公認会計士試験 科目。 公認会計士の試験科目 | 公認会計士攻略ガイド※適切な予備校選び・試験対策で最短合格を実現

公認会計士試験の試験科目について解説します

公認会計士試験 科目

Contents• 公認会計士試験の免除制度とは? 公認会計士の試験免除制度には、短答式試験免除と論文式試験免除の2種類あります。 短答式試験の免除とは、短答式試験を受けることなく論文式試験からスタートできるというものです。 短答式試験に合格したことで短答式試験の全科目が免除されるケースの他に、学歴や取得資格により短答式試験科目の一部が免除または全部が免除されるケースがあります。 一方、論文式試験の免除とは、論文式試験の一部科目について、受けなくても合格相当の点数を取ったのと同じように扱うというものです。 学歴や取得資格により免除されるケースの他に、公認会計士・監査審査会が特別に期間限定で免除を認めるケースがあります。 いずれの免除も適用を受けるためにはあらかじめ申請が必要で、出願時には免除通知書のコピーを添付しなければなりません。 関連記事: 近日公開「会計大学院に通うと試験が免除?会計大学院のメリットとデメリットまとめ」 短答式試験の免除制度を詳しく! 短答式試験が免除されるケースとしては、まず、短答式試験に合格したことによる免除があります。 合格した短答式試験と同じ年度の論文式試験に合格できなかった場合でも、翌年とその次の年の2年間は、短答式試験を受けずに論文式試験からスタートできるという優遇措置です。 他にも短答式試験が全部免除されるケースと一部免除されるケースがあります。 全部免除されるのは、学歴が一定基準以上の場合、高等試験本試験の合格者の場合、司法試験の合格者または旧司法試験の2次試験の合格者の場合です。 それに対して、一部科目が免除されるのは税理士の資格を有し、なおかつ一定以上の成績を収めたことが証明できる場合、会計大学院で一定の科目に関する研究を行い、修得・修了証明書を提出できる場合、内閣府令で定める法人で7年以上の会計事務の実務経験を積んだことを証明できる場合などです。 税理士資格と企業の会計事務担当者としての実務経験で免除される科目は財務会計論ですが、会計大学院の修得・終了によって免除を受けられる科目は財務会計論の他に会計管理論や監査論にも及びます。 論文式試験の免除制度を詳しく! 論文式試験の免除制度の免除基準と免除科目は以下の通りです。 大学などで商学に属する科目の教授や准教授などの職に3年以上就いていていた場合や商学に属する科目の研究で博士の学位を得た場合には会計学及び経営学が免除されます。 大学などで法律学に属する科目の教授や准教授の職に3年以上就いていた場合や法律学に属する科目の研究で博士の学位を得た場合には企業法及び民法が免除されます。 高等試験本試験の合格者の場合、高等試験本試験で受験した科目が免除されます。 なお、商法で受験した場合には企業法が免除科目になります。 司法試験の合格者の場合は企業法及び民法が免除科目になります。 旧司法試験の第2次試験合格者の場合は、旧司法試験の2次試験で受験した科目が免除科目になります。 なお、商法または会計学で受験した場合には、企業法または会計学が免除科目になります。 大学などで経済学に属する科目の教授や准教授の職に3年以上就いていた場合や経済学に属する科目の研究で博士の学位を得た場合には経済学が免除科目になります。 不動産鑑定士試験の合格者や旧鑑定評価法による不動産鑑定士試験の第2次試験の合格者の場合は、経済学または民法が免除科目になります。 弁護士以外の資格で税理士となる資格を有する場合には租税法が免除の対象になります。 実務経験において公認会計士・監査審査会が必要な学識や応用能力を有すると認めた場合は、実務の内容により会計学または監査論が免除科目になります。 旧公認会計士試験の第2次試験論文式試験において免除が認められていた場合には、免除を受けた科目が免除科目になります。 