逃亡 犯 条例 わかり やすく。 香港デモをわかりやすく解説!理由や場所は?6月9日に103万人との情報も

【最新】香港デモの理由をわかりやすく徹底解説!逃亡犯条例・一国二制度・雨傘運動とは?|Media Sunshine

逃亡 犯 条例 わかり やすく

Contents• 政治に弱い人でも毎日、ニュースを見ていれば香港で何が起こっているのかわかりますよね! 道路を埋め尽くす大勢の民衆。 引用元: 完全装備をした警察と衝突するデモ隊。 なんだか日に日に過激になってきているのがよくわかります。 でもなんでこんなことになってしまったんだろう?と思っている人にわかりやすく説明していきたいと思います。 香港デモはなんで起きたの?その発端は? 香港デモの発端は、 「逃亡犯引き渡し条例」という法律が施行されたことにあります。 ではなんで逃亡犯引き渡し条例が施行されたのでしょうか? それは台湾でカップル殺人事件が起こったことが発端となっています。 その殺人事件の加害者は彼氏さん、殺されたのは彼女さんなんですが、その犯人である彼氏さんは犯行後早々に香港へ帰国。 その後、犯人である彼氏さんは香港にいるため逮捕はされていません。 台湾と香港では犯罪者引き渡し協定がなかったので犯人はのばなしになってしまったんですね。 「逃亡犯条例」は何故ダメなの? そこで中国が、 逃亡犯引き渡し条例を施行し、香港で犯罪を犯した人が中国に引き渡しできるようにしたのです。 そして勝手に裁判ができるようにしたんですね。 勝手にというか、そういう法律なんですが。。 中国って、自分の国に不都合な発言や思想をもった人たちを片っ端から、拘束し拷問している事実があります。 香港に住んでいても、中国にとって不都合な発言をする人を犯罪者に仕立て上げ中国に送ると言ったことも可能になってくるわけです。 中国にいいように利用される可能性が高いこの法律は香港人にとっては受け入れがたいものです! そういう理由で香港市民は中国政府を強烈に避難しているんですね。 中国政府というか香港政府というか。。。 もう香港政府は中国のいいなりでしょうから。 香港警察が14歳に発砲、覆面禁止で抗議拡大 鉄道全線が運行停止 — 日本経済新聞 電子版 nikkei 逃亡犯引き渡し条例を施行する中国の本音をわかりやすく言えば、 「中国を避難しているやつがいたら、 中国につれていって拘束しちゃおう」 みたいな感じですかね。 香港市民はこれを恐れているんですね。 もしそんなことになれば香港で自由な思想や発言ができないということなんです。 「逃亡犯引き渡し条例」は撤回されている! この 「逃亡犯引き渡し条例」は撤回されています。 しかし、香港市民はデモをやめませんよね。 どうしてでしょう! それは中国が今後、また何かにつけて自由をうばっていくような行動をとるのではないかと恐れているんです。 そして、デモによって逮捕された香港市民の解放や、 香港政府がデモを暴動と言ったことへの謝罪を求めています。 暴動と言ったらなんだか香港市民がテロ活動でもしているような悪いイメージがついてしまいます。 今や全世界に報道されているわけですから、 香港市民はそんなイメージをうけつけるような香港政府が許せないのです! デモは終わらないと予想する! おそらく、今後もデモは終わらないでしょう! デモによって逮捕された人の解放、暴動という発言の撤回がない限りはまだまだデモは続いていくでしょうね。 ここまでくると、中国から独立するまで デモはおさまらないんじゃないかと思ってしまいます。 天安門事件の悲劇が再来しないことを願うばかりですね。

次の

逃亡犯条例改正案とは何かわかりやすく解説!問題点は?

