フリーター 定義。 フリーターの末路実話あるある15選!男性・女性・高齢・30代40代で違う?

フリーランスとフリーターの違いは?生活を安定させるためのアイデアも

フリーター 定義

今となっては当たり前のように使われている「 フリーター」という言葉。 突然ですが、皆さんはその定義を答えられますか。 フリーターの定義 厚生労働省のデータによると定義は以下のようになります。 「フリーター」とは 「15~34歳の男性又は未婚の女性(学生を除く)で、パート・アルバイトして働く者又はこれを希望する者」のことをいいます。 <参照:> 女性だけ未婚が強調されているのがちょっと気にかかりますが、若年〜中年層までのアルバイトはフリーターということになります。 35歳を超えたらフリーターではないなんて知りませんでした。 もっとも今のところ明確な定義はないでしょうから「中年フリーター」なんて言葉はよく耳にしますよね。 ですからもしかしたら今後は何歳だろうと、フリーターと定義される日が来るかもしません。 3種類のフリーター さらに フリーターには3種類もの型があります。 フリーターを決して一括りにはできないということですね。 その特徴をちょっと見ていきましょう。 モラトリアム型 まず職業が見つかるまでフリーターでいる「モラトリアム型」というものがあります。 一つ言わせてもらうと、この型は単なる怠慢です。 さっさと就職活動を行い、フリーターを卒業しましょう。 歳はあっという間に取ります。 気がついたら、手遅れだったなんてことにならないように... いつまでもモラトリアムでいるわけにはいきません。 やむを得ず型 正規雇用を志向しながらそれが得られない「やむを得ず型」 おそらく就職できない大変な事情があるのでしょう。 しかし社会は残酷です。 なぜなら事情は言い訳にならないから。 どんな事情があるにせよ、結果がすべての実社会。 正規雇用を目指すなら目指すだけではいけません。 確実に結果を出し、正規雇用を獲得しましょう。 目指すことなら誰でもできます。 正規雇用を獲得するのに何が必要か考える必要があるでしょう。 夢追求型 最後が明確な目標を持った上で生活の糧を得るための「夢追求型」 確かに明確な目標を持つことは素晴らしいことです。 しかし、それは本当に会社員でもできないことなのでしょうか。 よく夢のためにアルバイトをいくつも掛け持ちしているなんて人を見かけますが、そこまでするなら会社員で活動している方がいいのではないでしょうか。 また日本には厚切りジェイソンという芸人の例もあります。 彼はアメリカ出身のIT企業役員でありながらR-1グランプリ常連という異例の経歴を持つ人物です。 「正社員なんかやっていたら夢が叶わない」 そんなことを誰が決めたのでしょうか。 また他の人と同じ成功ルートを辿ったところで夢が叶う保証なんて何もないのです。 私もそうでしたが、夢があるから定職につかないというのは本当は建前で、実際は社会に出たくないだけでしょう。 週末起業で成功した経営者なんて山ほどいます。 今の雇用形態が本当に自分にとってベストか今一度考えなおしてみてください。

次の

フリーターの定義!3種類の特徴毎にモノ申す!

