なつぞら朝ドラあらすじ。 なつぞら

なつぞら(朝ドラ)95話の見逃し配信フル動画をPandoraより公式で安全に視聴する方法!パフェおんじ7月19日放送分

なつぞら朝ドラあらすじ

なつぞら21週確定ネタバレ内容概要 なつがとうとう 妊娠しました。 なつから妊娠の報告を受けた十勝の故郷のみんなは祝福を盛大にします。 そして、仕事面では麻子がイタリアに結婚相手さんと旅立ち幸せをつかんでいましたが、日本に二人でまた戻ってきました。 そして念願の夢だったアニメに挑戦するため、麻子さんは自分で会社を立ち上げます。 その名も「マコプロダクション」 以前の仕事仲間で天才と認めていた坂場が東洋動画を退職し、アニメーションの世界から離れているのを聞いたマコさんは自分の会社に入ってまた一緒にアニメ制作をしようと呼び戻します。 一方なつは結婚しても仕事は続けると強い意志を以前から持っていて共働きを続けていたのでした。 しかし少しの不安も抱えていてそんな中産休で一時仕事を休むことを決心します。 21週詳細 人物セリフも この記事は朝ドラ『なつぞら』のあらすじネタバレの詳細です。 今回は なつぞらネタバレ第21週の「なつよ、あたらしい命を迎えよ」です。 そして、自分が妊娠した事と山川と産休明けに作画監督をさせてもらえる約束をしたことを報告します。 西荻窪の家に帰ったなつは山川との間で交わした作画監督の話を坂場にも伝えます。 なつは子供を産んで落ち着いたら仕事に復帰したいと自分の意思表示をしたのでした。 数か月後、下山から麻子の話を聞いたなつ。 それは結婚してイタリアにいっていた麻子が日本に戻ってきてアニメーションの仕事を再開したと云うものでした。 麻子は同業の製作会社と提携して『マコプロダクション』と云うテレビ漫画を製作する会社を起業していたのです。 しかも、そこに下山も移籍することが決まっているというのです。 その夜、麻子がなつたちの家を訪ねてきます。 そして坂場を新しい会社に誘う麻子。 「演出家としてイッキュウさんにも来て欲しい、、、」 自分が仕事にでればなつが働けなることを考えると即答はできなかった坂場。 なつが家に帰ると坂場が切り出します。 どうしたものか悩んだなつは茜に相談します。 そこで坂場がアニメーションの仕事を諦めていないこと、おむつの取り換え方やミルクの作り方などを茜に聞きに来ていたことを知ったなつでした。 家に戻ったなつを待ち構えていた坂場は話を切り出しました。 「ただし、1年後から、、、」 子供が1歳くらいになるまでは自分が家にいると言う坂場。 坂場はなつが出産後に速やかに復帰できるように自分の役割を感がえていたのでした。 うれし泣きしながら坂場に感謝するなつ。 産休に入ったなつは産婦人科へ通いながら福祉事務所を訪ねます。 しかし、ゼロ歳児や1歳児を預かってくれる保育園は少ないので、それなりの理由がないと入所申請も通らない現実をつけられます。 しかも、担当者からは子供は親が育てるのが基本だとまで言われてしまうのでした。 子供を預ける目途が立たないまま臨月を迎えたなつ。 ある日、なつは真夜中に腹痛に襲われますが感覚は朝まで縮まりません。 陣痛なのかと不安な朝を迎えたふたりの家に、富士子と剛男と泰樹が唐突にやってきます。 「母さん、、、」 さっそく富士子がなつに毛布を掛けてお腹をさすると痛みは和らいだのでした。 富士子から出産が無事に終わるまで東京にいてくれると聞いて喜ぶふたり。 すると今度は、咲太郎と光子が子供のおもちゃや衣服をたくさん持ってやって来てくれました。 「みんながお前の傍にいてくれるんだ、、、安心して産めばいい、、、」 咲太郎の言葉に安心して笑顔になるなつでした。 翌日の未明に苦しみ始めたなつ。 かかりつけの産婦人科に運び込まれたなつは無事に元気な女の子を産んだのでした。 皆がなつの周りに集まっています。 富士子、剛男、泰樹、咲太郎、光子。 坂場に名前は自分がつければ良いと言われたなつ。 でもなつは泰樹に名付け親になって欲しいと頼んだのでした。 「じいちゃん、、、じいちゃんの夢をこの子にも少し継がせてやって、、、」 泰樹は子供の名前を1週間も考え続けました。 そして、遂に決めました。 なつの子供につけられた名前は『優』。 「なつの様に優しい子になって欲しい、、、それがわしの願いだ、、、」 出産から6週間がたち、なつは職場に復帰します。 出勤の朝、泣いたのは優だけでなくなつも玄関の前で涙をかみ殺していました。 