるというものです。 庭木などに成虫が寄生している場合、木をゆすると成虫が落ちてきます。 成虫は死んだふりをしているので、その隙に捕まえます。 捕まえる際には黒っぽい液体を出しますが、洋服付着すると取れにくく、ニオイもするため手袋をして駆除しましょう。 成虫がいた場合、幼虫も鉢の中にいる可能性が高いため、確認してください。 他にも市販されているトラップを使ったコガネムシの駆除方法もあります。 コガネムシが好むニオイでおびき寄せて捕獲する仕組みになっています。 電気も使わないので植物の近くに設置しましょう。 コガネムシの幼虫はプランターや鉢植えであれば、土を変えることで被害を防ぐことができます。 もし植え替えの時期ではなくてもコガネムシの幼虫がいたら、すぐに植え替えをしましょう。 ペットボトルでできるコガネムシの駆除方法とは ペットボトルとジョウゴ(漏斗)を使ったコガネムシの駆除方法を紹介します。 ペットボトルの口にそのままジョウゴを突っ込むだけなのですが、これが捕獲器になります。 コガネムシを見つけたら捕獲器に向かって落とすだけです。 ペットボトルの中に落とされたコガネムシは逃げ出すことができなくなります。 直接コガネムシに触れたくないという方におすすめの方法です。 コガネムシに効く農薬について コガネムシの駆除に有効な薬剤はどのようなものがあるか、見ていきましょう。 幼虫 コガネムシの幼虫にはオルトラン粒剤やダイアジノン粒剤が有効とされています。 私たちの気が付かない場所にも幼虫が潜んでいる場合があるので、周囲の土全体に薬剤の成分が行きわたるようにしましょう。 成虫 コガネムシの成虫の駆除にはオルトラン水和剤やスミチオン乳剤、マラソン乳剤などの薬剤が有効とされています。 すでに卵を産んでいる可能性も考えて土に有効な薬剤を撒いておきましょう。 コガネムシの発生をおさえる方法 コガネムシを駆除するのは手間になるので、できればあらかじめ予防しておきましょう。 コガネムシの発生を抑える予防方法を紹介します。 コガネムシは飛来する虫なので、防虫ネットを使って物理的に飛来を防ぐのが有効です。 ネットを使う場合は、土中に幼虫がいないかどうかの確認も合わせてしておきましょう。 コガネムシの対抗植物となる植物を育てることも予防につながります。 コガネムシの防除対策として有効とされているのがバラのコンパニオンプランツとしても有効なスイセンやニンニクなどです。 ほかにもキャットニップ、ルー、チャイブ、タンジー、マリーゴールドなども効果があると言われています。 まとめ コガネムシの成虫は比較的見つけやすいですが、幼虫は土中にいるため見つけにくく、大きな被害を与える可能性が高いです。 どちらにしても見つけたら早急に駆除するようにしましょう。 また、コガネムシからの被害を防ぐため、事前に対策しておくことも大切です。

次の

有効なコガネムシの駆除方法とは?成虫だけでなく幼虫にもご注意を!|生活110番ニュース

コガネムシ の 幼虫

ところがコイツがけっこう強烈なパワーを秘めているのです。 カブトムシとかクワガタの仲間の中型の甲虫で、ヒメコガネ、 マメコガネ、ドウガネブイブイなどの種類がいます。 成虫は葉や花弁、花芯を食害してボロボロに……。 でも、問題は幼虫の方なのです。 幼虫は乳白色のイモムシみたいな感じですが、食欲が旺盛で 植物の根をかじり切って、油断してるとあっという間に枯死させて しまいます。 土の中なので気付きにくく、気付いた時にはかなりのダメージを 植物に与えていることが多いです。 早朝のまだ気温が上がらないうちに木を揺すると、その木についているコガネムシが落下してきます。 逃げ足もそれほど速くないので、捕まえるのは簡単ですね。 ……ちょっと殺すのには抵抗ある人も多いかもですね。 成虫が現れるのは、5月から夏の間にかけて。 本当に気をつけるべきは、成虫ではなくて、成虫が生みつける卵です。 卵を産みつける前になんとかしないと……。 幼虫には要注意! 有機物の多い土を使っていると卵を産みつけられて、幼虫が多発します。 地植えの場合、庭木なら枯死するまでの被害は少ないと思いますが、鉢植えで育てているならこの幼虫が一番の強敵になります。 なんだか植物の元気がなくなって、だんだんと萎れてきて気が付くのですが、その時はもう手遅れの場合が多いです。 植物の根をガジガジとものすごい勢いでかじってくれます。 しかも集団で発生するし、土の中なので全てを捕殺するのは困難です。 ただ薬剤はよく効きます。 薬剤を使いたくない時は、鉢ごと水の中に半日も浸けておけば幼虫は死んでしまいますが、幼虫のいるタイミングもわからないし、かといって頻繁に水に浸けていると根腐れの原因になるので、注意が必要です。 (ダメージを受けた根は水を吸い上げられないので、根腐れしやすくなります) 薬剤なら…… 成虫には『スミチオン乳剤』『アクテリック乳剤』など。 幼虫なら『オルトラン粒剤』『ダイアジノン粒剤』など。 一匹見つけたら、10匹はいる! 幼虫を一匹でも見つけたら、絶対に放置しないように。 そこにはかなりの数の幼虫がいるはず。 鉢やプランターでも同じこと。 (有機物っていうのは、落ち葉などの腐葉土や堆肥、木屑など) 成虫が飛来して卵を産みつけないように、ビニルシートなどで覆いをするのは効果的です。 良く観察すると、成虫が卵を産みつける為に土の中に潜っているのを見つけることがあります。 土に小さな穴があいていたり、小さく掘り起こされているような時は疑ってみましょう。 All Rights Reserved.

次の