千葉 県 の コロナ ウイルス 感染 者。 新型コロナウイルス感染症感染者の発生について(令和2年5月9日)/千葉県

松戸市内に居住する新型コロナウイルス感染症患者等の発生状況(2020年6月12日現在)|松戸市

千葉 県 の コロナ ウイルス 感染 者

【新型コロナウイルス感染症とは】• ウイルス性の風邪の一種です。 発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。 感染から発症までの潜伏期間は1日から12. 5日(多くは5日から6日)といわれています。 相談・受診の前に心がけていただきたいこと• 発熱等の風邪症状がみられるときは、学校や会社を休み外出を控える• 発熱等の風邪症状がみられたら、毎日、体温を測定して記録しておく• 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずはかかりつけ医等に電話で御相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です)• 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の 強い症状のいずれかがある場合• 上記以外の方で発熱や咳など 比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ず御相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 <妊婦の方へ> 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 これまでどおり、検査については医師が個別に判断します。 医療機関にかかるときのお願い 1)複数の医療機関を受診することにより、感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。 2)医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。 【千葉県の新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口】• 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。 感染拡大防止を目的に以下の調査票による調査を実施します。 調査項目が多岐に渡るため、感染が確認された方は、事前に各項目について御確認をお願いいたします。 参考:コロナウイルスとは• 海外渡航を予定されている方へ 渡航前の注意事項• 渡航前に必ず事前に渡航先の感染症発生状況に関する情報や注意事項を確認しましょう。 併せて、麻しんなど予防接種が有効な疾患について、予防接種歴や罹患歴を確認し、予防対策が不十分なものがあれば、予防接種を検討しましょう。 必ず事前に渡航先の感染症発生状況に関する情報や注意事項を確認しましょう。

次の

千葉市:新型コロナウイルス感染症患者の発生について

千葉 県 の コロナ ウイルス 感染 者

中小企業への支援金に関する相談 千葉県中小企業再建支援金相談センター 電話番号:0570-044894• 県制度融資など融資に関する相談 商工労働部経営支援課 電話番号:043-223-2707• 経営に関する相談 千葉県産業振興センター「チャレンジ企業支援センター」 電話番号:043-299-2907• 雇用調整助成金に関する相談 千葉労働局職業対策課事業所給付係 電話番号:043-221-4393 相談窓口・支援策について 金融支援• 相談窓口• (発表日:令和2年4月10日)• (発表日:令和2年1月31日) 会議関係• 雇用関係• (発表日:令和2年2月14日) 国等による支援• (発表日:令和2年3月3日)• (発表日:令和2年3月2日)• (発表日:令和2年2月28日)• (発表日:令和2年2月25日)• (発表日:令和2年2月21日)• (発表日:令和2年1月29日)•

次の

【新型コロナ】船橋1カ月ぶり複数感染、飲食店会社の関係者ら3人

千葉 県 の コロナ ウイルス 感染 者

【新型コロナウイルス感染症とは】• ウイルス性の風邪の一種です。 発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。 感染から発症までの潜伏期間は1日から12. 5日(多くは5日から6日)といわれています。 相談・受診の前に心がけていただきたいこと• 発熱等の風邪症状がみられるときは、学校や会社を休み外出を控える• 発熱等の風邪症状がみられたら、毎日、体温を測定して記録しておく• 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずはかかりつけ医等に電話で御相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です)• 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の 強い症状のいずれかがある場合• 上記以外の方で発熱や咳など 比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ず御相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 <妊婦の方へ> 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 これまでどおり、検査については医師が個別に判断します。 医療機関にかかるときのお願い 1)複数の医療機関を受診することにより、感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。 2)医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。 【千葉県の新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口】• 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。 感染拡大防止を目的に以下の調査票による調査を実施します。 調査項目が多岐に渡るため、感染が確認された方は、事前に各項目について御確認をお願いいたします。 参考:コロナウイルスとは• 海外渡航を予定されている方へ 渡航前の注意事項• 渡航前に必ず事前に渡航先の感染症発生状況に関する情報や注意事項を確認しましょう。 併せて、麻しんなど予防接種が有効な疾患について、予防接種歴や罹患歴を確認し、予防対策が不十分なものがあれば、予防接種を検討しましょう。 必ず事前に渡航先の感染症発生状況に関する情報や注意事項を確認しましょう。

次の