東洋動画で、出産前と同じ『魔法使いアニー』の原画担当として職場復帰したなつ。 何とか仕事に集中しようとするなつですが、ついつい、机の前に貼った優の絵を見てしまいます。 そして仕事が終ると一目散に家に帰ったなつは優を抱きしめます。 なつは作画監督ではなく産休前と同じ原画の仕事に復帰したのは出産で評価が下がったためだではないかと坂場に言います。 しかし、それは会社側の配慮だと思うと言う坂場。 「作画監督になって毎日残業が続いたら神経ももたない、、、」 今の一番の敵は子供のことが気になってしょうがない自分自身だと思うなつでした。 そして、あっと言う間に1年の月日が過ぎます。 しかし、福祉事務所に申し込んだ入所申請はことごとく不可で連絡が返ってきていました。 優を預けなければ坂場も仕事に行けないとなつは途方に暮れるのでした。 周りの仲間も応援してくれるのはなつの才能に期待している事もあるのかも知れません。 真面目一筋の坂場のなつへの優しさの表し方も独特ですよね。 そして、絶えず敵対していた麻子も坂場が秘める才能を認めていました。 ふたりが抱える夢は追い続けたいが育児は疎かにできないと云う問題をどうやって突破するのでしょうか。 スポンサーリンク なつぞら22週確定ネタバレ内容概要 マコさんの「マコプロダクション」に入職した坂場は再びアニメーション作りに没頭していくのでした。 なつは産休を終え 無時長女を出産。 東洋動画の仕事にいち早く復帰したなつは、仲さんから次回の新作「キックジャガー」の作画監督という大仕事を任されることになります。 その作画監督という仕事をまっとうするため時間をとって取り組みたいのですが、長女をみてくれる預け先がなかなか見つからず悩んでいました。 そのとき、結婚と育児で職場を辞めて専業主婦をしていた茜ちゃんが、娘を預かると言ってくれたのです。 これで心置きなく作画監督の仕事に没頭できると仕事と育児の両立を成立させようと奮闘するなつでした。 ある休日に急に夕見子が東京を訪ねてきた。 天陽が具合が悪いのだと… 畑がうまくいってなく天陽の絵はどんどん売れるようになったので農業を続けるためにも絵をつづけているのだと 天陽は風邪をこじらせ今は入院しているのだと…心配ななつは夏休みになったら十勝に帰りたいとおもうのでした。 今回は 第22週の「なつよ、優しいわが子」です。 <なつぞら第22週あらすじ詳細 セリフも> なつに念願の作画監督の仕事が巡ってきます。 なつの作画監督としての初仕事は、キックボクシングの世界を描いた原作漫画『キックジャガー』のテレビ漫画化でした。 山川から今は無理をさせなれないと言われたなつは、期待に応えて見せますと言い切ってしまっていたのでした。 しかし、優の預け先は依然として見つかっていませんでした。 坂場にマコプロダクションでの仕事をやらせてあげたいなつは悩みます。 しかし、坂場は作画監督の話は出産前から決めていたことだから謝る必要はないと意に介していない素振りをします。 そこに、唐突に麻子がやってきます。 「イッキュウさんから電話で預先が見つかるまで待ってくれって、、、」 優の預け先はふたりだけの問題から麻子の問題にもなってしまったのでした。 ビラ作りを手伝いながら一緒に考えようと言う麻子。 そこに、茜が下山と娘の明子を抱いてやってきます。 なつがビラを見せながら茜にも訊きます。 ふたりは初めから優を自分達で預かるつもりで訪れてきていたのでした。 下山と茜の好意で、なつは東洋動画での作画監督の仕事を、坂場はマコプロダクションで演出の仕事を始めることが出来たのです。 そんなある日、優が熱を出したと茜から電話を受けた仕事中のなつ。 でも、どうしても職場を離れる事ができないなつ。 坂場に連絡を試みますが席を外していて捕まりません。 仕方なく咲太郎に頼んで優を病院に連れていってもらいます。 優はただの風邪でしたが、咲太郎はなつと優のことを心配してあれこれ訊きます。 咲太郎と入れ替えに帰ってきた坂場が切り出します。 「ごめん、、、やっぱり作画監督なんか引き受けなければよかった、、、」 弱気になっているなつを、子供が風邪をひくなんて当たり前だからいちいち気にする事はないと励ます坂場でした。 その後、優はすぐに元気を取り戻しました。 月日は流れて、4歳になった優は保育園に通うまでに育っていました。 でも、保育園が終る18時以降は茜が優の世話をみてくれていました。 