赤ちゃん 本舗 武蔵 小杉。 武蔵小杉駅から近い!おすすめの安い子供服、ベビー用品店7軒!神奈川子供服マップ

武蔵小杉駅から近い!おすすめの安い子供服、ベビー用品店7軒!神奈川子供服マップ

赤ちゃん 本舗 武蔵 小杉

マタニティスクールがスタート! まずは助産師の先生から妊娠中のこと、出産・子育てについてのお話を聞きます。 妊娠中の食事について、積極的に摂りたい栄養素や栄養バランスについてのお話も。 さあ、次はパパの体験コーナー! 妊婦体験ジャケットで記念撮影も。 妊娠中のお腹がこんなに重くて大変だなんて、知らなかった!• 実際の赤ちゃんの重さに近い人形を使って、抱っこやおむつ替えを体験。 おむつを替えるのって、思っていたより難しい!• 次は、パパの沐浴体験! まずは助産師の先生から説明を聞きます。 いよいよパパが実際にお風呂に入れてみます。 これで赤ちゃんのお世話はバッチリ!• オンラインでの予約を受け付けない店舗もございます。 イベントは天候や諸事情により予告なく中止になる場合がございます。 あらかじめご了承ください。

次の

イベント|ベビー・マタニティ用品のアカチャンホンポ

赤ちゃん 本舗 武蔵 小杉

選ぶ楽しみには、品ぞろえが必要 買うモノが決まっているなら、目当ての商品だけ置いてあれば十分です。 ただ、今回はお店で選ぶ楽しみも考えます。 欲しいものを選んで、レジを通過して、袋に入れてもらったおもちゃを持って家に帰る・・・その瞬間も楽しい思い出の一つだと思います。 ということで、リアル店舗について書きます。 品揃えが多い方が楽しいというのは、これはもう個人のポリシーです。 ゆえに、大きめの玩具店、おもちゃ売り場をメインに紹介します。 *このブログでは、モノを買う=ショッピングについては「品揃え」を重視しています。 下記の記事辺りでも繰り返し書いています・・・。 *商品が決まっているなら、今のネットショップは届くのも早いのでありだと思います。 ただし、買うモノの値段によっては、プラスで送料がかかります。 (Amazonプライム会員で送料無料という方もいると思いますが) また、「これだ!」というモノが決まっているならよいですが、お子さんに欲しいものを選ばせるというの 近隣の大型のおもちゃ屋の一覧!?(第1グループ)• ヨドバシカメラ マルチメディア横浜• トイザらス・ベビーザらス 港北ニュータウン店• グランツリー武蔵小杉店• ヨドバシカメラ マルチメディア川崎ルフロン• 5グループ)トイザらス・ベビーザらス トレッサ横浜店 ヨドバシカメラは、オールマイティーにそろう ヨドバシカメラは、比較的多くの品ぞろえがあり、フロア構成からも買いやすく、値段的にも安く買えます。 新宿本店周辺にオモチャ用の別館がありますが、階が分かれフロア的に買いにくい面もあるので、日吉・武蔵小杉近辺からわざわざ行くのは微妙です。 横浜店の方が川崎店より広いと思いますが、お住まいのエリアからの近さで選ぶ範囲かも知れません。 ヨドバシでは、季節を過ぎたオモチャを処分価格で安く販売していたりもします。 (同じ商品をビックカメラ2店ほどで比較したら、いつもと変わりませんでした。 ヨドバシの価格は柔軟なイメージがあります) 家電量販店のため、ゲーム機がそろっているのは当然ですが、高校生から幼児までのあらゆる子供世代のオモチャがそろうのが、よい点だと思います。 