ツイッター 動画 画質。 Twitterの動画を高画質で保存するツール

【twitter】動画投稿の形式・時間・サイズ・画質はどれほど?

ツイッター 動画 画質

違法にアップロードされた動画はダウンロードしないでください。 当サービスはあくまで個人で使用する範囲でご利用ください。 iPhoneでTwitterの動画を保存する場合 1. 保存したい動画があるツイートのページで「ツイートを共有」を選択。 「リンクをコピー」をタップ。 このページのフォームにコピーしたリンクをペーストして動画を抽出。 最新iOSの場合は直接長押しからダウンロードを選択して保存できます。 AndroidでTwitterの動画を保存する場合 1. 保存したい動画があるツイートのページで「リンクをコピー」を選択。 このページのフォームにコピーしたリンクをペーストして動画を抽出。 表示された動画を再生して右下の「ダウンロード」を押して保存、または動画リンク URL を長押しして保存。 PCでTwitterの動画を保存する場合 1. 保存したい動画があるツイートのページでブラウザのURLを確認してコピー。 このページのフォームにコピーしたリンクをペーストして動画を抽出。 表示された動画を再生して右下の「ダウンロード」を押して保存、または動画リンク URL を右クリックして「名前をつけて保存」などを選択して保存。

次の

Twitter、高画質JPEG画像をほぼ劣化させず表示するように 長辺4096ピクセル・5MBまで

ツイッター 動画 画質

動画形式:. MOV or. MP4• 映像コーデック:H. 264• 音声コーデック:AAC(LC)• ファイルサイズ:512MBまで• 長さ:2分20秒まで• 最小解像度: 32 x 32• 最大解像度: 1920 x 1200 および1200 x 1900• 縦横比: 1:2. 39~2. 39:1の範囲 両方の値を含む• 最大フレームレート: 40fps• 最大ビットレート:25Mbps 引用: 目的別 iPhone・Androidなどのスマホで撮影した動画を投稿したい人 今時のスマホは、Twitterの動画フォーマット・コーデックに則したものとなっているので、 何も加工なしにそのまま投稿すればOKです。 PC等で動画編集した動画を投稿したい人 基本的に、何も考えず高画質で出力してしまえばOKです。 AviUtlでツイッター用の動画を出力する方法 このサイトの主題でもあるAviUtlで出力する方法について紹介したいと思います。 AviUtlで、この条件に当てはまる動画を出力するには、「x264guiEx」を使用します。 参考: まず、動画を読み込んで、 2分20秒までだけ「選択範囲」を設定します。 参考: その他のエンコソフト MP4(H. 264、AAC)でエンコ出来ればどんなソフトでもOKです。 ニコニコユーザーに定評のある「」などでも問題ありません。 参考: その他補足 色の劣化について(画質の劣化) MMD関連で、「 投稿した動画の色が劣化する!」みたいな人が多いみたいですが、 H. 264の色空間はYV12(YUV420)なので、ほとんどの場合劣化してしまいます。 (防ぎようがありません) また、MMD動画を作っている人は、(RGB)で動画を出力してる人が多い(?)と思いますが、RGBの場合は特に色の劣化が激しくなります。 RGB動画の場合は、などのフィルタを使用してエンコすれば、(多少)色の劣化をマシに出来ます。 参考: 追記:アップ出来る仕様の検証 以下のページにて、ツイッターへ投稿出来る動画について検証されています。 参考: 追記(2018年8月): 今現在のツイッターの仕様とは異なっている可能性があります。 映像コーデック: H. 264 Main-L3. 音声コーデック:AAC-LC• 映像ビットレート: 2Mbps以内くらい• 音声ビットレート: 128kbps まで強制的に落とされるみたいです。 (私が試した限りですが).

次の

Twitterで動画を高画質で綺麗に投稿する方法は?

ツイッター 動画 画質

Twitterに投稿した動画の画質が下がる理由 高画質な動画を撮影してTwitterにアップロードしても、極端に画質が下がってしまって見るに堪えない状況に追いやられてしまうことがあります。 そもそも何故Twitterの動画が劣化するのかと言えば、サーバーにかかる負担を減らすことが目的と考えるのが自然でしょう。 高画質なデータはTwitterにとって大きな負担になってしまうので、投稿する際に意図的に画質を下げて対応し、その結果として元の画質からは程遠い動画になってしまいます。 動画の画質を下げない方法がある しかし、Twitterには高画質なままで動画を投稿しているユーザーが実在することも事実です。 ほんの少しの手間と工夫を施すだけで、動画の画質を劇的に改善させることができるので、その方法を詳しく見ていきましょう。 第一にできる対策となるのが、アプリを使って動画を編集してからTwitterに投稿するという方法です。 再生時間が長くなればなるほど容量も上がり、低画質へと圧縮されてしまいますから、不必要な部分はできるだけカットして対応してみましょう。 また、ビットレートをTwitterと同じ基準の2000kbps程度にまで落としてアップロードすると、元の画質と投稿後の画質が見劣りしなくなります。 YouTubeにアップロードした動画を投稿する 先に紹介したような正攻法では限界がありますが、に一度動画を投稿し、そのURLをTwitterに貼り付けるという方法で画質の低下を抑えることができます。 YouTubeには4Kの動画も投稿できますから、伝えたい画質や時間の制限なしで、好きなだけ動画をアップロードすることが可能です。 投稿した動画のリンクを取得してTwitterに貼れば、フォロワーに向けて高画質なままの動画を公開することが叶います。 転載する方法は簡単で、YouTubeの動画ページから【共有】タブをクリックし、【Twitter】を選んで、添えたいメッセージを追加した上で投稿すれば完了します。 YouTubeを経由して投稿した動画は、Twitter上でそのまま視聴できるので、直接投稿した動画と同じように見られることもメリットと言えるでしょう。 もう一つの便利なツールがGoogle Drive YouTubeと同じように活用できるもう一つのツールがです。 こちらにも撮影時の画質をそのまま維持した動画をアップロードすることが可能であり、そのリンクをTwitterで共有することで高画質な動画が見られます。 YouTubeの投稿には慣れていないという方でも、ストレージサービスであるGoogle Driveなら簡単な操作で高画質な動画を投稿できるようになります。 自分にとって使いやすい方法を選びながら投稿のテストを行い、映像を通じてフォロワーと感動を共にしましょう。

次の