なつが初めて作画監督をつとめた『キックジャガー』は大ヒットしていて、最終回を迎えようとしていました。 しかし、どう終わらせるかを製作部長や演出家たちと相談しますが感動のエンディング構想がまとまりません。 家に戻ったなつは、傍で遊んでいた優に話しかけます。 「戦い続けてボロボロになったキックジャガーに会えたら何て言ってあげる?」 そう訊かれた優はなつに返します。 「そうだよね、、、もういいよね、、、もう戦わなくていいんだよね、、、」 そして、『キックジャガー』は感動の最終回を迎える事が出来たのでした。 そんな時に茜が2人目を宿したのでした。 おめでたい事ではあったが優の新しい預け先を探さなければならないなつは悩みます。 なつ自身も次は作画監督ではなく原画に戻ろうと思っていました。 そんな時に、なつは山川社長たちから次も作画監督をやって欲しいと頼まれます。 続けての作画監督を聞いて喜ぶ仲に会社に認めて貰えたことは嬉しいが気持ち的に悩んでいると本音を伝えたなつ。 「アニメーターとして何がしたいのか、、、自分で決めるしかない、、、」 仲はそれ以上は言いませんでした。 結局、なつは作画監督を引き受けることにしました。 引き受けたからにはヒットさせる為に全力を注がなければならず、帰宅が遅くなる日が増えていくなつでした。 その頃になると、優は咲太郎の声優事務所で預かってもらっていました。 そんなある日、夕見子が北海道からやってきました。 牛乳瓶に代わる紙パックの牛乳『たんぽぽ牛乳』を東京に売り込むための上京です。 このパック牛乳を最後に、農協を辞めて雪月の営業をするとなつを驚かせる夕見子。 そんな夕見子から天陽の話を聞いて心配するなつ。 絵はどんどん売れる様になったが農業がうまくいかない天陽は過労で入院していると言うのでした。 「時間をつくって一度北海道に帰りたい、、、」 夏休みに帰省しようと思うなつでした。 念願の作画監督の仕事が回ってくましたね。 でも、坂場にも仕事に復帰して欲しいなつは何としても安心して優を預けなければないません。 そんな時に、下山と茜が助け船を出してくれたことでなつは曇天から光が差し込んだような気持ちだったでしょうね。 新しい作品に取り組み始めた時に、夕見子が訪ねてきて自分の転職と天陽の状況を知らされたなつ。 雪月に何かあったのでしょうか。 天陽は大丈夫なんでしょうか。 21週22週感想 まだ女性が働く 共働きに会社があまり理解ない時代での両立はなかなか大変だと思います。 ました坂場くんは仕事に没頭するタイプ。 もちろん家庭も大事にしようとすると思うんですけど、これでなつも仕事となると時間があまりとれずすれ違いが起きなければいいのですが… そしてなんと言ってもあのマコさんの凱旋帰国! ここで新しいプロダクションが立ち上がります。 本の文章にはのっていなかったのですが、もちろん神路も一緒にやっていることでしょう。 なんせモデルはあの宮崎駿先生ですからね。 これであの有名なアニメたちが生みあがってくる基盤ができましたね。 なつが手伝うようになるにはまだまだ先になりそうですが、ラスト23週いこうに向けてなつはまた新しい目標に向かい、家族とともに最終回まで駆け抜けていくんでしょうね!26週最終週まで元気な北海道メンバーも一緒にみていきたいです。

次の

【なつぞら】演劇「白蛇伝説」あらすじ、モチーフとなった民話は?

なつぞら朝ドラあらすじ

2019年度前期 連続テレビ小説【第100作】 『なつぞら』 作:大森寿美男(オリジナル作品) 「お前のそばに、もう家族はおらん…。 だが、わしらがおる」 戦争で両親を失った少女・奥原なつ。 彼女を癒し、たくましく育てたのは—— 北海道・十勝の大自然と、開拓者精神あふれた強く、優しい大人たちでした。 やがてなつは、十勝で育まれた豊かな想像力と開拓者精神を生かし、 当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界にチャレンジします。 戦後、北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動のドラマをお送りします。 脚本家・大森寿美男によるオリジナル作品。 本作は連続テレビ小説100作目にあたります。 【あらすじ】 昭和21(1946)年初夏、戦争が終わり、奥原なつ 9 は柴田剛男に連れられ、北海道・十勝にやって来た。 戦災孤児のなつを受け入れた酪農一家・柴田家は、北陸からの開拓移民。 