なお、商法で免除を受けていた場合には企業法になります。 具体的な手続き方法を知りたい! 免除の申請は通年受付が行われていますが、願書の提出時に、免除通知書のコピーを添付する必要があるため、願書提出期限に間に合うように申請を行う必要があります。 免除申請は、書面またはインターネットで行います。 書面による申請を行うときは、申請書をダウンロードして使用します。 提出方法はホームページに指定されているように封筒の表書きを書き、長形3号の返信用封筒を同封して送ります。 返信用封筒には簡易書留または特定記録郵便扱いになるよう明記したうえで必要金額の切手を貼ります。 インターネットによる免除申請については、短答式試験のたびに配布される受験案内に詳細が記載されています。 添付書類は免除基準ごとに異なるため、公認会計士・監査審査会のホームページで確認が必要です。 申請後には審査!何を審査するの? 免除の申請を行った後は、添付書類に基づき免除基準に該当するかどうかの審査が行われます。 例えば、大学の教授や准教授の職に就いている場合や博士の学位を得ていることが免除基準になっている場合には、研究の分野等が科目の免除に値するかどうか、既定の年月に該当するかなどを確認します。 もしも審査に必要と判断された場合には、申請者に対して直接記載内容の確認が行われたり、追加書類の提出が求められたりします。 免除制度はどこまで認知されている? 最後に、どれくらいの人が公認会計士試験の免除制度について知っているのかを調べてみました。 【質問】 公認会計士試験は条件をクリアしていれば試験の免除を受けられることを知っていましたか? 【回答数】 知っていた:44 知らなかった:156 調査地域:全国 調査対象:【年齢】20歳以上の男女 調査期間:2017年03月07日~2017年03月14日 有効回答数:200サンプル 免除制度の認知度はまだまだ低い アンケートの結果、知らなかったと答えた人が全体の8割近くを占めました。 まだまだ認知度が低いことがわかります。 9科目の試験を受けずに済む条件なのだからとても難しいものだと思う。 必ず試験を受ける必要があると思っていた。 公認会計士という会計のプロになるためには、すべての試験をクリアしてからでないと、公認会計士になれないと思っていた。 知りませんでした。 何点か免除してもらえるんですかね。 知って損は無い制度ですね。 しかし、「公認会計士のような資格はすべての科目で合格した人しか取得できないと思っていた」という意見も多く見られました。 一方、知っていたと答えた人のコメントは次の通りです。 受験を検討した際に、一定条件が整えば試験科目が免除になる事も知りました。 公認会計士の試験より難しい資格に合格している人は免除されるのだと理解しています。 友人に公認会計士がいて、色々と聞いていたので。 免除制度があることは知っているものの、詳しい条件は知らないという人が目立ちます。 免除制度の認知度は、具体的に受験を検討したかどうか、周りに公認会計士や公認会計士の受験者がいるかどうかという点に大きく左右されることがわかりました。 ですから、せっかく条件がクリアできていても、受験の検討に至っていないケースもあることがうかがえます。 免除制度をいかに周知させるかが今後の課題になるでしょう。 まとめ 公認会計士試験には短答式試験にも論文式試験にも免除制度が設けられています。 ただし、試験科目の免除は公認会計士に必要な学識や応用能力が確実にあると認められた人にのみ例外的に与えられる権利ですから、申請をしたうえで審査を受ける必要があります。 しかし、免除を受けられると試験勉強の負担が大幅に軽減されるため、合格しやすくなることは間違いありません。 ですから、免除の対象かどうかがわかりにくい場合には、基準に達しているかを確認してみるようにしましょう。