フリーター 定義

フリーターの定義 そもそもフリーターって何なの? 定義とかあるの? というところから始まるわけですが、「フリーターの定義」というのは 実は結構あいまいです。 というのも例えば正社員や派遣社員という雇用形態は法律で定められたルールがあるのですが、フリーターには法律上で定められた定義はありません。 そのためフリーターの明確な定義と呼べるものは存在しませんが、現時点では厚生労働省が分析する際に定めている以下の定義が定着しているようです。 1.年齢は15~34歳と限定 2.現在就業している者については勤め先における呼称が「アルバイト」又は「パート」である雇用者で、男性については継続就業年数が1~5年未満の者、女性については未婚で仕事を主にしている者 3.現在無業の者については家事も通学もしておらず「アルバイト・パート」の仕事を希望する者 より引用 つまり 15~34歳の人のうち、 主に雇用形態が「アルバイト」「パート」である雇用者及びそれを希望する人 というのが総務省が定める定義であるようです。 このうち学生や女性の既婚者は除外されるようです。 この定義は現在も使われていて、ネット上でよく見る統計データなどでもおおよそこれが基準となって数値化していると思われます。 【ポイント1】 35歳以上はフリーターではない ここで注目したいのはやはり年齢ですよね。 フリーターは現在でも「34歳まで」とされており、 35歳以上はパートやバイトの人でもフリーターに該当しません。 フリーターという言葉そのものが「若年層(若者)」を指す言葉なのでこのように定義されているんですよね。 近年フリーターは減少傾向にありますが、そもそも若年層の人口が減少しているため、フリーターの割合が変わっていなくても全体的なフリーター人口は減少傾向にあるというデータのマジックが起きています。 【ポイント2】 フリーターはバイト、パートのみ 2つ目のポイントはフリーターと定義される人の雇用形態はバイトやパートのみに限られるというところです。 これはすなわち、• 準社員• 契約社員• 派遣社員• 期間工 などの非正規雇用者(正社員以外の働き方の人)はフリーターから除外されていることになります。 契約期間に定めのあるこれらの働き方はバイトやパートとあまり変わらない立場にありますが、それでも「定職に就いていないフリーターとは違う」とされているようです。 単発、短期アルバイトもフリーター 例えば1日限りのバイトや期間限定のバイト(リゾートバイトなど)をしている人もフリーターと定義されるようです。 働いていない期間の長さに明確な定義がされていないため、月に1日バイトするだけの人も無職やニートとはならず、フリーターとなるようです。 特に期間の定義はないようですが、やはり数ヶ月全く働いていないと「無職」「ニート」となるようです。 フリーターの人口はどれくらい? では厚生労働省が定める定義に当てはまる真のフリーター(笑)は現在日本にどれくらいいるのでしょうか? ガベージニュースがまとめた記事によると2018年のフリーター人口は、全国で143万人となっているようです。 フリーター人口の推移は2017年で152万人、2016年で154万人なので年々減少傾向にあります。 しかし問題は 「フリーターの高齢化」で、2006年頃までは15歳~24歳までの若いフリーターが多かったのですが、2007年からは25歳~34歳までの割合が増え、現在はフリーター143万人のうち82万人(約57%)が24歳以上となっているようです。 より 無職とニートについて 次に無職とニートについて解説しておきましょう。 ご存知の方も多いと思いますが、この2つはいずれも 「仕事をしていない人」を指す言葉です。 ただ、無職とニートは少しだけニュアンスが違います。 ニートの定義 まずニートからですが、ニート(NEET)は「Not in Education, Employment or Training」の頭文字を取った言葉で、 「就学・就労・職業訓練のいずれも行っていない」 に該当する人です。 ニートという言葉が生まれたのはイギリスで、日本で使われるようになったのは2003年頃のようです。 このうち日本ではフリーターと同じく15〜39歳までと厚生労働省は定義しているようです。 つまりニートもフリーターと同様、 若年層にしか使われない言葉です。 ちなみにニートは2016年まではフリーターと同じく34歳までと厚労省が定義していましたが、ニートの高齢化によって実態とかけ離れてしまっていることから2017年から39歳までが定義されるようになりました。 2000年台初頭では35歳以上のニートが問題視されるほど多くはなかったのです。 学んでいる人や仕事を探している人はニートに該当しない ニートは一般的に「働いていない人」を指すことが多いですが、厚労省の定義によると 仕事を探している人(求職者)はニートに該当しないようです。 求職者とは例えばハローワークで求人情報を見たり、職業訓練校に通っていたり、人材サービスを利用したりしている人のことで、これらを行っている人はニートに該当しません。 また学校に通っている人はもちろん、就業のために資格取得に向けて勉強している人は、たとえ独学でもニートとは呼べません。 たとえ全く仕事をしていない人であっても 「仕事をしようとしている人」はニートとは定義されないようです。 余談ですが、厚労省の定義によると女性の「家事手伝い」はフリーターもニートも対象外となるようです。 学校に行っていなくて、仕事もしていなくて両親が普通にいる家庭で皿洗いをしていれば女性に限っては「フリーターでもニートでもない」とするのは、男性視点ではかなり不思議な定義だなと感じますね。 ニートの人口は70万人以上 2018年の統計によるとニートの人口はおおよそ71万人とされているようです。 これが多いか少ないかはさておき、問題はやはり高齢化です。 ガベージニュースがまとめた記事ではニートの年齢層をそれぞれ、• 15~19歳• 20~24歳• 25~29歳• 30~34歳• 35~39歳 と分別しているようですが、このうち 最も割合が大きいのは35~39歳で、次いで30~34歳、25~29歳と年齢が若くなるにつれてニートが減少傾向にあるようです。 15~19歳:7万人• 20~24歳:14万人• 25~29歳:15万人• 30~34歳:17万人• 35~39歳:18万人 ニートの数も減少傾向にありますが、これでは単に「40歳以上の対象外の人が増えただけでは」と指摘されても仕方ないですね… 無職は働いていない人の総称でありニートとは違う 無職は文字通り働いていない人、そして学校に通っていない人を指します。 会社員• アルバイト• 自営業• 学生 以外の人。 職業欄に「何も書けない人」が無職に該当しますね。 ニートと違う点は職を探している段階の人や、学校に通わず独学で勉強をしている人も「無職」という扱いになることです。 ちなみに「主婦」は一般的に無職とは定義されません。 上述した「家事手伝い」を無職とするかは賛否両論あるようです。 ただ職業欄に「主婦」とは書けても今の時代に「家事手伝い」はかなり苦しいものがありますね。 男女平等が騒がれる昨今において女性の「家事手伝い」はありだけど男性の「家事手伝い」はなしというわけにもいきませんし、男性の「主夫」をなしとするのもどうかなと思いますから、やはり 「主婦(主夫)は無職ではない」が「家事手伝いは無職」とするのが適切かなと思ってしまいます。 フリーターとニート、無職の根本的な違い ここまで読めば「フリーター」「ニート」「無職」がそれぞれどういったものか理解できたのではないかと思います。 簡単にまとめると、• フリーター:15~34歳のアルバイト、パート• ニート:15~39歳のうち学んでもなく仕事しようともしない無職者• 無職:学生や主婦以外の無職者 と定義することができます。 フリーターとニートは若年層限定 上述した通りフリーターは15~34歳、ニートは15~39歳までに限られています。 これを見直すべきと主張する人も多いようですが、現状ではそれぞれこういった人を対象としているようです。 ニートに関しては見直しされて現在の定義となっています。 このブログは主にフリーターに向けて書いていますが、割合的には閲覧者の約20%程度が35歳以上の人になっています。 35歳を過ぎていわゆるフリーター、ニート生活をそのまま続けている人は実はかなり多いのではないでしょうか。