剛男となつの父とは戦友で、もしもの時は、お互いの家族の面倒を見るという約束をしていた。 剛男の父・泰樹は偏屈者で知られていた。 泰樹は、なつを厄介者と言いながらも内心、不憫に思っていた。 子供ながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳絞りを懸命に手伝う。 なつの頑張りに心を動かされた泰樹は、生きる術をとことん叩き込む。 なつも天真爛漫な子供らしさを取り戻していく。 やがて、なつは素敵な馬の絵を描く少年・山田天陽と出会う。 高校生になり、なつは天陽の影響で、絵を描く仕事に夢を持ち始めていた。 そんな折、生き別れていた兄が東京で働いていると知らされ…。 【登場人物紹介】 ヒロイン 奥原(おくはら)なつ 広瀬すず 【連続テレビ小説初出演】 昭和12(1937)年生まれ。 両親を戦争で亡くし、兄妹と別れ、父の戦友・柴田剛男(たけお)に引き取られ、十勝に移り住む。 剛男の義父・泰樹 たいじゅ のもとで、牧場を手伝ううちに、持ち前の明るさを取り戻す。 高校卒業後は上京し、草創期を迎えていたアニメーション業界に飛び込む。 アニメーターとして、大自然の中で育まれたみずみずしい感性を発揮していく。 大好きな、たったひとりの兄 奥原咲太郎(おくはら さいたろう)【なつの兄】 岡田将生 【連続テレビ小説初出演】 歌とタップダンスが大好きな陽気な兄。 両親を亡くしてからも、妹のなつと千遥(ちはる)の親がわりとなり、笑顔を絶やさず懸命に育てる。 なつを柴田家に、千遥を親戚に預けた後、しばらく孤児院で過ごすが、家出して行方不明となる。 心あたたまる【柴田牧場の人びと】 十勝のガンコじいさん 柴田泰樹(しばた たいじゅ) 草刈正雄 明治35(1902)年、18歳の時にひとりで十勝に入植。 荒れ地を切り開き、稲作を試すが根付かず、酪農を始める。 妻が病死した後、男手ひとつで、富士子を育てる。 偏屈でガンコな性格ではあるが、深い愛をもった大樹(たいじゅ)のような男。 なつに人生を生き抜く術(すべ)を教え込む。 母として、なつを育てる 柴田富士子(しばた ふじこ)【泰樹の娘】 松嶋菜々子 父譲りの優しさとたくましさを持ち、芯の強い女性。 泰樹に家族で唯一、対等にモノを言える。 なつとの関係にとまどいつつも、わが子同然に育てようと努める。 明るい前向きな性格で、牛乳やバターを使ったお菓子や料理つくりが得意。 なつの父との約束を守った 柴田剛男(しばた たけお)【富士子の夫】 藤木直人 富士子に恋したのち、婿(むこ)養子として柴田家に入る。 戦友だったなつの父と、どちらかが亡くなった時は互いの家族の面倒を見るという約束をする。 義理堅く、とても優しい男だが、義父の泰樹には気を使い、いつも頭があがらない。 もうひとりのお兄ちゃん 柴田照男(しばた てるお)【長男】 清原翔 【連続テレビ小説初出演】 父に似て、真面目で責任感の強い男の子。 跡取りとして、祖父・泰樹や父から牛飼いの仕事を仕込まれるが、要領が悪く、なつにいつも先を越される。 泰樹から、なつとの結婚を勧められるが、密かにそうなることを願っている。 本当の姉妹よりも、なかよし 柴田夕見子(しばた ゆみこ 【長女】 福地桃子 【連続テレビ小説初出演】 なつと同じ年の長女。 甘やかされて育てられ、牛乳も酪農も北海道も大嫌い。 読書が大好きで生意気盛りのツンデレな女の子。 何事にもひたむきな、なつとの出会いをきっかけに、少しずつ嫌いな物へも目を向けていく。 牛のことならこの人に聞け 戸村悠吉(とむら ゆうきち)【従業員】 小林隆 泰樹の右腕的存在。 貧しい開拓農家に生まれ、十五の時に豪農に奉公に出されるが、泰樹の酪農をたまたま手伝いに来た時に、彼の情熱にひかれ、そのまま居座る。 穏やかで楽しい人物で、とても頼りになる男。 熱いハートの北海道男児 戸村菊介(とむら きくすけ 【悠吉の息子】 音尾琢真 【連続テレビ小説初出演】 悠吉の息子。 独立して、いつか自分の土地で牧場を経営したいと思うが、泰樹の牧場を大きくする夢にも魅力を感じている。 なつにとっては、頼りになる酪農の良き先生。 のちに照男の後見役となり、柴田牧場の発展に大きく貢献する。 いつもにぎやか【お菓子屋 雪月の人びと】 十勝・帯広のお菓子発明王 小畑雪之助(おばた ゆきのすけ) 安田顕 帯広に父の代から和菓子屋を構える。 