引っ越し 金額 相場。 引っ越し祝いを兄弟、姉妹に贈るときの金額予算とは?現金や商品券を贈るの大丈夫?

【単身・一人暮らし】引越し料金相場&費用ガイド|引越しの料金相場・費用のことならズバット 引越し

引っ越し 金額 相場

引越しの金額、気になりますね。 相場をご存知ですか? 通常期の 近距離引越しなら、1人暮らしで3万円、カップルで4万円、ファミリーで6万円が平均です。 しかも3月前後の繁忙期になると、引越しの金額はこの倍になるのです。 少しでも安い引越し業者を探したいなら、引越し業者一括見積もりをしましょう。 1回の情報入力で複数の引越し業者からの見積もりを取ることが出来ます。 相場はもちろん、最安値も一目瞭然です。 ただ、安い業者ほどどんどん予定が埋まっていきますので、契約を先送りするほどに金額が高くなります。 引越し先の住所が決まったらすぐに一括見積もりを取りましょう。 引越し業者が決まったら、いらないものをどんどん処分しておきましょう。 普通のゴミに出す、誰かにあげる、売りに出すなど荷物を処分するにも時間がかかります。 新居に持って行ってゆっくり分別したいところですが、いらないものを運ぶ費用も上乗せされます。 引越しの金額を安くしたいなら、分別は引越し前に終わらせておきましょう。

次の

お盆の期間に引っ越しはできる?金額相場は?注意点も解説します!|終活ねっとのお坊さん

引っ越し 金額 相場

引っ越し祝いの相場とは? 「引越し祝い」の相場はどれくらいでしょうか? 一般的には以下のように言われています。 <新築祝いの場合> 兄弟・姉妹 10,000~10万円程度 親戚の場合 30,000~50,000円程度 友人・同僚 5,000~10,000円程度 上司・部下 5,000~10,000円程度 ひとくくりに扱われることが多い「引越し祝い」ですが、厳密に言うと転居の理由によって「新築祝い」「新居祝い」「餞別」などの分類があります。 なかなか、難しいですね。 おもなものとしては、新しく家を建てたり新築マンションを購入したりした場合は「新築祝い」です。 中古マンションを購入した場合は「新居祝い」、近所の人の引越しの際は「餞別」となります。 <のし紙の種類> 「のし」は、水引が蝶結びのご祝儀袋・のし紙を使用しましょう。 蝶結びの水引は、「何度あってもよい祝いごと」の際に使われます。 <表書き>• 新築祝い:御新築祝、御新築御祝、祝御新築、御祝• 新居祝い:御新居祝、御新居御祝、御祝• 品物を贈る場合は、新居で利用するインテリア、キッチン家電、消耗品(お酒・お菓子)などを選ぶことが多いようですが、最近では相手に選んでもらえるよう、カタログギフトを利用するという方が増えています。 カタログギフトは、カタログを見て選ぶ楽しさ、自分の欲しいものが手に入る喜びなどで、人気があります。 新居に合わないインテリア製品などは、せっかくの行為がムダになりますからね。 引っ越しの祝いの相場は?兄弟の場合 兄弟(姉妹)の場合は1万円~10万円ぐらいが相場になります。 兄弟、姉妹は3万円~5万円を贈られる方が全国的に多いようです。 親しい兄弟(姉妹)なら好みもわかっていますし、プレゼントもいいですね。 直接、欲しいものを聞いてもOKです。 引っ越し祝いの相場は? 親の場合 子どもが親に新築祝いを贈る場合と、親が子供に新築祝いを贈る場合があります。 両親に新築祝いを贈る場合は、親だから新築祝いは必要ないという意見もありますし、これまでの感謝の意を込めて100,000円程度の高額を贈る場合もあるようです。 ほかの兄弟と合同で新築祝いを贈ることもあります。 その場合、相場よりもやや多めの額になるよう調整しますが、お返しで気を遣わせてしまわないように、あまりにも高額にならないようにするのもマナーです。 親から子に対する新築祝いは5~10万が相場になります。 ただし、実家の両親からのお祝いと、義理の両親からのお祝いとを比較するべきではありませんが、あまり格差があるとどちらかのご両親の立場がなくなりますよね。 相場からかけ離れると、マズイです。 なかには、子供への新築祝いとして、100万円から1000万円台という、破格のお祝いをされる方もおられます。 せっかくのお祝い事なので、双方の気持ちを汲んで、上手に対処する必要が出てきますね。 もし、お嫁さんのご実家からいただいた金額が大きい場合は、お嫁さんの「へそくり」として大事に置いてくのもいいですよ。 ご主人のご実家からいただいた場合も、やはり将来を見据えて、奥様が大事に保管(貯金)しておいてください。 引っ越し祝いの相場は? 友達の場合 地域や間柄によって異なりますが、現金を贈る場合は、同僚や友人であれば5,000~10,000円が相場になります。 ママ友なら、3000円くらいでOKなのではないでしょうか。 お友達同士で一緒にお祝いしてあげるのもいいですね。 <現金> 引っ越しは何かとお金がかかります。 現金は意外と引っ越しのお祝いに喜ばれます。 <商品券> さすがに現金は贈りづらいという方に商品券はおすすめです。 贈られた方も必要な物を買う事ができますしね。 <カタログギフト> 何を贈ればいいのか悩むときにはカタログギフトが便利ですし、相手方にも喜ばれます。 気に入るものを選ぶ楽しさもいいものです。 引っ越し祝いの相場 まとめ 引っ越しは大変な出来事(作業)ですが、新築一戸建てや新築マンションに移られる場合は、誰でも気分は上々、幸せいっぱいです。 新築祝いを持っていき、精一杯お祝いをしてあげてください。 しかし、身の程をわきまえた相場というものがあります。 無理をし過ぎない程度でいいのですが、失礼にならないような心配りも必要ですね。 引越しの関連記事.

