トランス コスモス やばい。 トランスコスモスの離職率がかなり高いですが理由はなんでしょうか?

山田孝之、トランスコスモスと新会社設立で取締役CIOに就任! 「ひとつの鍵となれたら」

トランス コスモス やばい

トランスコスモスで働いていましたよ!笑 まず、ご安心ください、残業代はきちんと出ます。 ただし、残業をばかりしていると上司や社内からのチェックが入り場合によっては注意を受けます。 たしか100時間超えを2か月もしくは3か月連続したらとOUTだったと思います。 だから、なぜ離職率が高いのかというと他には金銭的な面、労働条件が合わない等、いろいろな理由で辞めていかれる方はそれなりにいらっしゃいました。 部門に関しては個々がありますので何ともいえませんが、全体的に離職率は高いのですが、部署によっては確かに低い部署も確かありました。 僕の離職した理由ですが、自分は電話対応が好きだったので入社しました。 やはり女性が多いので対人関係は難しかったですが、もともと人と接する事に臆病だった自分に良い機会を与えて頂き、転職した会社で今も存分に発揮しています。 金銭面では納得いかないこともありましたが、潰れることはまずない安定した企業だと今でも思っています。 特徴としては部署により残業の多さが全く違います。 わたしの部署は少なめ、かつお客様企業でお仕事をしていたため、逆に早く帰らなければ怒られるような感じでした。 有給がとりづらく、やめる際かなりの日数が未消化に終わってしまいました。 買い取り制度等もないので、損をしたなあとおもいましたね。 そして、休みが非常に取りにくい環境でした。 有給や振替休日など制度はありますが、実際休みは取れずに消えていくばかりでした。 冠婚葬祭や体調不良以外では基本休みは取れませんでした。 あくまで所属事業所の体制によるため、事業所によっては休みが取りやすい場合もあります。 そこをクリアすれば非常に良い職場であったともおもうのですが…。 後は現場での役職名ばかりが上がり、責務が増える一方で見合った教育を受けられているわけではないため、自力が無いとすぐに潰れてしまう様な会社です。 潰れたら別の者に交代しての補填という悪循環になりがちで人が育ちにくい環境である。 自力でスキルアップをするしかないため、正解がわからない。 もう少しマネジメントレイヤーに対して標準化できるような教育環境を提供してもらいたいと思いますね。 それら全てが離職率の上昇に起因するわけではないと思うのですがこんな感じの会社です.

次の

トランス・コスモスという会社がありますが、どんな会社ですか?雰囲気と...