オモチャの専門店! センター南駅の「トイザラス・ベビーザラス」 横浜市営地下鉄グリーンライン。 センター南駅を降りて「港北TOKYU S. 」を過ぎ、横断歩道を渡ったそばに、オモチャの専門店「トイザらス」があります。 ゲームから、幼児向けの玩具、キックスクーターや自転車、子供向けの知育玩具、遊び用のスポーツ用品、ラジコン、小さな女の子や男の子が喜びそうなキャラクター商品などなんでもあります。 オモチャを買いに来たという気分になれる場所です。 * 2018年7月、トレッサ横浜にも「トイザラス・ベビーザラス」がオープンしました! 売場面積としてはセンター南の方が大きいです。 それでも、 品揃えとしては第1. 5グループ位の位置取りなので、お近くの方にはそちらもおすすめです。 フロア全体を回遊して探す「グランツリー武蔵小杉店」 オモチャ売場は4階になります。 売り場では実際に手に取って遊べるようになっていて、多くの子供たちでいつもにぎわっています。 ここにお世話になっているファミリーの方もきっと多いかもしれません。 フロアとしても結構大きく、トイザらス同様、様々な玩具がそろっています。 単体の広さではトイザらスですが、 グランツリーには総合力があります。 赤ちゃん本舗(アカチャンホンポ)やボーネルランド。 妖怪ウォッチ、サンリオ、キディランド・スヌーピーなどのキャラクターグッズのあるお店など多彩です。 日吉や武蔵小杉から一番近いお店であり、おすすめです。 第2グループ:中堅クラスのオモチャ屋の一覧!?• ドン・キホーテ日吉店• ビックカメラ ラゾーナ川崎• センター北・南周辺の家電量販店やショッピングセンター• ビックカメラ新横浜店 第2集団の中堅クラスは、個人の選択により大きく異なりますが、上記を上げます。 ドン・キホーテは意外とおもちゃがある。 掘り出し物もある ドン・キホーテは、結構オモチャがそろっています。 たまに、処分品でAmazonや価格コムより安い製品も見ます。 あらかじめプレゼントするものが決まっているなら、ドンキにもあるかどうか見にいってみるのもありです。 ビックカメラの品揃えはほどほど 川崎のラゾーナの店舗だと多少広いですが、横浜や新横浜のビックカメラの玩具売場は広くありません。 以前、 でポイントカードのメリットは書いていますが、 オモチャではヨドバシに軍配が上がります。 センター北・南の家電量販店やショッピングセンター どのお店と出すのが難しいですが、センター北・南には多くの大きめの家電量販店や、ショッピングセンターがあります。 ヤマダ電機や、ノースポートのキッズリパブリックなどが例でしょうか。 センター北・南周辺を回ってみるのも楽しいかもしれないと載せてみました。 ただ、センター北・南周辺ならトイザらスが第一候補です。 いろいろありますが、まずは第1グループの大型店が無難です・・・ 女の子向けは少ないですが、 近隣でもニンテンドースイッチ(任天堂 Switch)や3DSなどのゲームなら日吉のヤマダやゲオ、プラモデルや電車の専門店ならトレッサ横浜もあります。 渋谷にもビックカメラがあり、通勤上近い方がいるかも知れません。 ただ、候補にあげていないのは、売り場の規模がそれ程大きくないためです。 ネットショップではなく、リアル店舗にいくなら、子供が目移りする位いろいろなものがある方が楽しいのではないかと思います。