次の

引っ越し祝い相場!【友達・親・兄弟・親戚・部下・上司】金額相場。

引っ越し 金額 相場

「餞別(せんべつ)」とは、遠くに離れていく人に対するお別れのしるしとして金品を贈ることです。 日本には昔から餞別という習慣があります。 常識知らずと言われないために「基本的な餞別のマナー」を確認しましょう。 お金と品物、どちらでもOK 餞別は、お世話になった方が、引越しや転勤などによって遠くへ行くとき「別れのしるし」として金品を渡すというものです。 それには、これまでの労力へのねぎらいや相手への感謝、激励、そして今後の幸せを願う気持ちなどが込められています。 相手に贈るものは、お金と品物のどちらでも構いません。 お好きな商品を選んでいただけるカタログギフトや商品券も良いですね。 品物を贈るときは、年齢・性別・好みなどを考慮して相手が喜ぶものを選びましょう。 お金の場合は、相手との関係性や付き合いの長さに応じた「金額相場」(後述)があるので、その範囲内で渡すのが理想です。 あまりにも高額な餞別は相手に気を使わせてしまいますし、少なすぎても相手に失礼です。 なお、引越しをする人に対し、餞別は必ず渡さなければいけない、ということはありません。 その人に対する気持ちをメッセージとして贈るだけでも貴方の気持ちは伝わります。 とはいえ、その気持ちを金品に添えて贈る配慮は素敵なことですね。 次に、具体的にどのようなことに注意すればいいのかをみてまいりましょう。 火事を連想させるものはNG 日本人は昔から物を贈るとき「縁起の良し悪し」を気にします。 引越しの餞別として、キャンドル・お香など、「家の火事を連想させるもの」を贈るのは控えたほうが良いとされています。 また、ライターや灰皿、コンロやストーブなどは、新築祝いやお引越し祝いを含め、同様のことが言われていますね。 それに伴い、火の色である「赤色のもの」も、細かいようですが気になさる方もいらっしゃるかもしれない、という観点から避けたほうが無難。 また、「スリッパ」や「玄関マット」などは引越し後の新しい住まいへの贈り物としては適したもののように思えますが、「踏みつける」というイメージがあるため、目上の人への贈り物としては控えるほうが良いと言われています。 しかし、これらは、あくまでも以前より言われている説であり、マナーとは、こうしなければいけないというルールではありません。 マナーとは、相手の立場にたって、相手が不快にならないこと、喜んでもらえる言動を行うことです。 したがって、例えば、親しい相手への餞別の品物を選ぶときに、相手がお香好きであったり、実用的なスリッパをリクエストすれば、それに応じることが本来のマナーとなります。 餞別に現金を渡す際は、おおよその金額相場を参考にしてみましょう。 多すぎず少なすぎず、相手との関係性に見合った金額に決めることが大切です。 上司の場合 会社の上司への餞別は、転勤に伴う引越しのときに行うことが一般的です。 したがって、このような場合は、引越しよりも、栄転などのお祝いの意味が強くなります。 金額は、相手の負担にならない程度とし、 個人で贈る場合は5000~1万円が相場です。 もう少しプラスしたいと思う場合は、上質なタオルなどと一緒にお渡ししても重宝されます。 また、 社内の人たちと一緒に贈る場合は、1万〜3万円が相場といわれています。 のし袋の表書きには、「餞別」ではなく「おはなむけ」と書きます。 また、「御栄転祝い」などにする方も多くなりました。 また、目上の方に対し「現金を渡すのは失礼」と考える人も少なくありません。 現金の代わりに「商品券」やプリペイドカードなどを渡すのも一案です。 基本的に餞別には「返礼(お返し)」がありません。 高額な現金や高級品を贈ると相手に気を遣わせてしまう可能性があります。 上司だからといって必要以上に高価なものを贈る必要はありません。 同僚、知人、友達の場合 同僚・知人・友人の場合は、 3000~5000円程度でよろしいかと思います。 