トランス コスモス やばい

転職会議というサイトがありまして、 現役社員・退職社員が、様々な事をえぐくコメントするサイトがあります。 月1000円の有償登録をしないと全コメントは見れませんが、 たまたま私は登録してるので、 (知り合いの為に登録してあげて、転職活動を手伝ってあげた) まとめます。 まず、コメント数は約4800件。 内容は大きく3つに分けて、評判・年収・面接。 【どんな会社ですか?】 人材派遣です。 主にIT系の。 ここは渋谷に住居構えてますが、 渋谷は人材派遣会社がタケノコみたいに起業された時代があり、 ま、大手だろうがなんだろうが、よーするに、 【自分の社員を、自分と人間紹介取引のある会社で働かせて 派遣先が派遣元にくれた金をピンハネして、その社員に渡す。 】 【上の事が出来る営業を教育したり、社内に抱える。 】 自分もこーゆう働き方を過去してて、 派遣先は月36万が俺の評価なんですが、自分に渡されてたのは 月25万でした。 営業はめっちゃ優しい訳ですね。 人をどこぞの会社にぶち込むほど、会社も営業も歩合がと ウハウハな訳なので、出来れば年齢高まで、ずっと働いて欲しい訳です。 ピンハネさせ続けて欲しいから。 最近では、3年派遣先で働かせると、正社員にせねばならない。 とか法律改正出来たので、 最近は、1年置き更新とかこざかしい事をしてます。 ============ さて、 自己啓発やスキルアップ補助制度が少し乏しい。 ある一定職以上になると、深夜まで労働慢性的。 これは、だったらIT職自体に来るなよと思います。 昔からそういう風潮あります。 単なるオペレーターとして年を重ねてしまう。 本人が帰宅後努力してないだけです。 但し、職場のデイリー作業でスキルアップがない職場もあります。 管理職になった方がいい。 部下にピンハネ先開拓を命じればいいだけです。 産休・育休の面は良い。 特に住宅ローンの為、働きに出ざるを得ないとかは 恰好の的です。 スーパーバイザーレベルで月30万とかもある。 子供がいて仕事する女性にはデータ入力など ありがたい業務がある職場。 ぶちこまれると、ほとんど仕事はシフト制。 自分は1日有給とると、ボーナスから1万引かれた事あります。 意図的に月1有給取ってたんですが、 周りにボーナス聞くと、どうも10万開きがあったようです。 全く同じ仕事をして。 【年収】 20代後半女性 350万 残業が多いので、計算すると、時給の良いアルバイトの方が稼げる。 残業しないと同世代と給料並ばない。 20代前半 法人営業 年収400万。 本社の営業だと1-5ランクがあり、目標を達成し続けないと ランク上がらない。 ランクあがる人間は非常に少ない。 webデザイナー年収300万。 住宅手当などがついてやっていけるレベル。 基本給は安い。 一番の勝ち組は共働きしてる奥さんだ。 給料が安いので妻帯者は辛い。 結婚を機に退職する。 この会社で養う事は出来ない。 自分が見たのは子供二人いて、建売住宅ローンで 年収320万とかです。 コールセンターなんて馬鹿でも出来る仕事。 もうその年なら 年齢行ったら解雇されやすく、解雇されたら、何のスキルアップも されてないんですが、基本馬鹿だな。 こいつ。 と思いました。 【面接】 多分、誰でも雇います。 どんな馬鹿でもぶちこめる先はありますから。 =============== トータル。 しかも本社勤めより派遣の方がいい。 とかならまだいい。 ずっといるのは得策ではない。 そもそも、こういうIT系派遣では、自分の能力ではちょっと はいれそうにないな。 という会社の端っこに潜り込み、 業務をそこそこ覚えたらとんずら転職。 トランス・コスモスもピンハネしてるんだろうし、 そこはドライにギブ&テイク。 派遣とはこういう使い方をすべき。 正社員でも出来る事を派遣社員で。 と考える会社は、 基本派遣は使い捨て。 頼めばまた新しいのを連れて来てくれる。 以上です。

次の

トランスコスモスの離職率がかなり高いですが理由はなんでしょうか?