次の

赤ちゃん本舗 グランツリー武蔵小杉店の授乳室・オムツ替え台情報

赤ちゃん 本舗 武蔵 小杉

オープンは10時でしたが、9時半に到着。 もうすでにすごい人が並んでいて、うちらもわくわくしながら3歳の息子ペン太と並んで待ってました。 こんなに大勢の人が入場したらすぐにお店が混雑してしまうんでは?と思ったのですが店内はめちゃめちゃ広いので全然余裕です。 1Fフロアの天井に、なんと噴水が!! 天井から水が出る噴水を見るのは人生初めてで感動! 店内がすごい広いせいか、午前中はそんなに混雑感は感じませんでしたが、午後過ぎになるとどんどん人が増えてきてすごいことになってました。 下の画像はオープン直後(午前10時すぎ)の店内ですが、まだそれほど人は多くなかったです。 朝9:30に行って、けっきょく夕方4時過ぎまでグランツリーにいました(汗)。 まず真っ先に向かったのは、武蔵小杉に初オープンした「ボーネルンド・あそびのせかい」そう、キドキドです! 詳しくは、別ページで紹介してます。 今までは電車か車でわざわざ出かける場所だったのですが、すぐ行ける場所に出来て喜んでいるファミリーは私たちだけではないはず! ここなら赤ちゃんや小さい子連れでも、安心して遊ばせられますからね。 紙おむつやお尻拭きのまとめ買いをよくしてました。 離乳食や育児グッズもよく買いましたね~。 ラゾーナ川崎店、港北東急店、それから戸塚店にまで足を伸ばして行ったりしてました。 これからも、オモチャや通園グッズ、子供服なんかを買う時にはまず覗きたいお店です。 店内をグルッと歩いていて思ったんですが、グランツリー武蔵小杉は本当に椅子がたくさん置いてあります。 上の写真は子供が気楽に座れそうなかわいい椅子。 4Fにありました。 カラーや模様がおしゃれで、とっても目をひきます。 まだ空いていたオープン初日の午前中、早速ペン太を座らせてみました! もしやお客で最初に座った人かも!? きのこ風の椅子たちがめっちゃかわいいです。 あ、グランツリーだから森の中のイメージなのかも。 森にはきのこが生えてますもんね~。 テーブルがあるので、飲食もできちゃいますね。 子供は突然グズり出したりするので、おやつでなだめたりすることが必須な子連れには本当に嬉しいスペースだと思います。 4Fはファミリー向けコンセプトみたいですが、3Fや他の階にも椅子はところどころにありました。 3Fには、ラタンの椅子にクッションが置いてあったり、ショッピングの合間にめちゃめちゃくつろげます。 休めるところがたくさんあるって、本当に良いな~と思いました。 ショッピングセンターって、歩いているだけで疲れますからね。 子連れならなおさら・・・。 グランツリー、ナイス! 椅子ついでに、4Fのフードコートにあった椅子もご紹介。 色、かわいくないですか? 全部がこれではなく、いろいろなデザインの椅子やテーブルがありましたが、 このスペースは子連れ向けなのか、とても目を引くポップな椅子達が並んでました。 この日はフードコートで食事はしなかったのですが、「銀だこ」や「花まるうどん」、それからフードコートには珍しい「王将」など、美味しそうなお店がズラリ揃ってました。 あ、ここの椅子とテーブルはシックな色合いですね。 子連れでない人でも、落ち着いて食事ができるように配慮されている感じ。 4Fはさすが、ファミリー向けのコンセプトだけあって、子連れが楽しめる場所が満載です。 「good day」という、セブン&アイホールディングスのプライベートブランド(かな?)のコーナーが4階の奥にあったのですが、そこにも無料で遊べるキッズスペースが!! 「KIDS HOUSE」と書いてあります。 中をのぞくと・・・ かわいい子供用の椅子とテーブルが置いてあり、自由に遊べるようになってました。 この日は時間がなくて、ペン太はここには立ち寄れなかったのですが、楽しそうなスペースです。 絵本やちょっと遊べそうなものも置いてありますね。 休日は混雑しそうですね。 午前中の早い時間なら狙い目かもです! しかも、このキッズスペースの前には自動販売機が置いてありました! 子供用に背が低い販売機で、飲み物も子供向けのものが中心です。 gooday park と書いてありますね。 買い物に疲れたら、ここで子供を遊ばせながら、ちょっと休憩できそう。 こういうちょっとした事が、子連れには本当に嬉しかったりします。 グランツリー、やるなぁ。 もうひとつ、グランツリー武蔵小杉の4階の目玉?とも言える無料スペースが! 大きなビジョンが置いてある、スマイルスクエアというスペースです。 無料で親子で楽しめるスペース!待ってましたぁ! と叫んだのは私だけでしょうか・・・ しかも、無料なのにそれなりに広いスペースを確保してくれています。 靴を脱いで上がるのも、ポイント高いです。 正直、ここでかなり休憩できちゃいました。 キッズスペースというより、これはもう、ファミリースペースですね。 大きなパネルモニター、その手前はちょっとした舞台みたいになってます。 ここで子供達は飛び跳ねたり、踊ったり、あ、大の字で寝ちゃってる子もいますね 笑)。 ペン太も飛んだり跳ねたり、さんざん遊んでました。 音楽が流れていて、パネルには座っている人が映し出されます。 自動的に顔の周りにイラストで描かれたかぶりもの・・・が表示されるので、みんな大ウケ。 楽しい仕掛けです。 このスペースの回りにはテーブルとイスが置いてあります。 楽しそうな子供達、そしてファミリーを眺めながら、飲食できるなんて・・・ まさに子連れの楽園! 左右3カ所ずつに出入り口があって、靴箱が置いてあるのもよかったです。 