砂糖が統制品となる中、ビート(砂糖大根)を使ったアイデア商品をつくり、戦後の混乱を乗り切る。 のちに泰樹のバターや牛乳を生かした創作菓子を開発、北海道有数の製菓メーカーへと発展させる。 帯広のおしゃべりばあさん とよ【雪之助の母】 高畑淳子 菓子職人の先代の元に嫁ぎ、わがままな夫に苦労するうちに強い性格になる。 お年にもかかわらず、歯に衣を着せずとてもおしゃべりなバアさんで、常連客の泰樹にも毒舌を浴びせる。 十勝のことなら何でも知っている、生き字引のような存在。 何でも話せる愉快な幼なじみ 雪次郎(ゆきじろう)【雪之助の息子】 山田裕貴 【連続テレビ小説初出演】 お調子者で目立ちたがり屋。 農業高校時代は演劇部にハマり、クラスメイトのなつを部活に誘う。 卒業後は、日本一の菓子職人になるべく修業のため、なつと一緒に上京する。 一緒にいると気分が明るくなる、なつの親友。 戦後、東京から入植した【山田家の人びと】 なつに絵心を教えた、青年画家 山田天陽(やまだ てんよう) 吉沢亮 【連続テレビ小説初出演】 美術の才能があるものの、貧しく進学せずに農業を手伝う。 農作業の合間に、べニヤ板に描く絵は繊細にして大胆、躍動感あふれる馬の絵が得意。 アニメーターを目指すなつに絵心を教え、彼女の生涯に大きな影響を与える。 夢を求めて新天地に来た 山田正治(やまだ せいじ)【天陽の父】 戸次重幸 戦争で家屋を失い、一家での北海道移民を決意する。 政府にあてがわれた土地は荒れ地で、農業経験もほとんどなく、開墾は難航。 郵便配達をして生活費を稼ぐ。 その後、泰樹たちの助けがあり、人並みの生活を送れるようになる。 息子の才能を見守る苦労の母 山田(やまだ)タミ【天陽の母】 小林綾子 正治の妻。 近隣の農家を手伝い、そのアルバイト収入で家計を支える。 東京育ちのおっとりとした性格で、農業も苦手。 同じ東京育ちのなつとお気に入りで、天陽を訪ねて遊びに来るとついつい話が弾んでしまう。 【北海道・十勝編 出演者発表にあたって 制作統括 磯智明】 この度、ご紹介させて頂く出演者は、包容力に溢れた、存在感ある、懐の深い方たちばかりです。 北海道・十勝のダイナミックな自然に負けない、心のこもった芝居を見せて頂けると期待しています。 戦争で傷ついたヒロイン・なつは、十勝でさまざまな出会いを重ね、感動して、成長して、飛躍します。 「人と人との出会いから生まれるエネルギーは、掛け算」と言われます。 ドラマの舞台、北海道の十勝も日本各地から人々が集まり、助け合って、大きく発展を遂げたところです。 今回の出演者の皆さんも、物凄いチームワークで、ドラマに大きな感動を与えてくれると思います。 放送はまだまだ先ですが、「なつぞら」の季節到来とともに撮影は始まります。 何はさておき「半分、青い」「まんぷく」をよろしくお願いします。 そしてその先には、澄み切った「なつぞら」が広がっていることを是非、覚えておいてください!それでは。 【題字】 刈谷仁美 96年生まれ。 専門学校在学中に短篇アニメ『漫画から出てきちゃった話』を制作。 同作品でインター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル観客賞3位受賞。 2017年度第6回新人アニメーター大賞受賞。 現在はフリーランスのアニメーターとして活躍中。 2019年度前期 連続テレビ小説 なつぞら 【放送予定】 2019年4月から9月 全156回(予定) 【主演】 広瀬すず 【演出】 木村隆文、田中正、渡辺哲也 【プロデューサー】 福岡利武 【制作統括】 磯智明 【制作スケジュール】 2018年(平成30年)6月 クランクイン予定 【ロケ地】 北海道十勝地方ほか 新着記事• Javascriptを有効にしてください。 カテゴリーから選ぶ 開く• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 2013年 開く• 2012年 開く• 2011年 開く• 2010年 開く• 2009年 開く• 2008年 開く• 2007年 開く• 2006年 開く• 2005年 開く• 2004年 開く• 2003年 開く•

次の

【9/28完結】朝ドラ『なつぞら』(2019年前期)ネタバレあらすじ・感想まとめ【NHK連続テレビ小説】

なつぞら朝ドラあらすじ