次の

公認会計士試験の科目別ポイントを会計士が解説します!

公認会計士試験 科目

また、基礎的な部分からの出題が多いため、難易度は割と低めであり、受験者の約8割が選択する科目となっています。 具体的な範囲としては、リーダーシップ理論、国際化戦略、イノベーション・マネジメント等が挙げられます。 出題範囲が広く、微分に関する知識が非常に必要となるため、数学が苦手な方にはあまりオススメできない科目です。 ちなみに僕の周りでは、数学が得意な人は、経済学ではなく統計学を選択するのがほとんどでした。 条文や判例など多くのことを覚えなければいけないため、学習には時間がかかります。 また、民法大改正に伴い、学習面・実務面で大きな影響が予想されるため、よっぽど民法が得意なのでない限りは選択しない方がいいのではないかと思います。 *なお、上記の理由から、予備校によっては民法講座の開講を見送っている場合があります。 勉強する範囲は少なく、暗記が少ないですが、計算内容が非常に高度な科目です。 ただ、僕が通っていた予備校の講師は、「統計学は、経営学と比べて成績が安定するため、上位を取る力がある人は安定して上位の成績を取ることが出来る」と言っていました。 *真実か否かは分かりませんが…笑 そのため、僕の周りでも、数学に自信がある人は割と統計学を選択していたと思います。 そのため、統計学・経済学を選択する方は 数学が得意な方や、 あらかじめ数学の専門知識を有している方が大半です。 僕の友達(大学生)にも統計学選択が数人いましたが、その人たちは皆、もともと国公立大学志望の人や、理系の人などでした。 また、選択科目が必要となる論文式試験は、相対試験(偏差値評価)です。 よって、この2つの科目で高い偏差値を獲得するためには、数学が得意な受験者の中でさらに飛び抜けないといけません。 民法を選択科目とした場合、必要とされる勉強時間は 450時間とされています。 一方、経営学に必要とされる勉強時間は 200~250時間。 選択科目以外の科目でさえ膨大な学習量があり、ただでさえ時間が足りない公認会計士試験において、民法を一から学ぶのは効率が悪いと言わざるを得ないでしょう。 その理由としては2つあります。 1つ目の理由は、計算が難解ではないということです。 経営学の計算を実際に学習してみて、「 中学卒業レベルの数学力」さえあれば、ほとんどの範囲をカバーできるなと僕は思いました。 公認会計士試験の受験生はほとんどが文系であることを考えると、この難易度の低さはかなりとっつきやすく、学習もしやすいのではないでしょうか。 2つ目の理由としては、理論の学習内容が面白いということです。 例えば、経営学理論の範囲であるリーダーシップ理論。 これはリーダーとしてふさわしい行動とはどのようなものかということや、状況に応じてリーダーがどんな行動を取るべきかについての理論です。 このリーダーシップ理論を学習することで、自分が将来リーダー(経営者)やそれに近い立場になった場合にどうすればいいのかということが理解することが出来ます。 将来独立や企業を考えている僕にとって、この範囲は学習していてとても為になりましたし、それに伴ってするすると頭に内容が入っていきました。 そのほかの範囲についても同様に面白く、頭に入りやすい部分も多いです。 僕は、「楽しむこと」が勉強で大事だと思っているので、 楽しんで学習しやすい経営学を選ぶのはとても良いと思います。 以上の理由から、経営学以外の科目は各科目についてある程度の知識がある方が選びます。 論文式試験は 相対試験(偏差値評価)なので、選択科目内で受験生のレベルが全体的に上がると、それに伴って合格に求められるレベルが上がります。 よって、専門知識のない方は経営学を選択するべきなのです。 3、まとめ.