関係性などに応じて、1万円でも問題はありません。 贈り物の基本は、相手に対する気持ちですから、いくらでないといけない、などの決まりはありません。 無理のない範囲で、その人との関係性や気持ちに応じて贈りましょう。 部署内や友人同士のグループで渡すときは、前もって一人当たりの金額を決めておくとスムーズですね。 それぞれが数千円ずつ出し合い贈ります。 個人的に気持ちを伝えたいときは、別途、品物とお手紙を添えてお渡しすると相手は感動することでしょう。 家族、親戚の場合 家族や自分と親しい関係にある親戚の場合は、その家族の考え方に応じることがマナーとなります。 一般的には、相手との関係性に応じて、 1万~5万円が相場です。 人によっては、子どもや孫には7万〜10万円を包む人もいます。 新居へ引越す場合は、餞別ではなく「引越し御祝」や「新築御祝い」として渡すと前途を祝す気持ちもいっそう加味され、分かりやすくてよいですね。 兄弟姉妹や両親、幼い頃からよく面倒を見てもらった親戚など、自分と関係が深い人ほど多めに包む傾向にあります。 逆に、年に1回も会わないような遠い親戚に対しては高額な現金を包む必要はありません。 ただし、過去、自分の引越しのときに、心遣いをいただいている場合は、同等の金額を包む配慮はしたいものですね。 また、こちらも、兄弟姉妹間や親戚の間で、事前に足並みをそろえる金額を話し合うとのちにトラブルが起きることはないでしょう。 ママ友、子どもの友達 親友と言えるほどでもない「ママ友」の場合、餞別をするか否かで悩む人も多いようです。 ママ友のグループ内で、1人だけが餞別や贈り物を渡すと周りが気にしてしまいます。 このような場合も、みんなで話し合ってそれぞれが同一の金額を負担し、一つの品物を一緒に渡すのがトラブルなくベターです。 ママ友への 相場は3000~1万円が目安で、複数人で一緒に渡す場合はその人数にもよりますが、 1人当たり500円程度~と見込んでおきましょう。 また、近所の遊び友達やクラスメイトなど「子ども同士で餞別をしたい」というときは、現金よりも文房具や雑貨などの「プチギフト」を贈るのが良いでしょう。 お祝いで現金を渡すときは封筒には、「のし」を付けるか、のしが印刷された「のし袋」に入れるのが一般的です。 しかし、引越しの餞別の場合は「のし」はあってもなくてもどちらでも構いません。 のしを付けない場合は「白い封筒」を、のしを付ける場合は「紅白蝶結び」の水引を選びます。 市販されている餞別用の封筒を使ってもよいでしょう。 表書きは「御餞別」「おはなむけ」などとし、その下には「贈り主の名前」や「グループ名(〇〇一同)」などを記載します。 会社名で贈るときには、会社名のみを書いたり、社名とか役職、代表の名前を書きます。 このときは、中央に、名前よりも少し小さめの文字で役職を書き、その下にフルネームを。 その右となりに名前よりも少し小さめに社名を書きます。 目上の人に贈る場合は注意して 前述した通り、引越しに伴う目上の人へののし袋には、「餞別」ではなく「おはなむけ」または「御礼」「ご栄転御祝」「定年御祝い」などと書く点に注意しましょう。 ちなみに、自分の部下や目下の後輩に対しては、「心ばかりの贈り物」を意味する「寸志(すんし)」が用いられることがあります。 一方、目下の人が目上の人に「寸志」を使用するのは失礼にあたりますので、使用しないように気をつけましょう。 餞別にはメッセージを添えてみましょう。 贈り手の気持ちがよりストレートに伝わり相手も笑顔になります。 一方で、新たな門出や引越しに使うべきではないNG表現もあることを覚えておきましょう。 短い文に気持ちを込めて 転勤や引越しで相手が遠くに行く場合、これまでの感謝の気持ちや新たな生活を応援する内容を入れると喜ばれます。 別れの寂しさもありますが、明るく希望に満ちた文面になるように表現を工夫しましょう。 