『なつぞら』最終週(第26週)までのあらすじ 『なつぞら』の最終回(156話)までの26週(最終週)の原作あらすじをお伝えします。 『なつぞら』第1週~第16週のネタバレ一覧 執筆時(2019年7月26日)に既に テレビ放送済みの16週までに関しては、各話の詳しいあらすじネタバレ、感想、最も話題になった出来事を各週毎リンク先にまとめています。 【第17週】なつよ、テレビ漫画の幕開けだ 昭和三十八年(1963年)。 26歳になったなつは、東洋動画初の原画を担当する女性アニメーターになっていた。 その頃、テレビでは『鉄腕アトム』が大ヒットしており、東洋動画でもテレビ班を作ることに、なつ(広瀬すず)と茜(渡辺麻友)がテレビ班に配属される。 そして坂場(中川大志)がテレビ漫画で演出家デビューすることになる。 なつたちテレビ班の初仕事の作品タイトルは『百獣の王子サム』に決まる。 放送が始まると毎週作り続けなければならないため、なつは正月も十勝に帰れなかった。 一方、雪次郎(山田裕貴)にも転機が訪れた。 劇団の次回公演『かもめ』の主役に抜擢されたのだ。 『かもめ』の舞台初日、なつは坂場や茜と共に雪次郎の舞台を見に行った。 その後、雪次郎を囲んで風車で祝杯を挙げる。 やがて『かもめ』の舞台が千秋楽を迎えた日、二人だけでお祝いをしようと蘭子(鈴木杏樹)の自宅に招かれた雪次郎は、蘭子に告白した。 しかし、雪次郎は蘭子から突き放されてしまう。 翌朝、雪次郎は亜矢美(山口智子)と咲太郎(岡田将生)の助言から、雪次郎の将来を考え蘭子が嘘をついたことに気づき涙する。 そして雪次郎は、俳優の道を捨て、「雪月」で菓子屋職人として働くため、帯広に戻った。 関連記事(さらに詳しいネタバレ) 【第18週】なつよ、どうするプロポーズ 昭和三十九年(1964年)。 『百獣の王子サム』は大人気となった。 そして翌年、下山(川島明)のはからいで、坂場は待望していた長編映画の演出に抜擢される。 すると坂場は、なつにも原画に参加してもらいたいと言い、さらに、「もし長編映画を成功させたら…僕と結婚してください」とプロポーズをした。 なつはプロポーズを受け入れる。 しかし、坂場の初演出作品となった長編漫画映画は大失敗に終わった。 社長になった山川(古屋隆太)と井戸原(小手伸也)は、作品に関わった全スタッフの昇給とボーナスカットを告げる。 坂場は責任から退職願を提出。 会社を辞めた坂場は、なつに「結婚はできない」と告げた。 ショックを受けたなつは部屋に籠もり、翌日、会社にも行こうとしなかった。 見かねた咲太郎がなつを慰めていると、坂場がやってきて、改めてなつに「あなたが好きです!」とプロポーズをした。 なつと坂場は親しい人達に結婚の報告を済ませると、北海道へ向かった。 関連記事(さらに詳しいネタバレ) 【第19週】なつよ、開拓者の郷へ 柴田家の家族一同を前に、「お嬢さんを、僕にください」と頭を下げる坂場。 泰樹(草刈正雄)は難色を示したが、剛男(藤木直人)が二人を心から祝福すると宣言し、ほかの家族も続くと引き下がった。 翌日、なつと坂場は雪月を訪ねると、そこには演劇部顧問の倉田(柄本佑)や同級生の門倉努(板橋駿谷)、努と結婚した良子(富田望生)がいた。 なつは倉田や門倉から、農協が乳製品工場をつくる意義を聞かされる。 乳製品工場設置の是非を問う組合長会議が開かれた。 会議は紛糾するが、紆余曲折の末、一同は工場をつくることに賛同する。 ある日、雪次郎がなつと坂場、夕見子(福地桃子)を雪月に呼び出す。 そこには天陽(吉沢亮)や倉田、門倉、良子がいた。 雪次郎は一同に考案したお菓子「おバタ餡サンド」を試食してもらい、「おいしい」と太鼓判を貰うと、「やっと一人前になれた」と皆の前で夕見子にプロポーズをした。 そして、そのまま柴田家にあいさつに行った。 東京に戻ったなつは、坂場の両親の一直(関根勤)とサト(藤田三保子)に挨拶をする。 そして昭和四十二年(1967年)の春、なつと坂場、夕見子と雪次郎のW結婚式が十勝で行われた。 【第20週】なつよ、緑の森のわが家 なつと坂場は東京の西荻窪にある小さな家を借りて暮らし始めた。 坂場はアメリカ小説の翻訳の仕事を自宅でしながら家事をし、なつはテレビ漫画『魔法使いアニー』の原画を担当していた。 なつと同じく原画を担当する茜は、なつより先に下山(川島明)と電撃結婚しており、おなかには赤ちゃんがいた。 ある日、咲太郎が風車の立ち退きの話をしになつを訪ねにきた。 亜矢美は心配をかけまいと黙っていたという、それを咲太郎は自分が不甲斐ないからだと考えていた。 