次の

公認会計士試験の科目合格制度を徹底解説 科目合格狙いは成功するか

公認会計士試験 科目

・配点が大きい。 ・勉強量と点数が比例しやすく、他の受験生と差がつきやすい。 つまり、簿記を得意科目とすることができれば、非常に合格しやすい状況を作ることができます。 簿記を得意科目とするために、簿記に一番勉強時間をかけるということを、まずは頭に入れておいてください。 予備校に通っている人であれば、毎朝簿記の答練がカリキュラムとして設定されている人も、多いのではないでしょうか? 簿記の中でも苦手とする人が多く差がつきやすいのが、財務諸表を作成していく総合問題となります。 総合問題に慣れるためには、圧倒的な数をこなす方法が、時間はかかりますが効果的です。 そのため、毎日開始時間を決めて、総合問題を一題解く習慣をつけてください。 また、試験本番を想定して、毎回時間を決めて取り組んでください。 簿記は時間との勝負でもあります。 本番での解答時間を短くするため、 日常の中に本番と近い環境をセットして、本番環境に慣れましょう。 予備校の答練であれば、各問題の正答率が開示されるかと思います。 復習の際は、自分が間違った問題のうち、正答率が一定以上の問題のみに絞った方が賢明です。 公認会計士試験は相対試験であり、他の受験生との競争となります。 競争と聞くと、「他の受験生が解けない問題を解けるようにする」ことが大切と思われがちですが、「 他の受験生が解ける問題を一問も落とさない」ことの方が、はるかに大切です。 そのため、正答率の低い問題は復習せずに、正答率が一定以上の問題に復習の時間を使いましょう。 「 簿記はスポーツ」という言葉を、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか? 簿記は、頭で理屈を考える前に、まず手を動かすことが大切となります。 何度読んでも理屈がイマイチわからない論点について、繰り返し問題集を解いていたら、いつの間にか感覚的にわかるようになったということが、簿記では往々にして起こりえます。 「本当に?」と思われるかもしれませんが、私自身の実体験を踏まえても、本当だと言えます。 そのため、簿記を勉強する時は、とにかく手を動かすことを、習慣づけてください。 先程簿記は手を動かす、つまりは実際に書くことが大切とお伝えしましたが、当然ながら 手で書くのは時間がかかります。 その際にやっかいなのが、勘定科目です。 「減価償却費」「減価償却累計額」「売掛金」「買掛金」といった勘定科目を毎回書いていると、非常に時間がかかります。 そこで重要となってくるのが、勘定科目の短縮形を使用することです。 一見すると地味な対策方法ですが、3,000時間以上の勉強時間を必要とする公認会計士試験においては、勘定科目の短縮形を使用するか否かで、大きな差が出ます。 (公認会計士試験の勉強時間については、「」も合わせてご確認ください。 ) 実際に私が使用していた短縮形をいくつか列挙しますので、良ければ使用してみてください。 短答式試験で必須となる基礎的な問題が掲載されており、最低限押さえておくべき内容となります。 また、後述する通り、論文式試験対策としてまず解答の骨格を覚える必要があり、早まくり条文別問題集の内容も骨格の一部となるため、 論文式試験の対策としても必要となる内容となります。 理論と聞くとどうしてもインプット中心となりがちですが、早まくり条文別問題集でのアウトプットを前提とすることでインプットの質も上がり、さらに、アウトプットをする中で不十分なインプットをあぶりだせるため、効率的な勉強が可能となります。 勉強の初期から、手元に用意しておいて損はありません。 論述する際に必要となる細かい言い回しは、後から覚えれば問題ありません。 初めから細かい内容まで暗記しようとすると、必ずどこかで挫折します。 理論科目で大切なのは、まずは骨格を暗記することです。 10行程度の長い文章を丸暗記するのではなく、まずは骨格となるキーワードや重要な文書のみを暗記する方が効率的です。 例えば、「連結キャッシュフロー 以下「CF」 計算書の重要な非資金取引」の論点については、以下の3点を箇条書きで覚えておく程度で、とりあえずは問題ありません。 ・当期にCFの変動はないのでCF計算書から除く。 ・翌期以降に影響があるので注記する。 ・開示が重複するとわかりづらいため、注記以外の箇所への開示は「できる」規定。 全てを覚えようとして挫折するくらいであれば、とりあえず重要な部分だけ暗記していきましょう。 管理会計論は簿記と比べると、問題演習の量が限られており、問題集で掲載されているパターンを全て暗記することも、不可能ではないです。 ただここで問題となるのが、試験本番では必ずと言っていいほど新規の問題が出題され、その問題が解けるか否かが合否に大きく関わってくる点です。 そのため、新規の問題に対応できるように、対策をとる必要があります。 そこで必要となるのが、 理屈を理解することです。 新規の問題といっても、計算問題として解いたことがないだけで、基本的にはテキストに文章として載っているものがほとんどです。 そのため、計算パターンを暗記することも大切ですが、理屈を理解して問題を解けるようにしておくことも大切となります。 