逃亡 犯 条例 わかり やすく

なぜ香港デモは起きたのか? 香港デモとは、2019年逃亡犯条例改正案に反対するデモのことを指します。 2018年2月に台湾で被害者・容疑者ともに香港人の殺人事件が起こりましたが、台湾は逃亡犯条例が適用される国・地域ではなかったため、容疑者の身柄を台湾に引き渡すことができませんでした。 そこで、引き渡し対象となる国や地域を拡大した2019年逃亡犯条例改正案が提出されることになったのです。 しかし、2019年逃亡犯条例改正案では、新たに引き渡し対象となる国や地域として、台湾だけでなく中国も含まれていました。 つまり、中国から罪に問われた香港人が強制的に中国に引き渡されるだけでなく、中国の法律で裁かれることも定めていたのです。 香港では中国政府の在り方に懐疑的な人が多く、香港に中国の支配が及ぶことを嫌悪する発言も少なくありません。 そのため、香港が中国の一部になってしまうことを反対する香港人が集まり、香港全体を巻き込んだデモ活動へと発展していきました。 逃亡犯条例についてと撤廃までの流れ 元来、逃亡犯条例は20の国や地域を対象として適用されていました。 これらの対象となる国や地域から香港人が罪を問われた場合、国や地域からの要請があれば、複雑な手続きを経なくても香港人の身柄を引き渡すことができます。 しかし、改正案では、中国を含む多くの国や地域からの要請があれば簡単に犯罪容疑者の身柄を引き渡せるということを定めていました。 香港で活動する人々が中国から言論や活動を統制される可能性が高く、香港人の自由が拘束されることは想像に難くありません。 国家規模でのデモが連日おこなわれ、10月23日には改正案の撤回が決定しました。 香港デモの主張:5大要求 元々は2019年逃亡犯条例改正案に抗議するために始まった香港デモでしたが、デモが長引くにつれ、改正案撤回以外の要求も含まれるようになっています。 デモで掲げられた5大要求は以下の通りです。 香港デモの5大要求• 2019年逃亡犯条例改正案の撤回• 香港デモにおける逮捕者の逮捕取り下げ• 普通選挙の実現• 裁判官をトップとする独立調査委員会の設置• 香港デモを「暴動」と認定しないこと 最初の要求である2019年逃亡犯条例改正案の撤回は、10月23日に実現しています。 しかし、ほかの4つの要求は実現していないため、香港では引き続きデモがおこなわれています。 なお、5番目の要求は、キャリー・ラム行政長官の発言に基づいているものです。 2019年6月13日までにデモによる負傷者が72人にのぼったことを受け、キャリー・ラム行政長官は香港のデモを「組織的な暴動」だと非難しました。 しかし、デモ参加者は「暴動ではなく香港の民主化のための市民運動だ」と主張し、5大要求の1つにキャリー・ラム行政長官の発言撤回とデモの位置づけの再認識を掲げています。 デモの背景を理解するには香港の歴史を知ろう 逃亡犯条例の改正案が提出されたことだけで、なぜこのように大規模なデモが起こったのでしょうか。 デモの背景を理解するためには、香港の特殊な歴史を紐解く必要があります。 忘れてはならないのは、香港は150年以上もの長きにわたってイギリスの植民地であったという事実です。 香港が1997年に中国に返還されることは1898年から決まっていたことですが、イギリスの民主主義の中で生活してきた人々にとっては、返還後に中国の社会主義体制になることや言論の自由が奪われることは恐怖でもあったのです。 また、香港はその立地を活かして貿易港として発展し、著しい経済成長を遂げています。 しかし、1997年前後の中国は経済的な力が弱く、とりわけ香港の富裕層の間で「返還前に海外に移住しよう」という動きも見られました。 香港デモの背景1.一国二制度 民主主義を謳歌していた香港が、1997年7月1日以降いきなり中国の体制に取り込まれたのではありません。 返還前の1984年に中国政府とイギリス政府が話し合い、返還後、香港は中国の一部になるが、最初の50年間は外交と国防以外では自治性を維持できることと決定しました。 つまり、香港は中国ではあるものの、中国と香港の2つの制度を持つ「一国二制度」が採用されることになったのです。 現在、香港は「香港特別行政区」として、香港だけに適用される法律や権利が認められています。 しかし、返還後徐々に自由が抑圧されていると指摘する香港人も多く、香港の自治性が失われつつあるのが現状です。 香港デモの背景2.雨傘運動 2014年、民主派の立候補者を実質的に香港行政長官の候補者から排除する選挙法を中国政府が決定したことを受けて、数万人規模の香港市民や学生、若者がデモをおこない、香港の繁華街を占拠しました。 警察はデモ隊を鎮圧するために催涙スプレーを用いましたが、市民はスプレーよけの雨傘を差してデモに参加したため、「雨傘運動」や「雨傘革命」と呼ばれるようになりました。 2019年の香港デモの5大要求の1つにも「普通選挙の実現」が掲げられていることからも分かりますように、香港では、市民が直接的に代表者を選ぶ普通選挙はおこなわれていません。 現在でも、香港の政治のトップである行政長官は、中国本土の政府から支持されている人物の中から選出されています。 また、ほかの高官たちも少数の選挙委員会を通して選出されているため、純粋な意味で市民の代表者とは言えないのです。 香港デモに対する諸外国の反応 日本では香港のデモ関連の話題が連日報道されていますが、香港と関連の深いイギリスや、台湾などの周辺国でも大きなニュースとして取り上げられています。 とりわけ近年、中国との貿易問題が深刻化しているアメリカでも、香港のデモについて大きく報道されています。 アメリカでは、香港デモを「中国の支配的な態度に反発する香港の市民運動」と捉え、デモに参加する香港市民を支持する政治家や市民が少なくありません。 また、中国との貿易摩擦と絡め、香港市民を応援するコメントをSNS等で発信する人も多く見られています。 なぜ香港デモが起きたのかは歴史背景を知るとわかりやすい 半年以上も続く香港のデモは、香港人が香港人として生活したいという意思の表れとも見ることができます。 雨傘運動から続く普通選挙の実現を要求する動きも、香港人が香港人の手で政治をしたいという気持ちから発生しています。 なぜ香港デモが起こっているのかを知るためには、デモの背景となる香港の歴史を知る必要があるのです。 香港デモの基盤のひとつとなっている民主化・民主主義については、こちらの記事にまとめられているので、あわせてご覧ください。