どうすれば亜矢美が自分を頼ってくれるか考えた咲太郎は、川村屋のマダム・光子(比嘉愛未)と結婚することを決意したとなつに告げる。 しかしある日唐突に、亜矢美は誰にも何も告げずに姿を消してしまった。 カスミ(戸田恵子)は、光子に嫉妬する姿を咲太郎に見せたくなかったのだと諭す。 ある日、なつと坂場の家に、下山・茜夫婦と神地(染谷将太)が訪ねてきた。 茜の契約が産休明けから社員から契約(実質は退職勧奨)に変わるという。 この頃、女性社員は子どもができたら退職を迫られるような時代だったのだ。 茜に続き、今度はなつの妊娠が分かった。 嬉しいが仕事を辞めたくないと涙するなつ。 なつは、神地や仲(井浦新)、井戸原(小手伸也)らアニメーターの後押しを受けて、山川に産休後も今まで通り働きたいと訴える。 山川は次作でなつを作画監督にするつもりだったという。 こうしてなつの意志は尊重され、作画監督を任されることになった。 【第21週】なつよ、新しい命を迎えよ それから数ヶ月がたったある日、結婚してイタリアに行った麻子(貫地谷しほり)が、日本に戻り、テレビ漫画を作る会社「マコプロダクション」を起こした。 「マコプロダクション」には、下山が東洋動画を辞めて参加することが決まっており、麻子は坂場にも参加して欲しいという。 坂場は生まれてくる子どものことを考え、1年後から働くことを決める。 こうしてなつは、夫・坂場一久の理解もあり、安心して産休に入った。 子どもがうまれる時期が近づくと、なつを心配した富士子(松嶋菜々子)、剛男(藤木直人)、泰樹(草刈正雄)が北海道から駆け付けた。 なつは無事に元気な女の子を出産した。 なつは名付け親になることを泰樹にお願いし、泰樹はなつのように、優しい子になってほしいと、「優(ゆう)」と名付けた。 出産から六週間後、なつは出産前と同じ、『魔法使いアニー』の原画の仕事として復帰した。 それから1年後、昭和四十四年(1969年)。 福祉事務所から申込んだ保育園入所の結果が届くが、全て落ちており、なつは途方に暮れた。 【第22週】なつよ、優しいわが子 ついになつは、キックボクシングを題材にした漫画が原作の『キックジャガー』の作画監督をすることになる。 優は、茜に預かってもらうことになり、なつと坂場は仕事に邁進する。 昭和四十七年(1972年)。 優は四歳になり、保育園に通うようになっていた。 なつが作画監督を担当する『キックジャガー』は大ヒットのまま感動的な最終回を迎える。 そして、なつは山川に次回作の『魔界の番長』でも作画担当をやって欲しいと頼まれる。 なつは暴力的なシーンを描くことの葛藤、茜が二人目の子どもを妊娠したことから、ほかの預け先を探さなければならないことから悩んだが、結局、引き受けることにした。 優は咲太郎の事務所で預かってもらうことになった。 ある日曜日、夕見子が十勝から瓶に代わる、紙パック入りの「たんぽぽ牛乳」を売り込みに東京に来た。 夕見子はこの仕事を最後に農協を辞めて、雪月の営業に力をいれるという。 また、天陽が入院していることをなつに告げた。 【第23週】なつよ、天陽くんにさよならを 昭和四十八年(1973年)の夏。 帯広の病院に入院していた天陽は、アトリエにある描きかけの絵を描くために病院を抜け出した。 そして馬の絵を描き上げた天陽は、畑を見てくると靖枝(大原櫻子)に言い残し…。 なつは優を連れて柴田家に帰り、天陽の家を訪れる。 アニメーターの仕事を辞めようかと悩んでいたなつは、天陽の自画像と向き合い、進むべき道を天陽(心の声)から告げられる。 その後、なつは、雪月にて、雪ノ助から天陽が描いた牛が放牧された十勝の風景に一人の少女が立つ雪月の包装紙を見て涙した。 その夜、なつは坂場から一緒に手掛けたいと言われているアメリカ西部の開拓者の家族を描いた『大草原の小さな家』という物語を優に読み聞かせた。 朝、起きた優がなつに「きのうお話しを見たい」という言葉を聞いて決意する。 東京に戻ったなつは夫・一久とマコプロダクションで『大草原の小さな家』を描くため、東洋動画の山川に退職願を提出した。 【第24週】なつよ、未来をこの手に 昭和四十九年(1974年)。 なつはテレビ班の仲間や山川、仲たちから惜しまれつつも暖かく東洋動画を退社し、マコプロダクションにて『大草原の少女ソラ』の作画監督として働き始めた。 