次の

ニートとは?35歳以上から呼び方が変わるのはなぜ?調べてみた

フリーター 定義

ニートの人数とは? 日本におけるニートの人数はどれくらいでしょうか?内閣府が平成30年6月に発表した「子供・若者白書」によると、平成27年でニートの人数は71万人だったそうです。 内閣府のこの調査では、ニートの年齢を15歳~39歳までとして調査していたので、35歳までとなるともう少し減ります。 調査の結果、15歳~29歳のニートの人数は2002年のピーク時と比べると11万人も減少していて、逆に30歳~39歳の中高年ニートに関しては、3万人増えているという結果になっています。 全体としては前のとしより6万人の数のニートが減っているということです。 この調査結果で何がわかるかというと、20代のニートであれば、年々ニートになったとしても再就職しやすくなってきているということで、逆に30歳を過ぎると、就職しにくくなってきているという事ができるでしょう。 ニートとフリーターの違いとは? ニートとフリーターの違いはご存知でしょうか?実は、フリーターの定義は、明確に決められたわけではないので、定義自体はあいまいです。 一応、厚生労働省がフリーターについて実態調査をするために、フリーターの定義付けを簡単に行いました。 フリーターの定義を以下にまとめました。 注意点として、働いていなくても、学校に通っていたり、家事手伝いをしたりしている場合は、フリーターではないということです。 ニートとフリーターの大きな違いは、働いているかいないかで区分することができます。 また、働いていない場合、働く意思がなければ「ニート」で、働く意思があれば「フリーター」と分けることができます。 ニートと無職の違いとは? では、ニートと無職の違いはどうなるでしょうか?どちらも「働いていない」という点では共通点があります。 しかし、ニートと無職の大きな違いは、「働く意思があるかどうか」です。 「働く意思がない」のであればニートで、「働く意思がある」のであれば無職という区別ができます。 ニートと引きこもりの違いとは? ニートと引きこもりも似ているようで、実は定義が違います。 厚生労働省では引きこもりの定義を「仕事や学校に通わず、あまり家からも外出せずに、家族以外の人との交流がない状態が6か月以上続いている人」がニートと定められているそうです。 ニートと引きこもりの違いは、どちらも働いていないという点では共通していますが、大きな違いは、人との交流があるかどうかです。 引きこもりに関しては働く意思があるかないかは重要ではなく、社会的に孤立していて、6か月間家に引きこもっていれば「引きこもり」となります。 ニートとは?厚生労働省の定義 まず、厚生労働省はニートについてどのように定義しているのでしょうか?厚生労働省のホームページに行ってみると、以下の説明がニートの定義ということです。 「15~34歳で、非労働力人口のうち家事も通学もしていない方」 「非労働力人口」という難しい用語が出てきました。 非労働力人口とは、15歳以上で病気や怪我などが原因で働けない人と、働ける能力があるのに働く意思がない人を合わせた人口が「非労働力人口」と呼ばれています。 つまりニートとは、病気や怪我をして働けない人も含めて、学校にも所属していない、家事などにも関わっていない15~34歳までの若い人がニートに当てはまるということです。 ここでは、「家事もしていない人」は含めないので、専業主婦や家事手伝いをしている場合は、ニートではないという事ができます。 もちろん、働く能力はありますが、働くことよりも、今やるべきことが最優先なので、働かない人もニートに入ってしまっています。 こういった人も含めて、まとめてニートと定義付けしているのは、少しおかしいと思いますが、厚生労働省の立場としては、別に差別的な意味でニートの区別をしているわけではないようです。 ニートの定義を細かくしすぎると、統計を取る時にまた問題が出てくるので、それを踏まえた上で、ニートの定義を作っているのが本音だと思います。 ニートの定義が内閣府と厚生労働省で違う!? ニートの定義について、実は、厚生労働省と内閣府で少し定義が違います。 同じ政府内なのに違いがあるのは不思議ですが、それぞれの定義を見比べてみましょう。 