トランス コスモス やばい

・結果が伴えば出世や昇給が望める、社内環境は部署によってまちまち 良くも悪くも普通の会社です。 特別なスキルなど必要なく、誰でもこなせる仕事です。 後は 仕事にどれだけ精を出していけるかでその後の待遇が変わってきます。 結果を出せば昇格、昇給できるし、そうでなければ何も変わらずひたすら同じことの繰り返し。 そういう意味では ある程度の根性がないと続かない仕事ではあります。 社内環境は配属される部署によりけりなので一概には言えませんが、全体的にみてもいいほうなのではないかとは思います。 女性もいますが業務や勤務時間なども変わらないので 女性差別などもないです。 残業代が出ない場合があるという不満の声が特に多く見受けられるので気になるところです。 また、 平均して月給が安いということも離職率を引き上げる理由となっているようです。 実力主義であるために出世がしにくいという、会社の評価制度に対する不満を持っている人も多くいます。 長く勤めることが重要であるというよりも、自分から進んで行動を起こさなければならない企業であると言えるでしょう。 トランス・コスモスのプラスな評判と口コミ イメージや評判は人それぞれでもありますから、悪いものがすべてではありません。 ここからは、トランス・コスモスの良い評判についてご紹介します。 【よくある良いイメージ・評判】 ・IT業界で幅広く活躍する企業、グローバルに事業展開している インターネット業界では、我々にはすっかり御馴染みの会社で、ネットを活用した広告、宣伝、販売促進、販売活動支援などのアウトソーシングサービスを行っている会社であり、企業と我々消費者間の直接的にコミュニケーションをサポートする会社です。 他にも、企業内において 多種のシステム導入や又、新製品開発の設計業務サポート、システム開発派遣サービスといった幅広い領域で事業を展開しています。 拠点は大阪に本部を置き、海外ではアジアを中心とした中国、韓国、シンガポール、タイ、それにアメリカ、ヨーロッパ各国に多数の拠点を持つグローバル企業であり、世界の地域別のビジネス・アウトソーシングとしてアジア、太平洋および日本国内でも評価が高い企業です。 ・綺麗なオフィスとていねいな対応が特徴、社内の雰囲気はとても良い 実際に働いたことはないのですが、面接を受けに行きました。 オフィスの雰囲気やロッカールームの使い勝手は良さそうでしたよ。 こちらの質問にも的確な返答をいただきました。 夫の転勤に伴う引越しのたびに派遣会社に登録しなおし、今までに7,8社の面接を受けてきましたが、担当者の雰囲気は良いほうではないでしょうか。 選挙に関するコールセンターの臨時募集だったのですが、 仕事内容の説明も分かりやすく好感が持てました。 たまたま希望する日時とうまく合致しなかったので、その時の仕事は請けられなかったのですが、後日他の仕事に関しても連絡をていねいにいただきました。 他の派遣会社での仕事が決まっていなかったら考えたかも知れません。 面接の時に垣間見える社内の雰囲気というものは、結構シビアに見ている気はするのですが、作った感じはなかったです。 たまに何これ?って思う会社ってありますものね。 IT業界では大手企業として名が通っています。 社風は穏やかであり、働きやすいと感じている人が多いのが特徴的です。 しかし、悪い評判の中には、職場の人間関係をあげる方もいたことを考えると、やはり合う合わないは人それぞれなため、仕方がないのかもしれませんね。 企業としての実績も十分ありますし、今後に期待が持てると考えている人が多いのが現状といえます。 また、 しっかりとした研修を受けることも可能で、経験を積めばキャリアアップにもつながるため、実力主義な人にはおすすめできる環境です。 全年代 実績 求人エリア 求人件数 全年代対応の人材業界最大級の求人数を誇る、大手人材紹介会社です。 リクルートエージェントでは、定期的にキャリアアドバイザーに対して研修や勉強会を実施していて、エージェントの質も高いのが特徴です。 トランス・コスモスってどんな会社? トランス・コスモスは IT関連に特化したサービスの提供、Webマーケティングやカスタマーサポートを行っています。 その業務内容は多岐に渡り、例として挙げられるのが、コールセンターの運営や企業のマーケティング活動です。 取引先企業に対してECワンストップサービスを提供したり、ビッグデータを活用したりするためにコンサルタントやデータサイエンティストが活躍するのもトランス・コスモスの事業内容に含まれます。 また、事業活動は国内だけにとどまらず、海外にも広まっています。 アジアはもちろんのこと、北米でも活躍しているグローバルな企業です。 業務を通じてスキルを身につけられることも望めますし、キャリアアップとスキルアップのための社内研修制度がそれぞれ用意されており、合計384講座もあります。 また、福利厚生がしっかりしており、育休取得後の復職率が96%、年間休日が121日というデータがあるので安心して働くことができます。 企業の先行きとしては、常に売上を上げ続けており、1989年に店頭公開した後に順調に売上を伸ばし、上場しました。 現在も右肩上がりに成長を続けているため、将来に期待が持てるでしょう。 30~50代 履歴書対策 求人数 高収入求人 ていねいかつ質の高いサポートに定評があるJACリクルートメント。 年収600万円以上のミドル・ハイクラス層におすすめ。 海外にも拠点があり外資系にバツグンに強い!そのため、外資系企業で働きたい人・海外で働きたい人は利用必須! トランス・コスモス正社員の平均年収 ここでは、学歴別、役職、年齢別の年収をご紹介します。 