引越しの直前は何かと忙しくなりがちで、相手は慌ただしい毎日を送っているかもしれません。 だらだらと長い文章は読む相手の時間をとったり、疲れさせる可能性があるので、シンプルで短い文に気持ちを込めるように意識してみましょう。 縁起の悪い表現はタブー 場にふさわしくない縁起の悪い言葉を「忌み言葉」と言います。 メッセージを添えるときは、言葉の選び方には十分に注意しなければなりません。 例えば、引越し祝いや新築祝いなどでは、「燃える」「焼ける」「焦げる」「火」「炎」「煙」などは火事を連想させるのでNGです。 また、家の崩壊をイメージさせる「傾く」「崩れる」「閉まる」「閉じる」「腐る」なども使わないようにしましょう。 そのほか、「死」「終わる」「失う」「落ちる」も、餞別のメッセージにはふさわしくありません。 餞別の定番は「お金」ですが、現金を贈るのがためらわれる相手には心のこもった品物を贈るのが良いでしょう。 プレゼントは、相手が喜び、かつ金額相場の範囲内の品物が理想です。 好きなものが選べる、カタログギフト 相手を思い贈る品物は相手に喜んでいただきたいもの。 相手の好みやライフスタイルを無視したものや、自分の好みの押し付けは、迷惑になってしまうこともあるかもしれません。 相手の好みが分からない場合は、好きなものが選べる「カタログギフト」を贈ってみてはいかがでしょうか。 「カタログギフト」は、贈られた人が好きな物を選んで注文できるシステムで、贈り主は、3000円・5000円・1万円というように予算が決められます。 選べるギフトの内容は多岐にわたり、日用品やアクセサリーもあれば、グルメや温泉などの体験型もあるのが特徴です。 贈る相手を選ばない、洗剤 雑貨類やインテリア小物はそれぞれの好みがあるため、親しい間柄でなければ分からないこともありますね。 そこで、もらって困る人が少ないのは、洗剤などの「日用品」です。 贈られる側としても、「実用的なほうが助かる」というお声も多くあります。 ひと口に洗剤といっても洗濯用や食器用があります。 おすすめは、食器用洗剤です。 多種多様な洗剤の詰め合わせは、液体や粉末などの好みもありますし、食器洗浄器用を贈られても自宅にその設備がなければ使用できません。 誰もが使用できるものを選んでおくりましょう。 ちょっと贅沢に、入浴剤 また、全国の温泉地詰め合わせの入浴剤もおすすめです。 個装されているものであれば、かさばらず、軽量でもあるため、出発時に一袋だけでも持っていくことも可能です。 こちらは贅沢品の一種ですので、自分でわざわざ購入しない傾向があります。 そういうものを贈られると嬉しい人が多いはず。 お風呂につかり引越しの疲れを癒やしてもらえる品物でもあります。 道中にも楽しんでもらえる、お菓子の詰め合わせ お菓子も好みはありますが、さまざまな味のバリエーションが楽しめる「お菓子の詰め合わせ」などはいかがでしょうか。 お引越しの移動中、車、新幹線や飛行機などの中で食べてもらえるよう、個装されているものだと便利ですね。 また、お子様がいらっしゃれば、お子様が喜ぶパッケージや、デザインものを選べば道中も家族で楽しい移動のひとときとなることでしょう。 注意すべき点は、極力、添加物がないものを選ぶことです。 近年、お子様のアレルギーなどの体質や健康を考え、お菓子を食べさせない親御さんも増えています。 米粉でつくられているクッキーなどもありますので、チェックしてみましょう。 また、賞味期限の短いお菓子の詰め合わせを一人暮らしの相手に贈ると食べきれない可能性があります。 何をどのくらい贈るかは相手の状況なども考えて判断しましょう。 何枚合っても困らない、タオルセット 何枚あっても困らない日用品の代表格といえば『タオル」です。 タオルは100均やスーパーでも購入できるごく身近なものです。 そこで、贈り物にするならワンランク上の上質な高級タオルを選ぶと新たな住まいですぐに使えて喜ばれることでしょう。

次の