出入り口が1カ所しかないと、かなり混みあって出入りするにも一苦労しますからね。 子供は靴履くのにモタモタするものだし、ちゃんと子連れ目線の導線が考えられてるなぁ…と関心したペン母です。 それから、4Fには子供服のお店もズラリとあります。 ペン母が個人的に大好きな「BREEZ」も入ったのが嬉しすぎます。 気が付いたら、この日のペン太の上下(シャツとズボン)もBREEZで購入した服でした(笑)。 この日も欲しい服を見つけたにも関わらず、結局買わなかったのですが、オープン記念に風船をもらっちゃいました! グランツリーの4階には、小さい子が遊べるちょっとしたスペースがいろいろなお店にありました。 このちょっとした配慮が子連れにはたまらないですね。 ・・・と、4階だけで1日遊べそうな気配でしたが、グランツリーはここで終わらない! 屋上にもさらに子連れファミリーを喜ばせる場所がありました! こ~んなカラフルなお山や、 こ~んな水遊び場。 冬はちょっと寒いけど) ちっちゃい子向けの木で出来たクワガタ虫や、 小さなお山。 「登れる山」って看板が。 それから、こんなに楽しいものも! どうやって遊ぶのかな、と思ったら、 えんぴつ迷路って書いてありました。 迷路だったんですね。 大きな太陽が印象的な遊び場。 (名前忘れてしまいました…) すり鉢みたいになっていて、上からジャンプする子供多数。 ペン太はいまいち飛べてませんでしたが・・・(運動オンチなので・汗) 本物の葉っぱで作られている、こ~んなトンネルも。 子供はこういうの、喜びますよね。 すべり台もありました! 大きくはないので、幼児向けですが、3歳のペン太は何度も滑ってました。 これは珍しい!屋外にあるお絵かきスペース。 室内ではよく見かけますが、奥外にあるのは横浜の「こどもの国」以外では思い浮かばないかも。 たくさん置いてあるチョークで黒板に見立てた床にお絵かきします。 手が汚れてしまうのですが、近くに手洗い場もちゃんとありました。 「こくばんのゆか」と書かれた看板。 このスペースは、すべり台の目の前にあります。 こ~んな木馬に乗ってみたり。 まだ新しい白木で綺麗でした。 木なので、年数が経つとだんだん黒くなってくるんですよね。 (それもまた味がありますね) ベンチも至るところにあって、のんびりできます。 私たちはここで持参したお昼ごはんを食べました。 クリスマス時期らしい、葉っぱで出来たクマちゃんのオブジェが素敵。 ここの椅子が不思議なすわりごこちで、見た目は石みたい。 なのに、触ると木の感触、そして座るとフワフワしてました。 ずっと座ってても疲れないかもしれないですね。 屋上の遊具でしばらく遊んだ後、ペン太が「アイス食べたい~!」と言うので、 この椅子で160円アイスを食べました 笑) 屋上庭園入口のエスカレーターを降りた目の前にアイスの自動販売機がありました。 下のフードコートにはサーティワンもありました。 この椅子も、おしゃれ~! なんだか、グランツリーの椅子だけ見て回ってもおもしろそうです。 たくさんバリエーションがあって、飽きなさそう。 グランツリーの意外な楽しみ方かも? 帰り際、3Fにある「山野楽器」に寄ってみると、玩具の楽器が出されていました。 子供達が立ったまま楽器を触って遊んでいたのですが、ペン太ももちろん興味津々。 けっこうハマってました。 初めての電子ドラムセットに座るペン太。 ヘッドホンを付けて本格的。 めざせミュージシャン!? ペン父が「このドラムセット欲し~」と言ってましたが、ペン母は却下。 広い家だったら、音楽スペースつくってもいいですけど・・・。 オムツ替えや授乳が出来るベビースペースもさすがに綺麗で充実してました。 ここの自動販売機は、紙パックのジュース類が置いてあって便利です。 グランツリー武蔵小杉、オープン初日から、かなり満喫してきた我が家。 小さい子連れで行くショッピングセンターの中でも、かなり高評価をつけたくなる場所でした。 住所的には新丸子になります。 「ママ目線」を意識したショッピング施設というコンセプトが盛り込まれている様です。 ついに来たか!という感じで、もう今からめちゃめちゃワクワク楽しみにしているんですが、そのワクワクの大きなポイントとしてグランツリーには子供が遊べる屋内遊び場(プレイルーム)ができる点です。 『ボーネルンドのキドキド』の出店が決まっている様です。 ボーネルンド キドキド 有料プレイルーム 武蔵小杉駅周辺は再開発されて、「東急スクエア」や、「ララテラス」などのショッピングモールができましたが、期待していた子供が遊べる様な屋内遊技場やキッズスペースなどがなくてがっかりしていました。 妻と、「ムサコに子供の屋内プレイスペースができたらしょっちゅう行っちゃうのに~近いし」「周辺のマンションの子連れの親子で絶対賑わうよ」と会話してました。 今回グランツリーにキドキドが入るという情報をキャッチして一気にテンションが上がりまくりです。 『赤ちゃん本舗』 うちも散々お世話になった『アカチャンホンポ』も出店する様です。 近隣の子育て中のママ達にはすごく嬉しいですね。 楽しみです~。 巨大ショッピングモール誕生 敷地面積ですが、巨大です。 3年前くらいに、「ここも再開発するみたいだけど、またマンションが建つのかなぁ?」と思っていたのですが、まさか巨大ショッピングモールが出来るとは! また住みたい街ランキングで武蔵小杉がランキングアップしそうです。 TOKYOウォーカーによると現在関東6位です。 綱島街道の道路に面しています。 外から見た感じ、建物は完成しているみたいです。 建物の周りの環境を一生懸命工事していました。

次の