まずは、年齢別の年収です。 年齢 歳 年収 推定 20~24 300万円 25~29 340万円 30~34 400万円 35~39 440万円 40~44 490万円 45~49 540万円 50~54 570万円 55~59 560万円 60~64 430万円 65~69 420万円 続いて、学歴別の年収です。 学歴 年収 大卒 458万円 専門卒・短大卒 351万円 高卒 330万円 続いて、役職別の年収です。 役職 年収 部長 847万円 課長 676万円 係長 503万円 正社員の平均年収はおよそ458万円というデータもあるため、もちろん管理職になれば年収が増えていくということは表からも読み取れます。 上場企業での年収偏差値はおよそ44であり、 給与が極端に低すぎるというわけではありません。 かといって高給であるというわけではないので、その点に強い期待を抱いて転職をしようと考えるのはあまりおすすめできないでしょう。 トランス・コスモスへの転職を考えるなら トランス・コスモスを転職先として考えるときは、その業務内容や社内の雰囲気、実情をより深く知っておいた方が後悔のない転職活動ができます。 そのためには、 実際に採用担当者とつながりをもっている転職エージェントを利用するのがおすすめです。 転職エージェントなら、履歴書や職務経歴書の添削から、面接対策も行ってもらえるので、利用することで採用されやすくなります。 自分ひとりで行う転職活動だけではわからない情報はたくさんありますから、「 入社してからこんな会社だとは知らなかった」「 思っていた職場ではなく、転職は失敗だった…」ということにならないためにも、事前にあらかじめ転職エージェントの力を借りて十分に企業分析をしておくことをおすすめします。 doda:企業とのつながりで条件交渉をしてくれる dodaはスカウトの多さに定評があります。 300社以上との企業と提携をしており、スカウトされて採用されるということも珍しくはありません。 また、企業とのつながりが深いため、多くの転職情報を持っていることが特徴的です。 転職後のアフターフォローをしてくれますし、 もし不安なことなどがあればすぐに相談できる環境を整えてくれているのがdodaの人気の秘訣でしょう。 なお、アフターフォローは、転職後1年間担当してくれたキャリアアドバイザーから受けることができます。 転職先での待遇などについて、話したいことがあれば詳しく話してみましょう。 【公式サイト】 リクルートエージェント:豊富な求人数で転職の幅が広がる リクルートエージェントはが多数あるため、登録することによって転職先の可能性が広がっていくことが何よりもの強みです。 特に 営業職やIT系エンジニア職などの派遣の求人情報が多く、職種から仕事を探したいという人にとっては利用しやすい転職エージェントです。 また、親身になって話を聞いてくれるキャリアアドバイザーが最適な道を一緒に考え、導き出してくれるため転職活動を全力でサポートしてくれます。 さらには、すぐに派遣先を紹介してもらえるなど、転職活動を早く終えたいと考えている人にとっては非常にうってつけであると言える転職エージェントです。 リクナビネクストでは、 主にエンジニアなどの職種に力を入れて求人を取り扱っているので、自分の希望にマッチする企業が見つかるでしょう。 週に2回求人情報が更新されるので、それをチェックするのを忘れないようにして、情報の波に乗り遅れないようにしてください。 人気企業は競争率が高くなってしまいますが、その分豊富な求人情報が掲載されていますから、契約社員を目指すのであれば、登録は必須です。 【公式サイト】• IT関連に特化したサービスの提供• 国内だけではなく、 アジア・北米でも活躍• 配属によって 働きやすさはバラバラ• 実力や頑張りが認められる• 」という方のために、各転職サイトや転職エージェントの特徴やポイントをご紹介します。 転職サイトや転職エージェントはそれぞれ特徴が異なります。 あなたにふさわしい会社を選んで、後悔しない転職をしましょう。 転職成功実績NO. 業界最大手なので企業とのパイプが強い• 非公開求人数約10万件• 業界・職種に対する専門的な知識をもった実績豊富なキャリア アドバイザーのサポートを受けられます。 転職者満足度No. 日本最大級の求人数• 大手・外資・ベンチャーなど求人の種類が豊富• 人事担当者、現場の責任者の強い関係性 21~29歳で大卒の人がメインターゲット。 年収診断やキャリアタイプ診断などの役立つコンテンツが豊富です。 転職のサポート期間が無期限!!• 20代・第二新卒の転職に強い• 約8割が非公開求人!マイナビ独占求人も多数あり• 書類応募、面接日程の調整や条件交渉もマイナビエージェントが代行 転職がはじめての人でも、 丁寧に業界情報や面接対策を無料で教えてくれます。 外資系企業や海外進出企業に強い• 業界・職種に精通した約550名のコンサルタントがサポート• 国内大手、外資系、海外進出企業の厳選求人多数• キャリアやスキルを把握し企業に採用提案!求人を創出 35~45歳の専門職・管理職・海外事業経験者に特化。 いわゆる「 ハイキャリア層(年収600万円以上)」に向けた特有のノウハウを持っています。 20代・第二新卒など若年層に特化• 離職中・職歴なしでもOK• 就活アドバイザーがマンツーマンで対応• 豊富なサービスはすべて無料!• 学歴や職務経験等、キャリアに自信が持てないという方向け 未経験分野へのチャレンジや フリーターから正社員になりたいと考えている方におすすめです。

次の