次の

香港政府が逃亡犯条例案を正式撤回!しかしこれは罠なのでは⁉︎

逃亡 犯 条例 わかり やすく

逃亡犯条例とは 香港以外の国や地域で罪を犯した容疑者を当該国や地域の要請に応じて引き渡せるよう定めた条例です。 香港はもともと、米国や韓国など20カ国と協定を結んでいるが、中国、台湾やマカオは含まれていませんでした。 ちょっと難しいですね。 わかりやすく例を挙げて説明すると、 アメリカ人が香港で罪を犯してアメリカに逃げ込んだとします。 その場合、香港はその容疑者を香港に連れ戻して裁判する権利があるということになります。 その逆もしかりです。 一方で、香港は中国や台湾とは協定を結んでいないため、上記のような容疑者の引き渡しの要請はできません。 今回の逃亡犯条例改定の内容は?何を改定するの? 今回の逃亡犯条例改定の内容は、 協定を結ぶ対象国を現状の20カ国以外にも広げるというものです。 具体的には、 中国本土や台湾、マカオなどが対象となります。 改定の何が問題なの? ではこの改定案の何が問題となっているのか? なぜ香港で100万人規模のデモになっているか? それは、この条例改定により、 香港の一国二制度が事実上崩壊するといわれているからです。 というのも、今回の改正により、 中国は香港にいる容疑者を中国に引き渡すよう香港に要求できるようになります。 ただ、ここで問題なのが、 中国の司法制度は政治色が非常に強く、共産党の息がかかっているということ。 つまり、中国共産党の思惑次第では、香港にいる人物の容疑をでっちあげ、中国に強制送還することができてしまうということになります。 こうなると恐ろしいのは、 香港にいる人が共産党に反対の主張をしたりすると、強制送還される恐れがあるということ。 香港人の自由が制限されてしまうことになります。 このことを一国二制度の崩壊だとして、香港若者たちを中心として100万人規模のデモが勃発しているということになります。 なんで逃亡犯条例が改訂されるの? そもそもなぜ逃亡犯条例が改訂されることになったのでしょうか。 ことの発端は、台湾で起きた 香港人殺人事件(潘曉穎殺人事件)にあるといわれています。 ただ、より重要な背景として、 もともと香港は中国や他の国で罪を犯した人の亡命先として人気(?)の「犯罪者の隠れ家」 のようになっており、治安改善のため香港政府は逃亡犯条例の改定を早く可決したいと考えていました。 そんな中、台湾で 香港人殺人事件(潘曉穎殺人事件)が発生。 犯人(香港人)が台湾から香港に帰国してしまったため、 犯人を訴追できずという状況が発生してしまっているわけです。 これを受けて、犯人を香港から台湾へ引き渡しすべく、逃亡犯条例の改定に向けた動きが加速したといわれています。 殺人事件(潘曉穎殺人事件)については下記に詳細をまとめましたので興味のあるかたのみ読んでいただければと思います。 潘曉穎殺人事件 2018年2月17日、香港人カップルが台湾を旅行中、男性が女性を殺害。 そして、女性の遺体をスーツケースに入れて台北に遺棄したまま、男性は香港へと帰還しました。 男性は香港で殺害を自供しましたが、事件が起きた台湾でなければ法で裁くことはできません。 そして、台湾と香港は逃亡犯条例を締結していないため、台湾は容疑者の男性を香港から台湾へ引き戻すことができず、この容疑者の男性は野放しにされているという状況が続いています。 逃亡犯条例改定による今後の影響は? 人口や企業が香港から海外に流出し、香港の経済縮小につながるのではという懸念がされています。 そもそも香港には、中国から自由を求めて逃げ込んできた人が多くいます。 例えば、民主活動家や法輪功学習者、人権活動など(そして汚職官僚など犯罪者も)。 企業もしかりです。 しかし、今回の逃亡犯条例改定により、これらの人口や会社が国外に流出する恐れがあります。 もちろんこれらの中国から逃げ込んできた人や会社以外も同様で、香港の一国二制度が崩壊すれば、自由を求めて多くの人や企業が香港国外に流出するでしょう。 その結果として、香港の経済にまで影響が及ぶ可能性が指摘されています。 香港への旅行は安全?デモの影響は? 外務省は、香港への渡航には注意が必要だと警鐘を鳴らしています。 デモが行われている周辺には近づかないようにしましょう。 ただ、今のところデモが発生しているのは、香港島の立法会敷地内とその周辺エリアで、その他のエリアへの大きな影響はありません。 (立法会の場所は下記の地図より確認ください) 旅行に行く場合には香港島には立ち寄らず、尖沙咀エリアを中心に回ってみてはいかがでしょうか。

次の