【厚生労働省】 15~34歳で、非労働力人口のうち家事も通学もしていない方 【内閣府】 15~34歳までで、学校に通学せず、独身で、収入を伴う仕事に就いていない方 あまり、違いがないと感じるかもしれませんが、厚生労働省と内閣府の定義に違いが3つあります。 詳しく説明すると、内閣府の定義では「家事手伝いをしている女性」もニートに含めていて、厚生労働省の定義では「家事手伝いをしている女性」をニートに含めていないという点が問題になりました。 というのも女性ニートの多くは、「現状はニートです」と恥ずかしくていえません。 国の調査とはいえ、女性のプライドもあります。 「あなたの職業は何ですか?」と聞かれたとき、「ニートです」と答えずに、「家事手伝いをしています」と上手く回答を避けたとされています。 そのため、内閣府が行ったニートの人口調査では、家事手伝いをしている人数が多くなってしまったので、ニートの人数が厚生労働省が調べたニート人数をはるかに超えてしまいました。 これは政府としても大恥もので、議員から統一してくださいと指摘されて、今では「家事手伝いをニートには含めない」と統一されているようです。 ニートの就職支援はある? 働くことが難しいニートに対して、企業側の印象はかなり悪いと言えます。 特に30歳を超えて正社員未経験だと、採用してくれる企業が激減します。 ニート経験があると、自分一人の力で就活を進めようとすると、ほとんど上手くいきません。 ニートの就職支援先としては、ジョブカフェやハローワークなども挙げられます。 ニート経験があっても20代であれば、公的な就職支援機関よりも、民間の就職エージェントを利用した方が、良い会社に就職しやすいですし、就職までのスピードも早いとされています。 ニートから優良企業の正社員として就職成功率が最も高いのは「就職Shop」を利用することです。 ニートの就職支援施設の中でも一番求人の質がいいです。 しかし、30代になると就職エージェントでは年齢制限が29歳までとするところが多いので、30歳以上であれば、就職支援先はハローワークの「わかものハローワーク」が個別相談もできるのでお勧めです。 ニートとは?私の見解 ここまでニートについて分かりやすく解説してきましたが、ここまで調べていると、一般的なニートに対するイメージと、実際ニートになってしまった人の間には大きなギャップがあることが見えてきます。 ニートになりやすい人の特徴も調べてみましたが、真面目で誠実な人がニートになってしまいやすいという調査もありました。 しかし、ニートという枠が大きいため、留学準備している人や、資格取得している人、浪人生、怪我や病気で働けない人などもニートとひとくくりにされているのが現状です。 ニートに対するイメージを良くしていこうというのは難しいかもしれませんが、ニートになってしまった理由がニート自身の内面にあるという論調が強いと思います。 それよりも、ニート経験があっても偏見を持たずに、働きやすい企業が増えていけば、社会参加する人も増えるので、働きやすい環境をどう作っていくかを重点的に話合っていくべきだと思います。 そのためにも、企業側も努力するし、働く側も働くスキルをしっかり身につけるために、高校や大学などの教育サイドも努力していく必要があると思います。 厚生労働省の定義でニートとは、15歳~34歳の通学・家事をしてない仕事してない若者• 15歳~39歳までのニートの人数は2017年時点で71万人• ニートの定義が内閣府と厚生労働省で違う• ニートとフリーターの違いとは働いているかいないか• ニートと無職の違いは働く意思があるかないか• ニートと引きこもりの違いは6か月以上家に引きこもって人との交流があるかないか• ニートの就職支援はジョブカフェ、ハローワーク、就職エージェントがある ニートの定義はとにかく幅広いので、実際自分自身がニートだと思っていなくても、実はあの時、ニートだったんだと気づくケースは多いのではないでしょうか。 しかし、過去にニート経験があれば悪いというわけではなく、それほど卑屈に思うことはありません。 誰にだってニート歴があっていいし、ニートに対して偏見の目を持つことの方がゆがんでいるのです。 今は、ニート経験があっても就職しやすい環境も整ってきているので、もしこれから就活をしたいと考えているのであれば、就職のプロに頼った方が近道ですよ。

次の