製作を開始するにあたり、坂場の提案で、なつは坂場と優、麻子や神地、下山、桃代(伊原六花)と共に作品の舞台となる北海道を訪れた。 なつたちが雪月でとよの思い出話を聞いている時、突然、亜矢美が現れた。 亜矢美は姿を消してから七年の間、全国を巡って、はやらない店を見つけては謳って踊りお金を稼いでいたという。 そして、もうひと稼ぎしたら、新宿に戻り返り咲いてみせる…という咲太郎への伝言を東京に戻るなつに託し、亜矢美は雪月で働くことになった。 東京に戻り、『大草原の少女ソラ』の製作が始まった。 作画作業は連日連夜、ほぼ休みなく続いた。 そして、ついに『大草原の少女ソラ』の放送が始まるが、視聴率は振るわず、伸び悩んだ。 ひと月がたち、打ち切りも囁かれる頃、視聴者から「子どもにこういうものを見せたかった」といった手紙の束が届き、なつたちは士気をあげて製作をしていった。 そんなある日、ソラのファンだという一人の女の子が、マコプロダクションを訪ねてきた。 少女は「杉山千夏」と名乗り、使用済みのセル画を貰うと嬉しそうに駆け出して行った。 その名を聞いたなつは女の子を追いかけ、物陰から現れた母親に呼びかけた「千遥!」と…。 【第25週】なつよ、千遥よ、咲太郎よ 母親は千遥だった。 娘にはなつのことは話していないとそそくさと帰ろうとする千遥。 なつがいまどこにいるのか教えて欲しいと懇願すると、神楽坂で「杉の子」という料理屋をやっているから来てほしいと言って帰っていった。 数日後、なつは咲太郎や光子、信哉(工藤阿須加)らと杉の子を訪れた。 千遥との関係を伏せつつ板前の問いかけに応えながら料理を食べる一同。 料理は進み、最後に咲太郎の頼みで千遥が天丼を作った。 咲太郎は涙を流しながら食べた。 なつの目からも涙があふれた。 相変わらず『大草原の少女ソラ』の製作に追われる日々の中、マコプロダクションで働くなつのもとに、千遥が千夏を連れてやってきた。 千遥は他の女性と暮らしている夫と離婚を考えていて、義父に見込まれて店を任されるまでになったが、義父は一年ほど前に亡くなり、別れれば店を続けられなくなる。 さらに、義母が千夏を引き取りたがっているという。 数日後、なつと咲太郎は杉の子を訪ねた。 店には、千遥と置屋の女将・光山なほ子(原日出子)が待っていた。 そこへ、千遥の義母と夫が入ってきた。 なつは千遥から千夏だけは奪わないでほしいと言った。 義母は千遥が過去を隠していたことをとがめたが、最後には離婚を認め、慰謝料として千遥に店を譲るといった。 義母と夫、なほ子が帰った店に剛男が入ってきた。 なつからの電話で千遥の話を聞き、心配してやってきたのだ。 なつの家で一晩を過ごした剛男は、なつがほとんど寝ないで働いていること。 優が来年から小学校に上がるため、放課後の優をどうするかなつが思慮していることを知る。 十勝に戻った剛男からいきさつを聞いた泰樹は、富士子になつを助けてやれと告げる。 こうして、昭和五十年(1975年)富士子が東京にやって来た。 【第26週(最終週)】なつよ、天晴れ十勝晴れ 四月。 優の小学校の入学式を終え、仕事に明け暮れるなつ。 そんななつを富士子は心配するが、なつには泰樹のような開拓者たちに、恥ずかしくない作品を届けたいという強い意志があった。 なつの想いは泰樹にも確かに届いていた。 泰樹は『大草原の少女ソラ』のワンシーンを見て、苦しい開拓時代を思い出していたのだ。 困難を乗り越えて、『大草原の少女ソラ』は最終回を迎えた。 そして、役目を終えた富士子は十勝に帰っていった。 夏休み。 なつと坂場、優、千遥、千夏は、柴田家に帰ってきた。 老いた泰樹は、千遥を抱きしめ嗚咽した。 なつと千遥は、泰樹の深い愛情に感動し涙する。 翌日、雪月に挨拶にいって戻ってきたその夜は嵐となった。 夜明けに落雷の音で目覚めた泰樹は、電気がつかないことに気づく。 乳を搾らなければ牛は乳房炎になってしまう。 「手で搾るんじゃ!」という泰樹の号令で皆が集まり必至に搾乳をした。 そして、なんとかすべての牛の乳を搾り全頭が助かった。 泰樹は照男(清原翔)に労ったが、照男は自分の不甲斐なさに涙した。 嵐が去った翌日、なつは泰樹に連れられ天陽の畑に行く。 そこで、山田家の人たちを手伝ってジャガイモを掘り起こしながら泰樹がなつに言う、「わしが死んでも、悲しむ必要はない」自分の魂はなつの中に生きていると…。 そして、なつたちは未来へと向かって自分たちの道(開拓)を始めることを決意し歩みはじめた…(完)。 スポンサーリンク.

次の