管理会計論は、細かい論点が多く、一問一答形式で理解しようとする人が多いです。 ただ、一問一答形式で覚えようとすると、木を見て森を見ずとなってしまい、なかなか理解が進みません。 そのため、必ず各論点を体系的にまとめながら、理解してください。 材料費の論点であれば、「値引・割戻」「材料副費」「予定価格」といった内容があり、さらに「値引・割戻」については原則的には当該材料の購入原価から控除するが、例外として…といったように、まず全体像を整理してから、各論を見ていくクセをつける必要があります。 管理会計論の理論問題は、知っていれば解けますし、知らなければいくら考えても解けない、といった問題がほとんどです。 また、管理会計論は計算問題に時間がかかり、時間が足りなくなる人も多いです。 そのため、試験本番では 理論問題に時間を使わずに、その分計算問題に時間をかける必要があります。 具体的な対策としては、普段の問題演習や答練で、解けそうな理論問題と解けなさそうな理論問題を取捨選択して、解けなさそうな問題は直感で適当にマークをつけて、時間を全く使わないといった方法を、繰り返し実践することです。 理論問題には、時間をかけないようにしましょう。 監査を経験したことがない受験生にとって、監査論の内容は非常にイメージしづらいかと思います。 一方で試験本番では、監査現場を想定した問題も出題されます。 そのため、試験本番で得点をとるには、テキストに載っている 専門的な言い回しを、そのまま暗記する必要があります。 テキストは監査現場を経験した予備校スタッフが作成したものであるため、テキスト内のキーワードを解答に使うだけでも、それなりの解答になります。 後述する内容の理解が前提となりますが、理解した内容を解答として書き出す際に必要となるため、キーワードはそのまま暗記しましょう。 そのため、答練で出題されている1つ1つのケーススタディを中心に各論点を理解していく方が、効率的に理解できます。 監査論は、具体的なケースを想像できないため理解しづらいのであり、答練のような具体的な場面を想定した内容であれば、比較的理解しやすいかと思います。 答練は「理解」のために、 テキストは言い回しを「暗記」するために使用するのが、監査論のポイントと言えます。 短答式試験の企業法は、一問一答に取り組んだ分だけ点数が上がっていくため、インプットよりもアウトプットの量が重要となります。 ただ、かなりの量の一問一答をこなす必要があるため、効率的に勉強する必要があります。 王道の方法ではありますが、間違えた箇所にチェックを入れて、2巡目は間違えた箇所だけをやるといった方法が、効果的な勉強法となります。 また、間違えた問題についてスマホで写真をとっておき、スキマ時間に確認するなどして、何度も繰り返し取り組むのも効果的です。 他の理論科目と同様に、企業法においてもまずは、骨格を押さえることが重要となります。 特に企業法の場合は、問題集の解答1つ1つが比較的長く、 全てを暗記するのは現実的ではありません。 そのためまずは骨格として、「趣旨」と「キーワード」にマーカーを引き、暗記するクセをつけてください。 できれば「趣旨」と「キーワード」は、それぞれ違う色のマーカーにしてください。 キーワードについては、講義中に講師が指摘した箇所でもよいですし、ご自身で大切だと思った箇所でもかまいません。 いきなり全てを覚えようとせず、まずは部分部分を確実に覚えていくことが大切となります。 これはかなり思い切った戦略になりますが、租税法の勉強開始を5月短答後にすることも、検討してみてください。 この方法では正直なところ、論文式試験本番に間に合わない可能性があります。 ただ、そもそも短答に受からなければ、租税法を受験することすらできません。 また、租税法は理解するというよりも、暗記することが多いため、 直前に詰め込む方が効果的な勉強法となります。 とりあえず短答に受かっておけば、最悪もう1年勉強することになっても論文に専念できるため、次の年で受かる可能性は高いです。 もちろん12月短答に受かった場合は、すぐに租税法の勉強を始めて問題ありません。 公認会計士試験における租税法は、以下の3科目で構成されております。 ・法人税法 ・所得税法 ・消費税法 税理士試験では、上記の各科目が独立しており、かなり難解な問題も出題されますが、公認会計士試験では基本的な問題しか出題されません。 そのため、各種税率の数値と計算パターンをある程度暗記すれば、高得点が狙えます。 そのためには、とにかく計算問題を繰り返し行うことです。 比較的租税法は得意な方でしたが、やったことと言えば、予備校の問題集と答練の計算問題を、何度も何度も解いたことだけでした。 租税法の理論の勉強には、とにかく時間をかけないでください。 勉強しようと思えば、範囲が非常に広くどこまでも勉強できしまいますが、一方で配点や出題内容を加味すると、理論で大きな差がつくことは考えにくいです。 そのため、問題集や答練で出題されている、基本的な問題に目を通すだけで問題ありません。 7 選択科目 選択科目については、「」をご参照ください。 おすすめ公認会計士予備校 公認会計士である筆者が自身の経験を踏まえて、公認会計士予備校5社をコストパフォーマンスの観点から比較してみました。 その結果、以下の順におすすめとなります。

次の